La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

大きくなったらどこに住む

先日、子どもらを保育園に迎えに行く最中、携帯に保育園から着信。この時間に何があった?と思えば、なんと息子の担任から、息子がすべり台から落ちた、との電話。地面に仰向けに落ちて背中を打った、らしい。外傷はなく、動きもおかしなところはないが、迎えの後、医者に行っておいてほしいとのこと。

園に到着すると、園長先生も出てきて詫びてこられたが、まぁどう考えたって、うちの子が横着した挙句、勝手に落ちたわけで、別に先生方が悪いわけじゃなし。本人は「風が強かったから落ちたんだ」とか言いましたが、普通に滑っててあんなものから落ちるわけないでしょーが。

園のすぐ近くの整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらったが異常なし。湿布を貰って帰宅。ま、待合室で走ってましたから。整形外科という性質上、リハビリのお年寄りが多い中、ちらちらといる小さな子どもは、顔に派手な擦り傷があったり、いずれも外傷です~、って感じ。当たり前か。

待合室に入るや否や、コロコロコミックを見つけて読みふける息子。(あとで、マンガのコマを読む順番とか分かるのか聞いてみたが、分かるらしい。)絵本の類はなかったので、娘と私はなんとなくテレビを見ていた。
山口県の郷土料理か何かを紹介していて、娘が、あの店へ行ってみたい、遠い?とか聞いてくる。「そりゃあ、かなり遠いよ」と答えると、「とうきょうより遠い?」うーん、方向が反対だけど、東京より遠いねえ、などと言っていたら、娘が突然、
「あたし、とうきょうに住みたいの」と言いはじめる。なぜ?東京ディズニーランドがあると思ってるから?(娘に「東京」と名のつく記憶はそれぐらいしかない筈。都内に用事があって行ったこともあるんだけど、記憶に残ってる年じゃないだろう。)
「それじゃ東京の大学へ行ったら?」と言うと、「うん、そうする」。
ということで、帰宅後、夫にも「とうきょうの大学へいく」と宣言。夫に「国公立なら構わない」などと言われる。このぐらいの年齢だと好き放題言えていいなぁ。

ところが、翌朝になって、息子から「Cちゃんが東京の大学に行っちゃったら、僕と離れ離れに住まなきゃいけないからヤダ」と言われ、娘、「おかーさん、あたし、やっぱり、とうきょうだいがくへ行くのやめたー。」

いや、心配しなくても、君はきっと東京大学には行けないから。大丈夫。「の」があるのとないのとではかなり違うから、と言っておいたが、多分、娘には理解できていない。

確か2年ほど前には、僕は数字が得意だから数字の大学院へ行く、とか言っていた息子は、最近はパン屋さんになりたいと言い続けており、パン屋さんになるための大学というのはないと聞いて以来、「僕はパン屋さんになるから大学へは行かないんだ」と言っている。その息子と娘に向かって、「別に二人で東京に住んだっていいんじゃない?」と言ったら、息子、「だって僕はお母さんと離れて暮らすのはイヤなんだ」ですと。死ぬまでお母さんと一緒に暮らしたいらしい。えー?あたしはごめんだけどなー、それは。(ま、こんなことを言ってるのも今のうちだけなんでしょうけどね。)
[PR]
by mmemiya | 2009-03-13 21:37 | 子育て、子育ち