La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

追記:I like watermelon.

I like...という文章について調べていくうちに、今まで知らなかったことを知りました。

英語のネイティブスピーカーにとって、「私は苺が好き」は、I like strawberries.だけれども、「私はすいかが好き」は、I like watermelons.ではない、というのです。

「どちらを使うかはケースバイケースだが、大きさに関係があるようで、大きめの果物は単数形になるようだ」というような説明(?)がありました。

まぁ、普通のネイティブスピーカーに、その辺の機微を説明してくれ、と言ったって難しいですよね。例えば、日本語で「赤い」「青い」「黄色い」はOKですが、「みどりい」も「緑色い」も、日本語のネイティブスピーカーなら即座に「変」と判断できます。判断できますが、なぜ「茶色い」があって「緑色い」がないかを説明するのは困難を極めるのではないでしょうか。少なくとも、私は論理的に説明が出来ません、はい。

英語圏のサイトを眺めていたら、どこかの国の英語学習者と英語のネイティブスピーカーがこの件について意見交換をしていまして、それを見る限りでは、喚起されるイメージの問題なのかもしれません。

つまり、「私は苺が好き」と言って思い浮かぶイメージは、苺が盛られた皿の前で喜んでいるとか、苺を次々ほおばっているとか、色々あるでしょうが、その場合において、苺が一粒だけだと、絵というか画像としてしっくりこない。しかしながら、「すいか」の場合は、すいか好きでも一人で食べられる量は自ずと限界があるでしょうから、この場合は、複数形で I like watermelons.というと、すいかを3個も4個も並べてかぶりつこうとしている、なんて映像が頭の中に想起され、でもって、「なんか違う」といった印象を与える・・・ということなのかもしれない、と推測しました。

a とtheの使い分けにしても、先に例えばdogがあって、それにa をつけようかtheをつけようかと悩む、なんてことはありえない、と、マーク・ピーターセン氏は「日本人の英語」の中で書いておられます。
私なりの理解では、いろんな種類のたくさんの犬を頭の中に思い浮かべ、それら全部をひっくるめて「私は犬(というもの)が好き」と言う際は「I like dogs.」
で、犬と言うもの一般に共通する何かについて言及したい時は、そのずらっと並んだ犬の中から目をつぶってどの一匹を抱き上げたとしても(重すぎて抱き上げられない犬もいる、という突っ込みはなしでお願いします)みーんなにおんなじことが言えるわけですから「A dog is ××(犬と言うものは…である)」と言う、反対に、ずらりと並んだ多くの犬の中で、特にこの犬が、と言いたい時は「The dog is mine.」とかになる、という、そういう感じですね。
「日本人の英語」で言及されていた、「私は鶏肉を食べた」と書きたかったらしい日本人が、I ate chicken. じゃなく、I ate a chicken.と書いたばかりに、<一羽の生きた鶏をまるごと咥えている様子が思い浮かんだ>といった話(正確な表現を忘れました、ごめんなさい。)は、まさに、chicken なら鶏肉なのに、a chickenとやると、ずらりと並んだ鶏の群れから適当な一羽をひょいと取り出す感じがする、ってことなんでしょうね。(書いた方は、一羽分の鶏をまるごと食べた、ってなノリだったのかもしれませんが、多分、a...で、強烈に生き物としての鶏がイメージの中で立ち上がるんじゃないかと。)

というわけで、すーっかり話が脱線してしまいましたが、初めて学ぶ単語を教えて、そんでもってそれがI likeの後だと複数形に形を変える、ってだけでも十分、初学者(まして母語についての言語意識さえあやうい小学校1年生)には難しいのに、そこに「この単語は単数形で」なんてのが入り混じるこの単元、そもそも、入門時の単元としてふさわしいのか否か、って感じが、ますますしてきますわな。

私が小学校(とりわけ低学年)における英語教育に反対なのって、つらつら考えるに、要するに一言で言えば「<ことば>を甘く見るんじゃねえ!」ってことかなー、と、やっと自分でも分かりつつあるのですが、こんな、穴だらけに見える、よく考慮されたのか不安になるカリキュラムを組まれるとしたら、ホント、言語教育をなめてんじゃねえ、でございます。
[PR]
by mmemiya | 2009-07-07 21:47 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/11475533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2009-07-08 10:48 x
日本の施策って、『単なる思いつき』が多いですよね。効果・弊害の検証もせず、「なんか、良さそうだから♪」で制度を変えてしまう。ゆとり教育は、指導法研究もろくにせぬまま現場に放り出して大混乱でしたが、こんな直近の事例への反省も分析もない。ただ英語の場合は、導入したら途中で止められないでしょうから罪深いです。中学受験もたいへんになるでしょう。今の子は気の毒としかいいようがないですね。
Commented by mmemiya at 2009-07-08 22:19
みけさま
施策が立案されて実現に至るまでにはそれなりのプロセスがあるはずで、「思いつき」なんて通らない…のかと思いきや、通っちゃうのが摩訶不思議ですね。そんでもって、Plan-do-seeだのPlan-do-check-actだのという言葉を振りかざす割に、ちっともそんなこと、本気でやってやしない。結論ありきでそれっぽい報告を作って見せてる程度でしょう。
市町村レベルにおいては、市町村長っていうのは、財政的な裏づけはともかく、権力面には総理大臣的でなく大統領的な存在ですから、鶴の一声でへんなもんが決まっちゃう、ってのは往々にしてあることは理解できます。国レベルにしても、「思いつき」っていうか、「気分・雰囲気」で、「いつのまにか」「なんとなく」物事が決まっていく、いかにも日本的プロセスで流れてってるのは一緒ですかね。
Commented by mmemiya at 2009-07-08 22:21
そう、そして英語教育は、恐らく止められないだろうと思うのです。国レベルで小5からと線を引いた以上は、せめてそれより前の学年は止めたらどうだ、とは思うのですが、それもまた難しいのでしょうね。
小学校英語教育反対派も、基本的には「英語をやるのはいいことだ(あるいは必要なことだ)」という点では、おおむね推進派と一致しているようです。後は、リソースがないとか、教育法がきちんと検証されていない、とか言っているだけのように思えます。もちろん、それだけでも重大な問題なのですが、結局、見切り発車状態で、反対派の声は届かなかったわけです。
私も、10歳ぐらいからならば、諸条件が整っていれば賛成してもいいのですが、受験問題ってのもありますねぇ…。しかし、英語に力を入れている私立中なんか、なまじ小学校でへんな英語をやってこられると困るんだよねえ、と思ってないでしょうかね(笑)。
Commented by BEM at 2009-07-08 23:45 x
苺とスイカの例、大きめの果物は単数形? なんじゃそりゃ!?
と思いましたが、日本語の「みどりい」「緑色い」の例でなるほどと思いました。
そうですよね、もし外国人さんにそこを質問されると、・・・変だから? としか言いようがないような(笑)
と考えると、英語にもそういうものがあっても不思議じゃないですね。
aとanも母音だからという訳でもないというのを聞いたことがありますが、どうなんでしょう。
ん〜やっぱり言葉は雰囲気でしょうか(^^;
Commented at 2009-07-10 09:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmemiya at 2009-07-11 21:09
BEMさま
ことばっていうのは、規則だけでは説明しきれないところが魅力なんですけど、だから、学習する側は大変ですよね。ネイティブスピーカーはどうして全員、ちゃんと正しい言い方が身につくのか、って問題も、実は奥が深いですよね。
Commented by mmemiya at 2009-07-11 21:10
カギコメさま
コメントありがとうございます。7月10日に入手しているのですが、まだ読めません…。まとまった時間が取れなくて。ちょこっとずつ読んでいくと、次に読むときにはもう、前に読んだことを忘れていて、最初からやり直し!みたいな感じです。連載時を読んでないので、どのへんが書き下ろしなのかはさっぱり分からないですが。