La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

出会いと別れと

あれやこれやとやらなきゃならないことは溜まってるのに、なんだかちっとも進んでいかない感じの毎日。
この週末は、生垣のマキの木があまりにみっともなく延びすぎたところをようやく少しだけ刈り込んだぐらい。いやー、ずっと気になってはいたのだけれど…でも、ホントに、あまりにも飛び出しているところをチョンチョンと切った位で(それでも片づけまで含めると2時間近くはかかった)大した手入れはしていないのだが。本来の手入れ時期は6月ぐらいのようなので、その頃、時間があれば、もう少しなんとかしなければ。

雑草は既にかなりまずい状態になってきている…先々週だったかに、子ども達がけっこう抜いてくれたのだが。娘はともかく、息子はけっこう、ちゃんと草取りをしてくれた。ちょうど雨の翌日で、抜きやすかった、というのもある。あー、あと、蕗の薹を収穫して天ぷらにしたのだが、今年の蕗の薹の収穫って、何日頃したんだっけ。16日か17日あたり?とにかく、平日に帰宅して何気なく庭を見たら、「あれ?出てる?」と。その前の週末にチェックした時には気づかなかったのにぃ。今年は10個に満たないほどしか収穫できず、そして、同時に、収穫した数より多い数の、「トウが立って花が咲いちゃった」蕗の薹を見つけ…相変わらず、後手後手に回ってしまっている。

そんな中なのだが、昨日は、地元の遊園地で一日遊んできた。保育園児に優待券が配られて…ってのもあるんだけど、ネットで確認したら、その優待券よりもずっとお得だったのが「小学校入学お祝いキャンペーン」みたいな奴で、入園料さえ払えば、今度小1になる子とその兄弟に、のりもの乗り放題券がプレゼントされる、というもの。そんなこんなで慌しいのですが行ってきたらすごい人だった。まず、駐車場にはすんなり入れたものの、入園券の購入窓口がすごい列。30分ぐらい並んだと思う…。まぁ、こんな春休みの土日にガラガラだったらそれこそ経営大丈夫か、なんだけど、随所で、ちょっと要領が悪いんじゃないの、みたいな点が目に付いた。だってチケットブースだって、開けてないブースがあったし…。ま、子ども達は楽しかったそうなので良しとしますが、最後の方はちょっと肌寒かった…。そして、大して何もしてないんだけど、一日中(って、家を出たのは相変わらず、そう早い時間じゃないが…。園内にいたのは6時間弱だな)歩き回ったせいか、今日は一日、体がだるかった…。弁当作らなきゃならないのに、すっかり忘れてて、朝、いつもと同じ時間に起きたし。まぁ、おにぎりを作らなかったので、手抜きの弁当で(おかずは、電子レンジで作るヤミーさん流の唐揚げと、にんじんのグラッセ、ゆでたブロッコリーだけ)充分、時間的には間に合ったのですが。

弁当を作る、というのは、先週の金曜日、無事、卒園式が終わったから、である。今日からは、年度末だが希望者だけ特別に保育、という期間で、人数的にはいつもの3分の1ぐらいになるのかな。給食がないので弁当持参。息子の一番仲の良かった子達は、もう、今日明日は登園しないし、娘も、聞いたら、今日は仲良しの子はいなかった、という。娘もこれでこの保育園とはお別れなので、卒園式の日(年少児以上が卒園式に参加して、「仲良く遊んでくださったお兄さま、お姉さま…」とかやったんである)クラスの全員と、お別れの握手をしてきたとのこと。
卒園式は、卒園児の先頭で入場してきた担任が、最初から涙、涙。(あとで、別の先生にそれを言ったら、「練習の時から涙なみだでしたよ~」とのこと。)実は、式の終わった後の保護者会総会で初めて知らされたのだが、担任の先生も、この3月末で退職されるのだそう。多分、そんなこともあって、余計に色々と、思いがおありだったのでしょう。もちろん?式が進むに連れ、保護者席もハンカチを手に、すすり上げる人、多数。私もちょっと目頭が熱くなりました。式が始まる前(子どもの集合時間が、式開始の30分前で、とはいえ、その後もう一度家に帰る、なんてのには半端な時間なもので、保護者はずーっと会場で座って待っていた)前に座っていた二人の親御さんが、「保育園に育ててもらったようなもので・・・」なんて話してらしたが、卒園児が在籍年数順に座ってみると、そこのお二人は、二人とも6年在園。あー、一番最初から一緒だったのねー、と、納得。
それにしても、お父さん達はまぁ普通のスーツなんだけど(当たり前か)、お母さん達、ほとんど全員、黒でした。ブラックフォーマルみたいなのにコサージュ。おお、やっぱ、こういう格好をしなきゃいけなかったのか。お一人紺色、お一人、濃い目のグレー、という人があったぐらいで、ベージュの私は相当浮いていたような…別にいいんだけど。(自分の服なんて自分ではあんまり目に入らないしね。)

うちの息子は、なんか、来賓席にお辞儀する時とか、相変わらずなーんかくにゃくにゃでしたが、ま、一応、無事に式を終えました。で、その後、ちょっとした茶話会があって、大喜びでお菓子を食べまくり、外へ出てアーチをくぐってお別れ…となったところで、担任の先生とのお別れが辛くて涙。でも、またすぐに元気になって、いつまでも友達と遊ぶ遊ぶ。まぁ、なにしろ、一人、違う小学校に進むので(他にも、この園からその小学校に行くのは一人だけ…というのは、私の知ってる限りでもあと3人はいて、なにも、うちの子以外は全員、同じ小学校に行くって訳でもないんだけどね)遊べるのはこれが最後、ということなんだけど…6歳児にどこまでその実感があるかは、どうかな。
一番の仲良しとは、「小学校に行っても月に一回はあいたい」と、前から言っていて、まぁ、月に一回は無理としても、そのうち、一度、一緒に遊びにいこうね、と、その子のお母さんとも話した。まぁ、そのうちに、お互い、新しいお友達との付き合いで忙しくなるのかもしれないけどね。
卒園式の日は、午後、学童保育にも挨拶に行った。全部で57名になるのだそうだ。あいさつもそこそこに、学童保育室においてあった本に早速読みふける息子。指導員の先生には「これならきっと大丈夫でしょう」みたいなことを言われましたが、さてはて、4月2日の初学童保育(いきなり8時から18時である)は、どんな首尾となるのでしょうか。親としては、そこに同じクラスになる一年生がいたらラッキー、なんて勝手に思ってますが、そう、うまくはいかないよねぇ…。(4クラスあるし、なにしろ、小学校生活にちょっと慣れたであろう5月から学童保育室に入れる、って人もいらっしゃるそうで、新入生で初日の4月2日から預ける、って人は、多分、そう多くないんだろうし…。)
娘も4月2日には、さっそく、新しい保育所へ行く。1日は娘の方だけは頼めば預かってもらえるのだが、学童保育がないため、一日私の母にみてもらう。3日は保育所入所式のため、上の子も入所式に連れて行く予定。ということで、今週は、月・火と今までの保育所、水曜はおばあちゃん家、木曜は新しいところ、金曜は入所式+午後おばあちゃん家というめまぐるしい一週間。おまけに私の仕事は一年中で一番忙しい時期と来ている。(で、6日月曜は小学校入学式なんだが、3,4,5,6日と4連休なんかにした日にゃ仕事が物凄いことになってしまうので、金曜も半日しか休めないのだ。卒園式に休むために、前日はいったん子どもらを迎えに行って夫の帰りを待ってもう一度仕事場に戻って仕事しなきゃならなかったぐらいで、この時期の休みはなにかとキツイ…。)まぁ、手を抜けるところは手を抜いて、子ども達の気持ちのフォローを第一に考えてやっていかなきゃね、って感じだ。
先はまだまだ長いけど、とりあえず、一週間、頑張ろう。
[PR]
by mmemiya | 2009-03-30 22:10 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/10668762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。