La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

エコキャップ?の謎。

うちの子どもの通う小学校では、以前から、アルミ缶のリサイクルをやっているようだ。

アルミ缶って、そういや、町内のゴミ当番(資源ゴミの日、収集場所に1時間ぐらい立っていて、持ってきた人の仕分けを手伝ったりする)の時も、アルミ缶だけ、業者が来てもってっちゃうのを見たことがある。あと、粗大ゴミも、次から次へと業者(というか下請けというか。日本語カタコトの人もけっこういた)がやってきては、めぼしいものを持っていってたな。

まぁとにかく、持って行く人がいるぐらいで、リサイクルとしては金になるというか、価値の高いものなんでしょうね、アルミ。ただ、うち、アルミ缶の飲料なんてものを何一つ買わないので、学校に持たせようにも持たせられない。晩酌しないから、アルコールなんてほぼ調味料としてしか用なし。そして、牛乳以外の飲料を金出して購入することがそもそもあまりない。ところで、どうして、同じ缶飲料でもアルミを使うものとスチールを使うものがあるんだろう。出張なんかで車にちょっと長めに乗るときなんか、コーヒー缶はたまに買ったりするんだけどな。

で、今度は、ペットボトルのキャップ集めが始まった。ペットボトルねぇ…。これもあんまりないんだよねぇ…。醤油はペットボトル入りのを買うことが多いけど、後は、水筒持って出るのを忘れた出先でお茶とか買うこともあるけど、そういや、去年の町内運動会とかで貰ったペットボトルのお茶が、まだあと6本ぐらいあるけど(未開封)、いずれにしても、ペットボトルキャップも、そうたくさんは集まりそうにない。

で、そんな運動があるんだ、ポリオワクチン?ほお、と思って最初に疑問だったのは、どうせなら、どうしてもっと大きいプラスチックも集めないの?ってことだった。ペットボトルの蓋に限定する意味がよく分からない。プラスチックって言っても色々種類があって、混在しているのはリサイクルしにくい、とか、なんか言い分があるのかもしれないけど、その昔に流行ったプルトップで車椅子、みたいなのと同じ違和感を拭い去ることは出来ない。気の遠くなるほどの数のプルトップ集めて車椅子一台にするより、車椅子一台分の寄付した方が早いでしょ、みたいな。

構造的にも、多分、似通ったところがあるんだよね、その昔のプルトップと。

プルトップ→ゴミとしてあちこちに落ちているから拾い集めることで街の美化にもなる、
        海岸なんかに落ちていたら怪我の元にもなって危険、集めることが
        ボランティアにもなるなら一石二鳥じゃないか。

ペットボトルキャップ→ペットボトル本体は資源ごみとして集めるのに、キャップは
              一般ごみに混じっていたりする(うちの自治体の場合ね)。
              リサイクルできていない後ろめたさ(?)、これがリサイクル
              できるなら一石二鳥じゃないか。

もともとは善意に基づく発想なのかもしれない(参加している人は紛れもなく善意だろう)が、行為が効率のよい善行足りえているか、というのは、話がまったく別だ。そんな気の遠くなるような善行をするより、ワクチンを送りたかったら、一本、ペットボトル飲料代を節約して寄付をしたほうが、よっぽど話は早い。あと、ワクチン寄付とかの話とエコの話は一応別だと思うけれど、環境問題的には、まず、ペットボトルをなくす運動をした方がいいでしょう、よっぽど。
でもさ、保育所時代も、ヒヤシンスの水栽培するから2リットルのペットボトル空き容器を持たせてくれ、というのがあったし、小学校でも、朝顔の水遣りに使うので500ミリリットルのを、ついで、朝顔が大きくなってきたので900ミリリットルのを持たせてくれなんて連絡があった。ペットボトル飲料を買うことは、そもそもが、私にとっては、幾分後ろめたいことなんだけど、世の中、各家庭には空き容器がある、という前提になっちゃってること自体、どうなんでしょう。

この、小さなものをちまちま集める非効率さ、については、それを送るコストと、送られるものの値段の話とか、なるほど、と思う話が色々とネット上にもありました。

たとえば「道草、より道、まち歩き」さんの「ボトルキャップ集めはエコじゃない」

善意でやっていることを批判するのは多少の勇気が必要なことだと思いますが、子ども達には、善意を教え込めばいい、ってもんじゃあない気がするんですよね。もう少し論理的に考えさせなきゃ。うちの小1にも、この週末にでも分かるように説明してやれたら、と思うのですが。
ただねー、学校って所は、多分、現金を持ってこさせたくはないところなんですよ。(だって、紛失したとかになったら、たとえ小額だって問題になるでしょ?)で、各個人が寄付すればいい、じゃなくって、「学校として」まとまって何か行動したい。バザーもいいけど、あれは子どもじゃなくって親が主体にならざるを得ないところがある、とりわけ小学校では。となると、こういう運動に飛びついちゃうのも、それ自体では分かるんですけどね…。
私が子どものころは、古切手集めとかやってたなぁ、中学のJRC(青少年赤十字)で。ユニセフに送っていた気がします。あ、あと、1円玉募金ってのもやってたぞ、そういえば。まぁ、最小限のお金は学校に持ってくることを許されている(購買でパンを買うとかあったからね)中学生だったから、かもしれないけど。

…更にどうでもいい重箱の隅なんだけど、なんでポリオなのかなぁ…。はしか(MRでもいいけど)の方が致死率も高いと思うし、ポリオが世界的にもかなり制圧されかかっているのに比べると、麻疹はまだまだなのにねぇ。(日本の予防接種率自体、もーちょっと上がらないと、日本ははしかの輸出国とか言われ続けちゃうんであれだけど。)
[PR]
by mmemiya | 2009-06-19 23:34 | 日々雑感