La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

冷蔵庫、故障!?

思えば、朝、バターを使おうとしたとき、ちょっと柔らかかったことに、もっと注意を払うべきだったのだ。

あるいは、野菜室を開けたらば、日曜日に購入したミニアスパラの一部が傷んでいたことに。

なんとなく、冷えが弱いような気はして、それまで、中くらいよりちょっと弱いところを指していた温度調節つまみを、もう少し「強」の方へ動かしたのが昨日のこと。
そうそう、日曜に買ってきた秋刀魚から、翌日である昨日の晩、ずいぶんドリップが出ていたこと自体、そもそもおかしかったのだ。

今日帰宅して、夕飯を作ろうとして野菜室をあけて、ミニアスパラが尋常じゃなく傷んでいることに気づいた。
つづいて、もやしが袋の中で、完全に腐っていた。

え?と思いながらも、鯖味噌を作ろうと(茄子も入れる韓国風)さばを取り出すと、ものすごいドリップ。よく見ると、身が変色している。匂いが明らかにおかしい。同じチルド室の中では、豚肉の切り落としがあからさまに変色している。

えええー!!!である。でも、冷凍室の中のものは、何一つ融けてはいないのだ。どうなってるのー!?と、軽くパニックに陥りながらも、ともかく、夕食を作り続ける。しかし、肉、魚の類は大事を取って全て廃棄することにしたので(ああ…)とりあえず、蛋白源としては、冷凍室にあった、前にハンバーグを作ったときの残りを焼くしかなく。夫に、帰宅途中に買い物出来るなら、明日の弁当のために肉類を買ってきて欲しい、といったん電話するも、思い返して冷蔵庫の冷気吹き出し口辺りを確認しても、ちっとも冷たくない。一度、プラグを抜いてはめなおしてみたが、まったく変わらない。このままじゃ、何か買ってきてもらっても腐るだけだ、と、もう一度電話して、弁当用の冷凍食品の買出しを頼んだ。図らずも、冷凍食品デビューである。

夕食作り終わって、ネット検索すると、電気系統の異常か、霜取り装置の故障か、ともかく、冷蔵室だけ冷えない、という故障はありうるようだ。メーカーのサポートセンター受付が20時までになっていたので電話する。ファンの故障か、電気系統の故障か、霜取り装置か、そのあたりの可能性が高いが、ともかく一度、人をよこす、との話。しかし、最短で明後日ですと。やれやれ。

実はこの冷蔵庫、前に一度、冷凍室のものがみんな融け始めていて、故障か!?と慌てたことがあったのですが、その時は、プラグ挿し直したら機能したのです。今回は、夫帰宅前に一瞬抜いただけで入れ直したけれど、ネットで見ると、5分ぐらい置く、という話があり、さっき、夫がいったんプラグを抜いて、5分後に入れなおしました。でも、どうも、ほとんど冷えてない感じ…。

どんな家電の故障も困りますが、冷蔵庫ってのはとりわけ、基本的に空いているときがないので、いつ壊れても困るわけですよね。しかも、壊れたかどうか、すぐに気づくわけでもなかったりするし。どこかに、コインランドリーみたいに「貸し冷蔵庫」があるわけじゃないので、代替手段がないんだけど、冷やしてないと傷むものだから入れてあるわけで。冷凍庫のものなんて、とりわけ悲惨ですよね。冷蔵庫の方だって、肉魚以外にも、開封済みの牛乳とかねぇ、色々あります。冷蔵庫が2台ある家ならまだしも、そんなおうちばっかりじゃないですわね。不便だけど数日我慢、とかいうのがきかないんですよ。特に、夏場だし。

何をしたわけでもないけれど、食材を無駄にしてしまったことへの罪悪感、そして明日からどうするの、みたいな憂鬱とで、なんかもう、くたびれた。
400Lの冷凍冷蔵庫、買いなおすとなると10万近い出費にはなる。ネット上で見る限り、修理費の相場は1万円台か。修理できるものなら、やっぱそれがいいのかなぁ…。

今年は電気器具婚式の我々、やっぱ、なんにもなしじゃ済まないのか…。とりあえず、水、木の弁当を作る間、冷凍庫までいかれませんように…。
[PR]
by mmemiya | 2009-08-18 22:09 | 日々雑感 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/11758969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2009-08-20 11:05 x
miyaさま、夏場の冷蔵庫故障、本当にたいへんで疲れますね。
私も独身時代に買った300Lの冷蔵庫が意外にがんばってくれましたが、何度か水もれがあり、ドレイン掃除をしてもらいながら15年くらい使いました。その間に結婚したので、3ドアの300Lくらいの冷蔵庫をもう一台買い足しました。

今は、私の冷蔵庫がいよいよダメになって買った、500Lのと2台です。場所は取りますが便利は便利ですよ。小さい方は開封後のしょうゆ、味噌等の調味料、香辛料、スキンケア品の一部とか、もっぱら生モノでないもの。野菜室は、日本茶・紅茶・中国茶などお茶好きの私専用のストックルーム(笑)。

冷凍食品が多いお宅は、冷凍庫だけを買い足すそうなのですが、ウチは冷凍食品をほとんど買わないので、冷凍室は空いてますね。夏だけアイスが入ってますけど。そういう意味では、ドレッシングやタレなどは買わないけど、夫の趣味の「いしる」があったりと、変わっているかもしれません。

冷凍冷蔵庫は、冷凍室の余力を冷蔵室に回しているそうです。今回、霜取りで直ればいいですね。それでダメなら寿命かもしれません。いずれにせよ、今の時期は冷蔵庫にも人間にも、酷な暑さです。
Commented by mmemiya at 2009-08-20 18:38
みけさま
お見舞い?ありがとうございます。現在、修理の人が見てくれているところです。(狭い台所で、他に何も出来ないゆえ、PCの前にでもいるしかないのです…。子ども達は実家だし。)直るといいのですが。
うちの実家も、古くなってやや怪しくなった冷蔵庫と二本立てです。古い冷蔵庫は家の裏の物置の中で、主にビールを冷やしています。もうずいぶん古くなりましたけど、なかなか壊れないです。やっぱり、二台あると、非常時にはいいですね。(修理の間、邪魔になるので、今回緊急で買った冷凍食品を、今、その実家の古い冷蔵庫に避難させてもらってます。)
うちは、台所が3畳しかないのでスペース的に無理がありすぎますけど…。
私も、冷凍室はあまり使わないのですが、常に野菜室がぎっしりです。あと、修理の人が来るので醤油などを全部出して冷蔵庫を空にしたのですが、ドレッシングとかないのに結構モノが入っていてうんざりしました。
ああ、早く、普通の食生活に戻りたいです…。弁当の冷凍食品は、息子にたいそう不評だし。(「お母さん、あれ、おいしそうに見えたけど、ひどい味だった」と文句タラタラです。よくある冷凍コロッケなんですけどね。)
Commented by mmemiya at 2009-08-20 19:23
とりあえず、今、直りました。
温度ヒューズが壊れていました。ヒューズ壊れる→霜取りヒーター働かない→ファンが霜で凍りつく→冷気が冷蔵室にまわらない、という感じに理解しました。あってるのかな?
Commented by みけ at 2009-08-20 22:19 x
直りましたか!真夏の冷蔵庫ナシは、過酷ですものね。よかった、よかった~。

ウチの台所は6畳なのでテーブルは置かずに作業台付きの大きい食器棚にしました。あと、夏は冷蔵庫の裏を少し広くあけています。まあ、気はココロというヤツです。

弁当用の冷凍食品て、あれ、フシギなものですよね。夫がなぜか写真に釣られて買ってみたことがあるのですが、あまりの小ささに笑ってしまいました。私はビンボー症なので、高い・少ない・味が好みでないの3拍子揃った冷凍食品は、とても手が出ません。

それでも、「手作りしてます感」って言うんですか、「出汁入りで練ってあるチューブ味噌」がよく売れているのだそうですね。もしかすると味なんてどうでもいい人は結構多いのかもしれません。決してマメではない私が麦茶を煮出しているのは、水にパックを漬けるだけだと自分が期待している麦茶にならないから、という理由だけですが、世の中の人との『面倒くさいの基準』が年々ズレていくのを感じます。
Commented by mmemiya at 2009-08-23 09:38
みけさま
うちも、修理の後に、冷蔵庫の裏を少しあけてみました。気分の問題かもしれませんが。ゆうべ、再び冷蔵庫が故障した夢を見たので、やっぱりけっこう、参ったらしいです(笑)。
このあたりは八丁味噌文化圏ですから、味噌和えにして食べることが多いので、チューブ入り味噌は、ものすごく普及してると思いますよ。私の身近な人はみんな、と言っていいほど持ってますもん。まぁ、味噌和えを作るたびに洗い物は出るし、忙しい時に時間とられるし(そうか、そろそろ子どもにやらせてもいいかも)あれが売れるのはよく分かります。メインは味噌なんで、手づくりと比べたって、多分、そう味の違いは分からないかなと思いますし。(私が買わないのは、使いかけでそのうち、捨てなきゃならないようなああした調味料で溢れかえるのが厭なだけで…)
Commented by みけ at 2009-08-29 22:46 x
八丁味噌はチューブ入りが普通にあるんですね。失礼しました。
今、東京地区でマヨネーズのボトルみたいな信州味噌が画期的な発明だとかで大ヒットしてます。今までインスタントだった家庭ではこれで味噌汁が簡単に作れると喜んでいるとか。
「味噌和え」というと、私なんかは酢味噌和えしか浮かびません。今の関東人は調味料として味噌を使う人が少ないと思います。鯖の味噌煮もスーパーで買う人が多いです。和え物という意味では胡麻和えもスーパーですね。

味噌は本当に地域密着食品ですが、東京や神奈川では地場産業として作っていないため、廃れやすいのかもしれません。醤油は千葉ですから、しっかり根付いているのですが。

ところで東京で味噌と言えば、信州味噌なんですが、その理由は関東大震災の時に東京の味噌屋がつぶれてしまって困っていたところ、信州から援助されたのだと言われています。今でも細々と江戸味噌というのがあることはありますが、日常的に使う人はいないのでは、と思います。
Commented at 2009-08-29 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmemiya at 2009-09-03 00:04
みけさま
「チューブ入り味噌」と聞いて私が思い浮かべたのは、商品名で言うと「献立いろいろみそ」とか「つけてみそかけてみそ」なんていうようなものなので、みけさんがおっしゃってるものとは違うのかも。あれは、味噌汁は作れませんから。味噌味の料理を作るためのものですね。メーカーのサイトには色々なレシピが出ていますが、夫の実家では、たとえばちょっと前まで大量に採れていた十六ささげ(ローカルな野菜ですが、まぁ味はインゲンマメみたいなものとお考えください)を茹でて、こういう調理味噌をかけて食べる、なんていうのが普通でございます。(私はバターソテーが一番好きですけど。)
東京って信州味噌が定番なんですね。うちのあたりのスーパーでは、信州味噌と赤味噌が半々ぐらいかな?並んでいるの。私は、父親が信州の出なんで、子どものころから、父の実家手づくりの信州味噌で育ちまして、夫の実家は赤味噌ですが、夫が文句を言わないので、結婚後も我が家は信州味噌です。(そういや私の実家は味噌おでんもあんまりやらなかったな…赤味噌常備してなかったからか?)