La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

学級閉鎖基準はいつ見直されるのか。

新型インフルエンザ、ますます流行って来ているようで。

うちの子の学校でも学年閉鎖が出ていて、一度、延期になっていた土曜日のとある行事の中止が決定した、そうな。娘達は、本日、無事に遠足を済ませたが、市内の保育所はいくつか閉鎖中。園児が100人以上いる中で、2人出たら休園ってのは、ちょーっと…きついよなぁ。そもそも、子どもが学級閉鎖とかになって、でも自分の子は今のところ元気そうで、なんていうとき、どうしよう、とは思っていたのだが、その学級閉鎖が、1回では済まない可能性もあるわけだ。それは正直、考えてもいなかったのだが、現に、同じ市内には、今シーズン二度目の学校閉鎖(学級じゃなく学校!)に入ってしまった学校がある。親御さんたちも困っておいでだろう。

うちのエリアにある小中高校のうち、なんと、47%の学校で、学級か学年か学校の閉鎖が出ている。約半数ですぜ。何もかも、例年より極めて厳しい学級閉鎖基準の故、である。だけど、半数、って、やっぱそれってちょっと、おかしいんじゃないの。

そもそも、文部科学省だって、この「学級閉鎖」ってのが、流行のピーク時には意味はないってことを認めている。
参考リンク:各都道府県・指定都市教育委員会等宛 新型インフルエンザに関する対応について(第13報)

特にこの中の、「別紙2 新型インフルエンザ流行時における学校閉鎖に関する基本的考え方」あたり。

・・・こうなってくると、あとは、どこの時点で、一体誰が、「もう積極的学級閉鎖に意味はない」って言い出すか、だけ、という気もするんだけど…きっと文部科学省が基準を設けたり判断することはないだろうし、かといって各学校は教育委員会の判断待ちだろうし・・・。そもそも、このリンク先の資料を見るに、うちの県の学級閉鎖基準が厳しすぎる、ってのもある。

誰が猫に鈴をつけるのか。だーれもやりそうにないまま、なーんとなく、この流行が終わっていくような気がして、なんともかんとも…。陰にどれだけの犠牲・努力があるのか、とか、考えてくれないもんでしょうか。はあ。
[PR]
by mmemiya | 2009-10-28 23:17 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/12212476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by (Heidi改め)Rico at 2009-10-29 01:30 x
新しいテンプレートもステキです♪

ところで、学級閉鎖の基準、先日夫が「おかしい」と話していたところでした。

こちらの高校の話ですが、クラスの1割で学級閉鎖、2クラスが閉鎖になると、学年閉鎖になるわけですが、40人のクラスなので、8人で学年閉鎖。
ところが、8クラスあるうち、全クラス3名づつ計24名インフルエンザだとしても、またはそのうち1クラスが学級閉鎖だとして25名が罹患していても、基準からいくと学年閉鎖にはならないわけです。
8名で学年閉鎖になるときもあれば、25名でもならないこともあるというのはどうなんだ、って話をしてたのです。
 
世の中、よくわからないことって色々あるもんです。
Commented by mmemiya at 2009-11-01 09:17
Ricoさま
こちらは、小・中・高校ともに、各クラス2名出たら学級閉鎖、同一学年2クラスで学年閉鎖なんだよね。で、確か、1年生2名、2年生2名、3年生2名…と(その2名がみんな同じクラスだとして)出たら、それで学校閉鎖になるんじゃないかな。実際、あちこちの学校が閉鎖されています。冬休みに補講するんだろうか?というか、年度末までに補講が出来るんだろうか?(冬休み頃はまたインフルエンザ流行ってるんじゃないの?)みたいな状況です。
多少、見直しの動き(特に、一度、学級閉鎖をやったクラスにまた2名出たら、もう一度即、学級閉鎖なのか?みたいなあたり)があるようなので、それに期待したいところですが…。流行が収まってくれるのが一番なんだけどね、もちろん。