La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

コミュニケーション能力の素地、って何よ?

最近、息子は、毎日、先生方が作られたと思しき、小さな一枚のプリントを宿題として持ち帰る。半分は国語(助詞の「は」とかの表記をやっている模様)、半分は算数で、今は引き算。で、出題されている問題を解くだけではなく、自分で問題を作って、自分でそれを解いたり、ってのも、余白でやるといい、ということなんですが、ふと見ると「0-3=3」とか書いている。
授業でやっているプリントでも、「○○が5個、××が4個あります。どちらが何個多いでしょう」とかいうような問題に、式を立てて答えを出す、なんて場面で、「4-5」という式を書いて、先生から「小さい方から大きい方は引けません」なんてコメントをもらったものがあった。

で、「0-3は3じゃないよ」と言うと、「だって、3足りないになるだろ」と言う息子。それは、確かにそうなのだが…。ある意味、表記の仕方を知らないだけで、多分、理解が間違っているわけではないのだ。で、夫に「負の数って何年生で習うんだっけ」と言ったら「中学生じゃないか」という返事が。まさか!と思って調べて吃驚、本当に、中学生になってはじめてやるんだよ。そんなこと、すっかり忘れていた…。小数も分数もやるけど、負の数はやらないんだね、小学校って。

さて、小学校の英語教育についてなんですが、到達目標ってのはないんだそうです。あくまで外国語そのものの定着は目指していない、と。新学習指導要領の英語活動の目標ってのも「外国語を通してコミュニケーション能力の素地を養う」となっているわけですが、分かったような分からないような文章ですわな。そもそもコミュニケーションって何さ、コミュニケーション能力ってなんなのよ、その「素地」って何か説明してくれよ、ってなもんです。
この言葉でネット検索をして見るのも、なかなか興味深い発見が出来るのですが、例えばそんな、立派な家を建てるためには土台が大事、とか言われても、ねえ。じゃあ、外国語習得における土台って具体的にはなんですか、ってとこまで書いてくれなきゃ、そんな比喩じゃ説明になってないぞ。これこそコミュニケーション能力の欠如と違うんですか、ねえ。

ところで、我が息子の報告によると、先日の授業参観後の、次の英語活動の時間には、「I like apples.」と習ったそうです。で、あんた、applesって何か分かってんの、と聞いたところ、「知ってるよ、りんごが2個ってことだろ、1個じゃなくってたくさんあるってことだよ」だそうで。一体、どんな説明があったのか。この複数形への修正は、最初から予定されていたことなのでしょうか。でも、いったん、I like apple.って、先生が例として発音しておいて、次週にI like apples.じゃ、余計な混乱を招きそうで、そんなことする意味が分からんし。

この息子の話を聞いた夫が、なぜか笑い出し(理由は聞き漏らした)、「もういい、まぁ英語はかーちゃんが教えればいいやろ(ウチの夫は私を「かーちゃん」と呼びますが、自分の母親のことも「かーちゃん」のままです。文脈で判断できるとはいえ、この辺、核家族だからこういう変形が起こるんですかねぇ。鈴木孝夫氏によれば、義母が「ばーちゃん」になる筈なんだけど。)」と言い切った。いや、だからさ、私、「英語を教える」はできないってばさ。そんなスキルないし。教える方法論をどこでも習っておりません。

まぁしかし、放っておきゃいいってもんでもなかろうな、と、私は私なりに「コミュニケーション能力の素地を養う」について、何をするか考えてみましたよ。家庭内でなんかやるとすれば、当然、娘も無視できないわけで、幼児から小学校低学年程度に対する取り組みね。
前提として、ここでは「コミュニケーション」を、ひとまず「自分のことを知ってもらう」「相手のことを知ろうとする」ということにします。相手のことを知ろうとする中で、自分で自分のことを再発見する、というのも重要なことだろうと思いますが、そこはとりあえず、深入りせずにおきます。

で、目標をもう少し噛み砕いて言うと、「幼児なりに、あるいは小学校低学年なりに<自分や周囲のことを把握し、別の人に伝えられるようにな>り、<自分とは異なる背景・文化にある人々がいるということを知り、それらの人々のことをもっとよく知ろうとする>」というあたりが、まぁ、この年齢における「コミュニケーション能力の素地を養う」ってことになるかな。

その目標に向けての取り組みは3点。

1.「日本語で」相手に伝わる表現が出来るようにする。相手のことを上手く聞きだせるようにする。
三森ゆりかさんの本とかワークを買ったりしたので、その辺から徐々に、独りよがりでない表現ってものを理解させられるといいな、と思います。

2.自分の属する社会とは異なる文化というものがあることを知る。
簡単に言うと異文化理解、とか言われるものですが、なんか、いい絵本とかないか探してみます。単に風俗慣習(日本にはないハロウィーンっていう行事があるんだよ、みたいなレベル)じゃなく、もう少し、ものの考え方自体が異なる文化があるってことを分かってもらえるといいんだけど、そんなこと、理屈で話したってしょうがないので、まぁどれだけ伝わるかは、なかなか難しいだろうとは思いますけど。
あと、この「異文化」が、西洋だけに偏らないようにすること。

3.日本語と外国語では、それを成り立たせる「音」が全く違うことを知る。
基本的に、言葉は「音」によって成り立つものなので、音抜きでの教育ってのはあんまりしたくないんですね。「音」が違う、と気づくこともまた、異文化を知る、ってことでもありますし。
(ところで、バイリンガル教育ってなことを調べていくと、聾者に対する日本手話と日本語対応手話のバイリンガル教育について、いくつも興味深い話を読むことができます。だからもちろん、音声抜きの言語というのも存在はしています。)
とりあえず、松香フォニックス研究所の「バナナじゃなくてbanana」という教材が面白そうなので買ってみようかな、と。小学生でも知っている、カタカナ化した、つまり、日本語化した英語由来の言葉を、それぞれの言語の発音で比べた、というもののようで、「音の違い」に意識的になるにはうってつけなんじゃないかな、などと思っているのですが。
実は、授業参観時、単数複数以外にもう一つ「あちゃー」なことがあって、それは、先生が黒板にはった「I like...」というカードの上に、なんと、振り仮名がふってあったことなんですわ。あれは止めてほしかった。

「負の数」については、ちょーっと小1には難しすぎるんだろうなぁと思いつつ、「はじめまして数学」という本を注文してみました。全てルビが振ってあるそうなので、もし読みたければ読めるよ、ってことで。なにしろ息子は、夏休みの目標に「毎日一冊本を読む」なーんて目標を立てやがりました。でも、図書室の貸し出しはないんだけど。そんなにたくさんの本をどこで調達するっていうんだよ。(図書室の本も、本当にちゃんと読んでいたのか私には確かめようがないんですが、毎日、返しては違う本を借りてきていた。一応、内容を聞くと答えたりしていたので、字が大きいとはいえそれなりのページ数もある「ゾロリ」シリーズとか、あれでも一日一冊ペースで読んでいた、らしいです。)
[PR]
by mmemiya | 2009-07-11 23:09 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/11504243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2009-08-05 18:03 x
「だって、3足りないになるだろ」という息子さんは正しいです。数学は概念を作れるかどうかが分かれ道なので、直感的にこういうことを理解できるのが本当は重要なんですよ。だいたい日本の教育では、暗記以外は何も価値がないので「負の数」も計算しか教えない。だから連続量の温度まで、80℃+20℃=100℃とか、80℃+20℃=50℃とやる大人が結構いたりします。物理も数学も、概念の教育なしで暗記ばかりなのでみんな嫌いになるのだと思いますよ。

先日テレビで独自のカリキュラムで授業している小学校の様子を見たのですが、私が驚いたのは「クロマトの実験」でも「ゲームのプログラミング」ではなく(そんなのはちょっとセンスが良ければできる)、子供たちがまとまった内容のことをしゃべっていたことです。語彙も論理展開もちゃんとしてました。最近は大学生でも話が支離滅裂ですが、それはある意味、モノを考えさせない【日本の教育の成果】なんですよね。その学校は一種の英才教育校なんですが、教師は「模範解答に導くような指導はしない」と言ってました。
Commented by s at 2009-08-06 03:13 x
(初めておじゃまします)
・みけさんのコメントにある小学校、すごいですね。ちょっと調べてみよう。
・松香さんの本は昔、お世話になりましたね。懐かしい名前です。
小学校低学年ならば、フリガナはアリかという気もしますが。
おそらく、フリガナだけ見て英語を見ないということを懸念されているのかも、と推測しますが、「何が書いてあるかわからない→嫌いになる」という状態を子供の中に作るよりはいいかも、と。
ちゃんと音を作って、それを子供の中に入れていく、というのが正道だとは思っていますが。 (これについては、日本人風の発音でも、ちゃんと大きな声と呼吸で声を出す - 発声訓練ですね、英語というより - ができれば、まあまあいい方なのでは、私は思っています。 中津燎子さんには怒られそうですが)。
では。
Commented by s at 2009-08-06 03:33 x
(発声の箇所、言葉足らずでしたので追加)。 母音と子音がある、それぞれこんな音になる、こういう音の出し方になる、というのがあれば。 日常、日本語で生活していると母音子音の別はあまり意識しませんから、特に子供ですと。
Commented by mmemiya at 2009-08-08 23:02
みけさま
はい、「3足りない」と言ってたしばらく後に、「1-3+4」みたいな問題を出してみましたら、息子、解きました。「2借りて、4に代わりに払ってもらうんだな」とか言ってましたが。息子とのやりとりを通して、「そうか、0には<無>という場合と、<基準点>という場合があるんだな」と遅まきながら気づいた私ですが、その後、「はじめまして数学」を読んだら、位取りの0、というのもある、と書かれていました。
小学校では、足し算引き算に入る前に「2は1と1、3は1と2、3は2と1、4は1と3、4は2と2、4は3と1…」とかいうのを何回も暗誦する宿題が出ていました。これは概念を教えてるつもりかもしれないけど、結局、暗記させてるだけのような…?
お話の小学校はすごいですね。教師の側に、ものすごい指導力が必要なんでしょうけれど。
Commented by mmemiya at 2009-08-08 23:08
Sさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
えーと、フリガナを見て英語を見ないことを懸念しているというより、フリガナで表しうるものだという印象を植え付けることを懸念してる、ですかね。
今のところ、まだ、一つの漢字も学校で習っていない小1です。もう、そんな頃には戻れないので推測なんですけど、彼らにとって、世の中は、看板とか、読めないものだらけで、そんでけっこう平気なんですよね。いちいち、そこらじゅうの看板を全部読めとか、言われたことないです、私は。私自身は、ハングルだらけの韓国へ行って、何も読めなくてかなり落ち着かなかった記憶がありますが、子どもって、始終、ああいう状態に置かれてて、そして平気なんだと思うと不思議な気がします。
と、話は脱線しましたが、フリガナを打つことで、子どもにとっては、英語も漢字も同じになっちゃう気がするんですよ。即ち、日本語の仲間になっちゃう。どうせ、文字指導をしないのが文部科学省の小学校英語に関する方針ですから、別に、小1の授業で、黒板に「I like・・・」なんてカード、張らなきゃいいと思いますが。
Commented by mmemiya at 2009-08-08 23:14
そうそう、読めない→嫌いになる、は大いにありうることで、それもあって、文字導入ってかなり難しいよな、と思います。小学生の間は文字指導するなっていっても、高学年がそれで通るのか?って話も、一方ではありますからね。英語にカタカナを振るのを全面的に否定はしないです。CDだのテープだのがない状況で、外国語を独学で覚えようなどとしたら、カタカナでも振ってもらわないとどうしようもなかったりします。ただ、そのカタカナを見ながら、大人は、これは近似値でしかない、ってことが分かってる筈ですから、それもやむを得ないと思えるんですよね。
そういや、中3のとき、隣の席の子の英語教科書の全頁にフリガナつけたこと思い出しましたよ。その子は全く英語読めなくて、「教科書読んで」とあてられるとものすごく苦労してたので。これまた緊急避難というか、その状態を教師こそなんとかしろよ、でしたけど。
Commented by みけ at 2009-08-09 00:17 x
「位取りの0」って、聞いたことがないのですが、小学生なら数直線を書いてあげたらどうでょう。ただ、線に点をつけて表す数直線は、分数とか入ってきちゃうとかえって分かりにくくなるような気はします。

例の小学校、IQ(基本的に理数系の才能しか測れない)の高い子を集めています。理数系ばかりやらせると言語はいっしょには伸びない危険性がありますが、国語では小さい文章にいろいろな表現を加えて長くする授業をやってました。
大学への進学率はそれなりにいいようですけど、あの教育方針だとものすごく議論好きになりそうです。日本の大学では物足りないかなと思いました。友達もできにくいかも(笑)。
Commented by みけ at 2009-08-09 00:41 x
フランス語はつづり字と音がリンクしてるので、フリガナを振らずにすみましたが、英語の場合はむずかしいですね。英語音そのものではなく、日本語化して処理されてる気がします。だから日本では英語は一種のお稽古事みたいになっちゃってるんでしょうか。

小学校の英語教育は、残念ですが時間の無駄にしかならないと思います。その時間、いろんなジャンルの本を読んであげれば豊かな日本語が身に付くのに。もったいないです。

佐藤優さんという方が、用がなければ外国語なんて身に付かない、また抽象的な単語は母国語で概念が持てなければ覚えられるはずがない、と書いてました。外国語はやっぱりある年齢に達してから集中してやった方がいいんです。若さゆえの耳の良さに頼っても、たいした力にはなりません。

ところで、英語力のない私ですが、香港のホテルで自分が飲んでない飲み物の代金を請求された時、英語の子音、すごく強くなりましたよ(笑)。うーん、意思あれば道あり。
Commented by mmemiya at 2009-08-10 22:25
みけさま
「位取りの0」については、言葉で説明したって頭の中がグチャグチャ、ってなだけになりそうで、敢えて語の説明をする必要はないだろうな~って感じです。かつて、現在の10は例えば「X」と表記され、9は「IX」だったりしたわけですが、「0」という記号を用いることが可能になって、0~9までの数字だけで、どこまでも数を表現できるようになった…ってことだと思いますが。

英語は確かに、いくらフォニックスが、などと言っても、つづり字と発音の関係がやっぱり難しいですよね~。全然知らない単語でもとりあえず読み上げ可能なフランス語とはかなり違います。おっしゃるとおり、その辺が日本における英語が「漢文の読み下し」みたいになっちゃってる理由の一つかもしれませんね。