La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

多分、どこにも正解はなく。

しばらく前に、「児童虐待」という理由で施設措置されていたわが子を、母親が待ち伏せして連れ戻した…というニュースがあった。それだけなら、未遂も含め、あちこちでけっこう起こっていそうな話だが、この母親がその後、オランダへ行って母子で生活を始めた、というのと、連れ戻しの際に協力したのが母親の実父のほか、「児童虐待を理由に施設や里親に措置された子どもと実の親をもう一度、一緒にさせるための活動をしている団体」のメンバーで、その人々が逮捕された、というのが耳目を集めたのだと思う。

オランダというのはちらっとネットで見る限り、割と、児童虐待においても施設入所措置をとらないまま、家族に関わっていくことが多いそうな。で、それが理由かどうかは分からないが、今回の母子も、オランダでは、一緒に暮らすことが認められたらしい。

赤の他人に暴力を振るわれた、なんて話とは違い、もとが、濃密な関係にある「親子」だ。単純に「もう絶対、顔も見たくない」とか「怖い」とか割り切れる間柄ではなかろうし、施設入所措置が是か非か、などというのも、簡単に結論付けられる問題ではない。そもそも、結論など出るときがあるのだろうか。ただ、「児童相談所が虐待を把握していたのに、子どもが死亡した」といったケースが現にある以上、いったん、親子を引き離す、という措置そのものは、現実的な選択肢の一つとしてありうるのが当然だ、とは思う。(家族再統合が不要だ、という気はない。)
ところで、今回、上記のような活動をしている団体は複数ある、と、ニュースに出ていたので、ちょっと検索してみたら、「児童相談所に虐待を捏造され、わが子を奪われた」とか、あるいは児童虐待ではなく、DVで、同じように、「ありもしないDVをでっち上げられ、夫婦が引き離された」とかいう<事態>(当事者の言い分としてはそのようであって、他者が見てどうなのかはここでは置く)に抗議する、子どもを奪い返そう、といったページが、なるほどヒットした。
それで吃驚したのが、これらの団体の言い分によると、そういう、<児童虐待の捏造>だの<DVのでっち上げ>だのが起こっているのは「フェミニストによる家族解体の陰謀に、児童相談所(DVの場合は配偶者暴力相談支援センターが、っつーことか)が染まりきっているから」なんだそうだ。児童相談所の職員も吃驚だろう。
バックラッシュがどうこう言われ始めたころから、「フェミニストは日本のよき家族を、ひいては社会を壊そうとしている」みたいな言説はよく見かけたが、まさか、こんな場所でリンクしてくるとは思わなかったよ。まぁ、DV防止法を所管しているのは(なぜか)内閣府男女共同参画局ではあるわけだが、なんつーか、現場の判断の苦悩を省みず(DVだって、結局、連れ添った情だの共依存だので、傍から見りゃひどい目にあってる人が、暴力を振るう相手のところへ戻っていってしまう、なんてのはよく聞く話)、フェミニストの陰謀のせいにしてりゃ、深く物事考えずに済んで楽でいいよな、というか、世の中の複雑さを、なんでもかんでも誰かの思想的陰謀のせいにしてしまうことで思考回路を止めちゃってる人が最近多すぎないか、みたいな脱力感がある。

「よき家族」とはなんであるか、は、人によって微妙に異なり、恐らく、正解はない。ある人にとって居心地のいい家族が、傍から見りゃ文句付けたくなるような形態である、ってことだってあるだろう。思想的に右の人も左の人も、他人の生活をとやかく非難すべきではない、と、私は思うけどな。
子育て、っつーのも、恐らく、どんな育て方でも、子はそれなりに育つのだと思う。「それなり」にどの程度を求めるのか、はともかく。
例えば、電化製品なんてなくって炊事に時間がかかって、着る服は全部、自前で縫わなきゃならなくて、で、農作業では男も女も働き手で大忙し、ってな時代には、多分、「私の子育てはこれでいいのだろうか」なんて思い悩む暇もなかった筈で、子育て論だのなんだのがこれだけ売れているのは、日本がそれだけ豊かになってゆとりが出てきたってことだもんな。
そうそう手をかける暇がなくても、年上の子どもやら近所の人やら色んな人のお陰で子どもはそれなりに一人前になっていった時代があった以上(ついでに言うなら、女は無知で愚かなんで、子どもの身の回りの世話はしていいけど子育てなんかすべきでないって時代もあったわな)、今の時代にそれを真似したって(近所の人はあんまり育ててくれないだろうけど)まぁ、多分、それなりに大きくはなる。そういう意味で、子育てに正解なんてモノはない。
ただ、人間は誰しも、生きている時代状況と無縁ではいられないので、あまりにも、現在「かくあるべき」とされる子育てからかけ離れたことをやっていると、「うちの親は愛情がない」と思われたりする可能性は充分あるだろうが。

まぁ、「かくあるべき子育て」にあまり振り回されず、あまりに教条的になりすぎることなく、その時々に最善と思われること、やれるだけのことをやるしかない、という、ありきたりの結論にしか結びつかない訳ですが。とりあえず、日々、家族全員楽しくあることが一番です。
[PR]
by mmemiya | 2009-01-20 22:29 | 子育て、子育ち