La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

一汁二菜の反省

「一汁三菜」という日本語はよく聞くけれど、うちは最近、かなり手抜きで、一汁二菜+漬物、程度の夕飯が多い。
まぁ、手抜きは今に始まったことではないかもしれないんだけど…。ご飯、味噌汁、肉OR魚、副菜(野菜)ってな感じで、まぁ、何が特に手抜きって、副菜もう一つぐらい作れよ!ってこと以外に、肉OR魚、が、焼き魚なら焼き魚だけで、付けあわせとかないから、特にわびしく感じるのかも…。

しかし、ネットでふと、「一汁二菜」って調べてみて驚いた。これを、望ましい食事のスタイルとして推奨するようなページが、けっこう出てくるんですわ。(どこぞの生協が推進してるとか?)まぁ、主菜が、「単なる煮魚」とかじゃないかもしれないけど、それにしても、働いているを言い訳にする私ですら、一汁二菜って、いささか後ろめたいものなんだけど、うーむ、世の中、感覚というのはホント、家庭ごとに違うものですね。

ちょっと反省しながらの本日の夕食。玄米ご飯、鶏腿肉のソテー、ほうれん草とベーコンとシメジのサラダ、ブロッコリーのおひたし、蕪のポタージュ。一応、副菜が二つだけど、使ってる野菜の種類が少なすぎ…。(というか、ブロッコリーを鶏ソテーの横に載せたら副菜は一つか!)

明日は、おでんをさっき仕込み終わった(下茹でとか、油抜きとかした後、寝る前に「はかせ鍋」で一煮立ちさせておき、朝、もう一度煮込んでから出かけて、帰宅して温める…が、うちのやり方。でも、やっぱり大根は二日目の方が美味しいんだけど。)のだけど、おでんの副菜っていつも悩む。青菜のお浸しばっかりじゃ、なんか能がないよねぇ…。と言いつつ、なかなか何も思い浮かばん。
冬って、鍋にせよ、シチューにせよ、あったまるものなんで作りたいんだけど、副菜が難しい。シチューだとサラダ、鍋だとおひたし系ばかり。実家ではどうだったっけなぁ…。

とりあえず、明日は、おでん、小松菜と平茸の煮浸し、ニンジンとごぼうの金平、漬物の予定。なんか、寒くなるのは金曜から、みたいだけど。
[PR]
by mmemiya | 2010-01-19 23:54 | 日々雑感 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/12692216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-01-20 10:41 x
ワタシはおでんのときはおでんのみですよ!!(笑)
オールベージュな晩御飯っ。

だからなんだかさびしくて・・・。
そうか、お漬物でも出せばいいんですね。
それすら考え付かなかった・・・(汗)
Commented by mmemiya at 2010-01-20 20:36
夏様
いやー、私、おでんに野菜あんまり入れないんですよ。にんじんとか
青臭さが出るようで苦手でして。だから野菜補うしかない。
野菜たっぷりの鍋物なら…お漬物ぐらいしかないかも。

それと、うちでは漬物は常備品ではないんですが、冬場は義母が
大根とか白菜とか漬けるので(白菜は漬物でも生でも貰うのです)
我が家にしては珍しく、漬物が置いてあるのです。食べないと毎週
もらうので、これまた半ば、食べるのが義務化してるかも(笑)。
Commented by RICO at 2010-01-20 23:21 x
おでんのつけあわせね、悩むよね。
でも、実家ではおでんはおかずのひとつで、普通に煮物扱いだったから、焼物とか炒めものとか出てたの。
今は私が気が向けば野菜炒めだったり、サラダだったり。
私、和洋中折衷平気なもので、何でもありなのよね(苦笑)
Commented by nori at 2010-01-20 23:25 x
うちの食卓も似たような感じなので、安心してしまったわ・・・(笑)
いまの季節は楽なので、ついつい鍋になってしまいます。
鍋の時の副菜は、やっぱり漬物くらいかな。(あればだけど・・・)
Commented by mmemiya at 2010-01-21 22:12
Ricoさま
おでんと副菜についてネットをさまようと、そう、普通におかずの一品扱い、というおうちも結構ありました。
サラダ…といっても、サラダも幅広いもんねぇ。それも合うのかも
しれない。

noriさま
そう、鍋物の季節になると、いっきに色々食べられる鍋はやっぱり
楽だよねぇ。ポトフだシチューだ豆乳鍋だ、と、そんなのが多いっす。洋風のものは、別の野菜のサラダ、とかも考えるんだけど、
和風の鍋って難しい。まぁ、一週間トータルぐらいで見てバランスが
取れてりゃ…と、楽な方へ逃げてしまいます(笑)。