La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

私の真田さんが…!

無事、サンタさんはやってきたのだが(我が家としては初めて、休みの日じゃない朝にサンタが来たのに、起こしに行かないと子どもたちは起きやしないし、私が起こして足元にプレゼントあったら不自然じゃないかとか、妙なことで困ってしまいましたよ…。しょうがないから部屋の外から声をかけて起こしたのだった…。)息子は、「こんな本、欲しいと思ったこともないのにこんなものが置いてあって、サンタさんは間違えたんじゃないか」とかぶつぶつ言っていた。まぁ、その日の夕方、帰宅後には、さっそくその本を持ってきて、夢中になって読んでいたわけだが(笑)。娘は勿論、大喜びでパッションハープを鳴らしまくっている。最初、いきなり、鳴らない…と大騒ぎして、結局、私が電池のプラマイを間違えていた、というオチもあったのだが。

本日は、有効期限が今年いっぱい、という映画の割引券があって、もう行けるのは今日ぐらいしかない、と出かけてきました。
前回、夏には息子の意見でポケモン映画だったので、今回は娘の意見でプリキュア…と思っていたら、なんと、割引券の使える劇場で、プリキュアやってない!

ウルルの森の物語、だの、カールじいさんの空飛ぶ家だの、その映画館でやっている各種映画の公式サイトを見せて娘に選ばせたところ、なんと、娘が選んだのが「宇宙戦艦ヤマト」。おいおい。

「これは絶対、Cちゃんの思うような映画じゃないよ、難しいよ」と何回言っても、ヤマトでいいというので、そういや、私が5歳だったかで、初めて映画館に連れて行ってもらったのもヤマトだったわなぁ、などと思いつつ、観念して出かけたのだが、やっぱり、始まって1時間もしないうちに「あと何分で終わる?」と聞いてきて、その後、15分おきぐらいに「まだ?あと何分?」の繰り返し。やれやれ。ほとんど、ポップコーンで無理やり持たせたという感じ。

私はといえば、始まる前にスクリーンに出た「原案・石原慎太郎」という文字を見ただけで帰りたくなったのだが、まぁなんつーか、突っ込みどころ満載の映画でしたよ。
まぁ、宇宙空間で爆発の煙みたいなのがあがったり、全然システムが違うはずの異星人の船といきなり交信が出来たり、異星人となんでか言葉が通じちゃったり、というあたりは百歩譲ってヤマトのお約束として目をつぶるとしても、そもそも、なんで古代は冒頭に生やしてた髭そったらいきなり若返るのに、わたしの真田さんはあんなに老けちゃってるのよ~!! いや、問題はそんなことじゃないんだがね。

これについては、つっこみを書き出すとあまりに長くなり過ぎそうなので、別記事に改めて書こうと思うが、とりあえず、ヤマトには「日本」って言葉は一回も出てこないのに、地球側で名前の出てくる人って全部、日本の名前なんだよなぁ。ま、まさか、23世紀には「日本以外全部沈没」(BY筒井康隆)?でも、台詞のない背景画像では、インドかどっかの僧侶達、スイスかどこかの建物と老夫婦、みたいなのが出てきたしなぁ。
[PR]
by mmemiya | 2009-12-26 21:25 | 日々雑感