La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

水道管破裂とか、諸々。

それは去る木曜のこと、携帯に、義姉からメールが入った。
なんと、うちの水道管が破裂していて、おむかいさんが、義姉のうちまでそれを知らせに来てくれた、とのこと。
とりあえず、元栓が閉めてある、と。

その時点で16時過ぎだったのだが、なにしろ普通に帰宅したら真っ暗になっちゃうし、多分、庭の水道のことなんだろうけど、詳細が分からないので、とにかく慌てて早退。
不幸中の幸いで、木曜日のため、子ども達はお習字で既に我が実家。迎えが遅くなるかも、と、事情の連絡のついでに、母に、近くに水道屋さんの心当たりがないか聞いてみる。

帰宅途中に慌ててちょっとしたお菓子を買ってお向かいさんのところへ持っていこうとしていたら、家について庭を見ているうちに、ちょうどそのお向かいの小母さんが出てらして、お礼かたがた話を聞く。
なんでも、庭の水道から細く水が吹き出して、車庫のトタン板に当たっていたらしい。で、変な音がするので畑(うちの隣の畑は、お向かいさんの耕作地である)から覗いてみたら、水だった、と。で、車庫も水浸し。あわてて、元栓の場所を探して(落ち葉で隠れてて分かりにくかったと思う…すみません)閉めておいたが、暗くなって帰宅して、え、水が出ない、と吃驚では大変だろう、と、我々の連絡先が分からなかったので、義父母宅まで知らせに行ってくださった、と。

そうこうするうち、夫も到着し、また、母が手配してくれた水道屋さんが現れた。(電話番号等を伝えるより、行った方が早い!と、母が事務所まで依頼に行ってくれた。多謝!)日は暮れてきたが、投光器なんかもあって、とりあえず、応急処置完了。無事、元栓を開けることができた。
しかしねー、コンクリートで蛇口のすぐ根元までを固めてあったんだけど、なにせ、凍結の他、老朽化もあったんでしょうなぁ、水道屋さんがまわりのコンクリをはがした後、夫が触ったら、水道管、そこで簡単に折れた。
しばらく、周囲を掘って、庭の蛇口だけの栓がないか探したんだけど、見つからなかったので、とりあえず、穴が開いたところの下で切断した水道管に、栓をした、という状態になっています。あくまで応急処置なので、近いうちにはもっとちゃんとなんとかしないといけない。やれやれ。
寒いと、色々なことが起こります・・・。通勤では今のところ、あんまり怖い思いをしなくて済んでるけど。

その騒ぎの前日に、この冬一回目のキムチを漬けました。今年は白菜貰うの、遅めだったんだなぁ。
ちょいと小さめの白菜だったこともあるんですが、今日までで、既に半分以上なくなった…。どこにも差し上げてないのに。キムチ恐るべし。
昨日、息子が初めて、「ちょっと食べてみたい」とつまんでみて、今日も、ほんのすこぅし、食べてました。「ご飯と一緒に食べるとおいしい」だそうです。今日は釣られて娘も、食べてみる、と手を出しましたが、最初の、小さな一かけは食べたんだけど、もう一口、と箸を出し、で、結局「やっぱり食べられない…」と。いやね、別にあんた達に、無理して食べてもらおうと思ってないし。お父さんだけでどんどん減っていきますから、キムチ。

日曜は、午前中、娘をおたふくの予防接種に連れて行った。先日、新型インフルエンザの予防接種に行った産婦人科で、ふと思い立って、そこで予約したのだが、今回行ってみて、その産婦人科が分娩の取り扱いを昨年秋で止めていたことを知った。ただ、ここは、土曜だけでなく日曜も午前中だけ診療してるのね。知らなかったけど。で、新型の予防接種のとき、日曜に来てくれ、と言われたのは、別に、特別に時間を設けたというわけではなかった模様。今回も、主に予防接種(新型の人はあまりいない感じだった)のお子ちゃまで、けっこう混む混む。
昼から、娘が「うんてい」が出来るようになったのを見せたい、ってことで、娘の案内で公園へ。娘の案内、っていうのは、娘が保育所から行ったことのある公園に行きたい、と言い出したから。いったい、どこにある公園か、私には皆目分からなかったのですが、「UFOみたいな絵がある壁があるんやて」とか、「この先は畑の横を通っていく」とか言いながら、保育所からも滅多に行くわけじゃない、という公園に、なんとか無事、到着しました。(一度、違うところで曲がってしまって引き返した。)うんていは、前は7つ進めたそうですが、今回は3つだけ。でも、前に私が見たときは、一つも進めなかったので、たくさん褒めておきました。ところで、うんてい、って、どんな字か知らなかったけど、雲の梯子、って書くんですね。

本日、柴野拓美氏の訃報に接した。日本SFの黎明期に触れた文章で、よくお名前をお見かけしたが、私にとっては、翻訳家「小隅黎」氏としての方がなじみがあった。(ニーヴン全然読んだことないので、ホーガンの一部作品の訳者として知っているだけだけど。)ご冥福をお祈りします。
[PR]
by mmemiya | 2010-01-18 20:36 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/12684898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-01-19 07:47 x
何に食いついてしまうってキムチっ!!
ご自分で漬けていらっしゃるんですね~。
美味しそうっ。美味しそうっ!!!
息子さん、美味しさが分かるのですね。
ママの手作りキムチか~、羨ましいっ。

それにしても水道管。大変でしたね。
昔、雪国に暮らしていた頃は毎朝水が出なくなるので
常に細く水を出したまま寝るのが通例でしたが
寒い場所での水道管に対するフォロー?はワタシ達が想像するもの
なんだろうなと思います。
水道屋さんもこの時期は心得ていらっしゃるんでしょうね。

Commented by mmemiya at 2010-01-19 23:06
夏様
私が漬けるものは、唯一、キムチだけなんで、お恥ずかしい限り
です。ぬか床維持したりする人は、ホント、尊敬してしまいます。
ちなみに、キムチは、面倒くさがりの私でも出来るので、ハードル
低めなのでは。いや、毎週一玉、白菜貰うので、こうでもしないと
消費できない、という事情もありますが(笑)。
もし良かったら、図書館ででも、ジョン・キョンファさんのレシピ、見て
みてください。夏はきゅうりなんかのキムチもお勧めです。

そう、父の実家(信州)は、冬は当然のように水を出したままでした。
このあたりの冷え込みはそれほどじゃないので、そこまでしなくて
いいだろー、と思ってたら、甘かったです…。ぐるぐる布を巻いておく、
とか、なんにもしてなかったので。この冬が暖冬って、誰が言った
の!?って感じです。