La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

喜んでもらえる出産祝いかどうかは???

夫の同僚のところに、めでたくお子さんが生まれたので、夫が「出産祝いに<育児の百科>を贈りたいんだけど、amazonってギフト包装ってしてくれるの?」と聞いてきた。

ギフト包装ね、頼んだことはないけど、有料オプションでありますね。どの程度の包装をしてくれるのかは写真見てもあんまりピンと来ないですが。

で、「それはいいけど、うちにあるような大型版の「育児の百科」はもう絶版で、今は、岩波の文庫になってるよ」などと言いながら検索したら、上・中・下の3冊中、下巻が現在、増刷中で注文できない。まぁしかし、中までで「1歳6ヶ月まで」なんだからとりあえず、下巻は手に入ってから追加で贈るか、ということに。

育児の百科、というのは(似たようなタイトルの本は色々あるが)京都で小児科医をされていた松田道雄さんという方が1967年(私生まれてない!)に出された本で、1980年に新版、1987年に最新版、と版を改めつつ150万部を超えるロングセラーとなった本だ。1998年の春、に「『定本 育児の百科』を出すにあたって」という文章が記されたようだが、著者はそれからまもなく、1998年の6月に亡くなった。「定本」の第一刷が出版されたのは1999年3月。我が家にあるのはその「定本」。
夫が「これってウチは誰にもらったんだっけー」などと言っていたが、違うっつーの、これは私が買って来たの。でも、なんでこの本を買うことにしたのだったかはもう忘れてしまった。どこだかで探してなかったものが、地元の老舗?書店の小さな支店に並んでいて、レジの人が「この本はどの店にも一冊は必ず置くように言われてますから」と言っていたことだけは覚えている。

定本のあとがきによれば、著者は「急速な医学の進歩に内容が古びないように」、イギリス、アメリカ、北欧、オランダ、カナダ、オーストラリアの小児科雑誌、医学週刊誌に毎日目を通して、毎年の改版で加筆していたという。とはいえ、全体を通してみると、たとえば離乳だとか、あるいはトイレトレーニングだとか、日光浴だとか、イマドキの育児で推奨されるやり方とは食い違っている部分がないとは言えない。あるいは繰り返し出てくる「医者」の描写にも「今時の病院はそんな治療はしないだろう」みたいな部分もある。赤痢とか結核とかに関する言及があるのも、さすがに時代が違うかなー、という感がするのは確かだ。

だけど、この本は、細かな育児の技術じゃなく、むしろ大げさに言えば「精神」を読み取るべき本なのだと思う。隣の子がおむつが外れたからといって焦っても、自分の子のおむつが外れるものではない、とか、離乳食を作って食べさせることで一日を終わらせるな、子どもは一人ひとり違うのだからよその子と比べるな、とか言ったことが、独特の語り口で語られる。もちろん、お医者さんが書いた本なのだから、病気について多くの章が割かれているし、月齢に応じて決め細やかに病気のことが書かれているという点でも色々参考になるのだけれど。

最近はほとんど読まなくなっていたけれども、娘がこのごろ時々、おなかが痛いと訴える、割には熱もないしそのうち平気で遊んでいるし、どうも悪いところがあるわけじゃなさそう…という感じで、久々に「子どもの腹痛」なんてページを読み返した。あー、なんか、前にも読んだよなー、ここ。第一、栞はさんであるし。

この本、表紙の写真の男の子が実にいい顔をしていると思うんだけど、文庫では写真がほとんど割愛されてしまったようで、残念。
これ一冊に頼りきってしまうのはちょっと支障があるかもしれないけど、子育てに対する姿勢はこんな風でいいのかー、みたいに読んでもらえるといいのかな。果たしていい出産祝いになるでしょうか。ちなみにうちの夫はこの本の大ファンなのですが。

お誕生日ばんざい、という章(満一歳になったときの章)は、今読んでも、私は泣いてしまう。ただ、私、涙腺が目茶苦茶ゆるいので(この間、子どもと行った子ども向け映画でもボロボロ泣いてたのよ、実は。自分でもこんなんで泣きたくない、と思いながらすぐ涙を流してしまうのです)何読んでも割とすぐ泣く、ってことはあるんですがね。

<前略>人間は自分の生命を生きるのだ。いきいきと、楽しく生きるのだ。生命をくみたてる個々の特徴、たとえば小食、たとえばたんがたまりやすい、がどうあろうと、生命をいきいきと楽しく生かすことに支障がなければ、意に介することはない。小食をなおすために生きるな、たんをとるために生きるな。<中略>
赤ちゃんの意志と活動力とは、もっと大きな、全生命のために、ついやされるべきだ。赤ちゃんの楽しみは、常に全生命の活動のなかにある。赤ちゃんの意志は、もっと大きい目標に向かって、鼓舞されねばならぬ。<中略>
「なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。」(ダンテ)
[PR]
by mmemiya | 2009-02-05 23:07 | 子育て、子育ち