La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

とりあえず、予防接種予約。

インフルエンザ(新型でない)の予防接種を予約。そういや、値段聞かなかったけど去年と一緒だろうか。

もう、その場で2回目の日にちまで決めてください!な状態で、こりゃまぁ、今年は遅めに打つってのは無理かと、10月11月で接種することに。ワクチンの効果は3ヶ月後ぐらいがピークだそうなので、3~4月ぐらいに従来のインフルエンザの流行が来たりしたら、あんまり打った意味がなくなるかもだけど、まぁ、仕方あるまい。

このところの様子を見ていると、10月上旬に新型の流行ピークってのは嘘じゃないのか、もっと後ろへずれるんじゃないかと思っていたのだけれど、東京の定点報告が10を超えたそうで、うーん、やっぱり、多少遅くなるにしても10月中にはピークが来るのか?続いてすぐに新型じゃないインフルエンザ…みたいな冬になるのかしら、今年は。溜息ですね。

例年は、インフルエンザの予防接種は、仕事早退せず、診療時間中に打ちに行っていたのですが、今年は、予防接種のみの時間に行くことに決めました。しかしねぇ、学級閉鎖基準が例年と比べたらとんでもなく厳しくなってるけれど、このままでピークに突入したら、そりゃ、学級の閉鎖は1学級1回かも知れないが、保育所が今の基準だと閉まりっぱなしになりそうで怖い…。これまで、インフルエンザが出たって保育所は学校じゃないんで閉鎖なんてやったことないんですけどね。(保育に困っている人がいたら預かる、ということで、一応、閉鎖時でも配慮する、とうたってはいますが。)

しかし、いつまでもインフルエンザの心配をしていても…と、とりあえず、自分の医療機関受診(婦人科関係で年1回かかってる奴と、この間の職場健康診断の精密検査と、あー、あと、糖尿も約1年経ったしまた検査かなぁ)もやらないとなぁ、と思う今日この頃。うちのあたりは幸いにして、まださほどインフルエンザも流行していないようだし。もっとも、見逃されている軽い症状の人とかもいるんだろうけどね。

とりわけ新型インフルエンザは迅速検査で見逃されやすいようですが、この際、特異度(インフルエンザじゃないケースを「インフルエンザじゃない」と判定する精度)はおいておいて、感度(インフルエンザであるケースを「インフルエンザだ」と判定する精度)を、もう少し上げるってのはできんのかいな。
※HIVの迅速検査なんかは、確か、かなり感度が高くて、その分、特異度が若干犠牲になっていたような気がします。つまり、偽陽性といって、実はHIVに感染していない人まで「陽性」と判定してしまうことがあるのですが、これは、「見落とさない」を最優先にしているからだと思います。で、簡易検査で感染者の見落としがないようにした上で、「陽性」と出た人にはもっと詳細な検査をして、「HIVに確かに感染している」か「感染していない」かの最終結論を出すわけですね。「陽性」と出た人に大きなショックを与えてしまうという欠点はあるものの、実は感染している人を「陰性」として帰しちゃうよりは欠点は小さい、ってことです。

全然話変わって、デーモン小暮氏は帰国子女なんだそうですが、じゃあこの人が英語で歌っている歌が、英語圏の人に何も違和感なく聞こえるのかは私には不明ですが、彼の英語を聞いていて、なるほど、私なんかとは「Y」の発音が違うなぁ、ということには気がついた。いやね、先日出た、AKUMA NativityというCDを買ってしまったのね。私は「ear」と「year」を、きちんと区別して発音することが出来ません。恐らく、New Yorkの「y」も発音できないと思う。しかし、同じCD(もともと日本語の詞がついていた曲を、海外発売用に英語詞に変えた曲ばかり)の中でも、英語のリズムにあってる曲と、イマイチかなぁという曲があって、リズムに合わない曲の方は、英語の歌詞も聞き取りにくいのが面白い。音楽って面白いですね。

リズムといえば子どもらは相変わらず4分の3拍子が掴みにくいようですが、サウンドツリー2の後半になると、8分の6拍子の曲まであるわ。大丈夫かしら。
リズムの話ではないけれど、例の、夫の古いピアノ曲集から、新しい曲を弾いていたら、「これ、絶対へん!」という曲が出てきた。どうしてもFをF#にしないと気持ち悪いのだが、楽譜には調号がない。おまけに、耳で覚えている夫は、F#にすると、そんな風じゃなかった、などという。だけどおかしいって、このままじゃ!曲の最初の音はDで最後の音がGだし、属音で始まって主音で終わってるト長調の曲って考えるのが自然じゃないかと思うのだが、誤植なのかなあ。この楽譜、第10刷なんだけど…。既に絶版だし、確かめる術はないのだが、落ち着かない。これを落ち着かなく思う程度には音楽を習ったのだ、と、開き直るべきなのかどうか?
[PR]
by mmemiya | 2009-09-25 23:20 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/12004748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Heidi at 2009-09-29 10:15 x
お久しぶりです。そちら、もうインフルエンザの接種予約ができるのね。miyaちゃんのこの記事を読んで、早速かかりつけの病院2軒に電話したものの、こちらではまだ予約すらできない状況です。
1歳児を抱えているだけに、かなり不安なんですけど…。

そうそう、yの発音。
息子に訂正されてしまったことがあります。
私にはどうしても区別して発音できないのよね…。
はぁ〜。
Commented by mmemiya at 2009-09-29 22:20
Heidiちゃん
うーん、流行時期を考えると、ホントは、11月と12月ぐらいで打ってもいいような気もするんだけど、なにしろ今年は新型のあおりでワクチン生産量が減ってるそうで、予約できたら打つしかない!って感じです。
例年だと大抵、10月から打てるものだと思うけど、今年は入荷の仕方が変則的みたい。新型もどうなることやら良く分かんないけど、とりあえず、お互い、無事で済むといいね。1歳児の場合、予防接種はあんまり免疫つかないので当てにならないんだよねー、インフルエンザは。

Yの発音って、やっぱ難しいよね。いや、難しい子音だらけなんだけどさ、私の場合。(HとかMとかLとか、苦手な音はいっぱいある。)デーモン小暮がNYにいたのは、4~7歳の間とかって読んだけど、それぐらいの年齢で身についた発音ってのは、後になっても消えないのかなぁ。