La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

爪噛みは止められるか

いつの頃からか、気づくと、息子に爪を噛む癖がついてしまっていた。
1年ぐらい前までは、けっこうマメに爪きりが必要だったのに、いつの頃からか、娘の爪を切って、さて、息子も、と見ると、切る必要が全くないほど短くなってしまっている。

指を口に入れているのを目にすると、注意はしていたのだが、本人曰く、暇だからやってしまうのですと。
本を読みながらもやっているので、どこがヒマだからだ、と思うのだけれど、本読んでると手がヒマなんですって。

欲求不満がどうとか、精神的な不安感がどうとかいうものなのか、単に癖になってしまっているのか、そのあたりは正直、判断つきかねるのですが(まぁ、あんまり何でもかんでもすぐに愛情不足だのなんだの、という方向に考えない方が健全、って気もしますがどうでしょう)夫も「俺も小さい頃やってた」などとのたまうし、気づけば、娘も噛みこそしないが、たまぁに指を口に持っていってるなぁ。

で、アマゾンをふらふらしていたら、「バイターストップ」なる商品を発見。要は、一応、爪保護剤なんだけど、ご印防止用に使われる苦味成分が含まれていて、口に入れると苦いので、爪噛みの癖が治るんだとか。
この間、本と一緒に注文しまして、今日、受け取ってきたので、早速、夜寝る前に、二人に塗ってやりました。なんか、塗ってもらう間、けっこう嬉しそうでしたが、果たして効果の程は…?

前に、近々出るらしい、と書いた、「食DRIVE調査」の最新結果本は「家族の勝手でしょ」というタイトルで2月18日刊行、だったかな。もうネットショップでは予約可になっていたので注文してしまいました。まぁ、タイトルから言っても、これまでの大きな流れはきっと止まってないんだろうなぁ、と思う。私自身、台所に立ってるとたまに思いますもん、なんで、私だけが今、台所に立ってないといけないんだ?って。(まぁこれは、夫の帰宅が最近早いので、夫が座ってると、どうして私だけがやらなきゃならんのだ、って理不尽に思っちゃう、ってのもあるなぁ。基本的には労働時間も給料もほとんど変わらないわけだからねぇ。まぁ、最近は、イライラするより、座ってPCゲームしてる夫に「あれやって、これやって」と言うようにしてはいるのだが…台所が狭くて二人で立つと大変、というのがネックではある。)ま、私だけでなく、世の中みんな、誰かのために何かするより自分の楽しみを優先したい、私に楽をさせて!と思う人が増える一方、ってことなのではないか、と。

ということで、自分の楽しみ、っつーと、ちょっとでも時間が出来れば相変わらず私は本ばかりですが、少なくとも、図書館でばーっと予約して借りた料理本を買うのには歯止めをかけることが出来た(笑)。まぁ、気になるレシピのページだけ、少しぐらいコピーして、そんで充分かな。もともと、買った料理本だって、隅から隅まで作るというより、特定のいくつか、を作るだけの方が多いしねぇ。今度は佐藤優を何冊か予約したのだが、こっちはさすがに、読むのに時間がかかるだろうから、冊数は抑え目にしておいた。

そんでも勿論、買ってしまう本っていうのもあって、このところ、角川文庫版で「三銃士」をパラパラ読んでます。(相変わらず、他にもいくつか、並行読みはしてますが。)そもそも、米原万里の文章で、性に興味津々な年頃になって、彼女の通っていたソビエト学校では、みんなが争って三銃士を読んでいた。ダルタニャンとミレディーのベッドシーンが…みたいな記述があって、「え?そんな場面あったっけ?」などと思ううち、子ども向けではなく、ちゃんとした(?)三銃士を読んでおきたくなったのだが、パラパラ読み返してみると、私の読んでいた「国際版少年少女世界文学全集」の三銃士、けっこうちゃんと、元本のエピソードを拾ってたじゃん、などと再発見。アトスが「我々はみんな馬を食ってるんだ」というシーン(馬を売り払った金で食事してるので)や、毒入りワインが差し入れられるシーン、ああ、あったあった、とか、ダイヤモンドの飾りの話は勿論、ワルド伯になりすますダルタニャンとか、ミレディーの小間使いケティーとか、ポルトスが、ダルタニャンがパリに乗ってきた黄色い馬を掴まされる場面とか、ああ、そうそう、懐かしいー!って感じ。銃士たちだけでなく、その従者もそれぞれみんな個性的だったよね。(でも、グリモーとムクストンは覚えてたけど、アラミスの従者「バザン」の名は忘れてた。)
フェルトンがミレディーに騙されるシーンとか、おお、なつかしや。でも、ダルタニャンがミレディーの百合の刻印を見つけるのが情事の後、という認識はなかったので(ところで情事シーンはこの角川文庫版でもなんの描写もないのだが、米原さんの記憶違いなのか、角川版でその部分が省略されてるのかどっちなのか?)その辺は、さすがに子ども向け、なんか飛ばしてあったのかなぁ。なんというか、これ読んでると、もう一度、少年少女世界文学全集の三銃士が読みたくなってくるのでした。私が一番好きだったのはね、敵の攻撃真っ只中の場所へ行って、悠然と(?)朝食を食べる場面でした。でも、ラ・ロシェルだのといった地名は全然覚えてないなぁ。(おっと「ツールのとある夫人」だけは覚えてるぞ。)覚えてれば、ラ・ロシェルに行ったとき、「おお、ここが…」なんて感動?もあったかもしれないんだけどねぇ。
[PR]
by mmemiya | 2010-02-11 22:04 | 子育て、子育ち