La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

娘、夜驚症?

どれくらい前からだったか思い出せないのだけれど、娘が、夜中、毎晩のように大声で泣くようになった。

寝入ってから1~2時間ぐらいで、ものすごい大声の泣き声が聞こえてくる。そのまま、また一人で寝入ってしまうときもあるし、泣きながら階段を下りてくることもある。ただ、泣いて降りてきても、何を言うでもなく、そこで泣き続けるか、うとうとし始めるか、で、「寝よう」と声をかけると、一人でまた、階段を上っていってベッドに潜り込んでいる。

上の子も、ちょうどこれぐらいの頃だっけ、毎晩とは言わないが、「怖い夢を見た~」と泣いては起きる、ってことがあったなぁ、と思い、なんかきっと、脳の成長の一環なんだろう(昼間の記憶を頭の中で整頓したりしてるのでは?)と思っていたが、ちょっとネット検索してみると、恐らく「夜驚症」ってものなんでしょうね。

幼児期から学童期にかけて、という時期はぴったり。夢遊病のようにうろうろと歩くとかって言うのは…まぁ、起きては来るなぁ。
朝はけろっとしてます。昨日泣いてたの覚えてる?と聞くと、覚えてる、と言うけど、気にしてる様子はない。
ストレスが原因…とも書かれてますが、この「ストレス」って、かなり幅広い意味の(語本来の意味での)「ストレス」だろうし。

一応、夫に、客観的に見て愛情不足だと思うか聞いてみたが、「K(上の子)より、よほど甘やかされている」との回答。まぁねぇ、だっことか、スキンシップは毎日、たっぷりしてますなぁ。(上の子は私の性格に似てるところが、私が今ひとつ甘やかしきれない原因、というのは自覚があるのですが、ちょっと上は可哀想なのかも。小学校2年を目前にして、自分で(人前でも)「抱っこ!」とねだりまくるので、上も同じように抱っこはしてますけど。)
後は、ストレス…うーむ、クラス替えが近い、というのは、ちょっと本人にとってストレスになっているのかも、ってところですが、そう大きな原因かどうか、確信は持てず。

とりあえず、寝る前の本の読み聞かせを、ちょっと止めてみようか(刺激を減らすために)と思うのですが、どうかなぁ…。
脳の機能が成長すれば自然におさまる、ということですが、確かに、脳だけでなく、情緒機能も、ちょっとまだ不安定な感じはするし、成長を待つしかないんでしょうねぇ。まぁ、まだこっちが寝ていない時刻なんで、たたき起こされるわけじゃないし、いいんですけど…。
[PR]
by mmemiya | 2010-03-23 20:34 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/13185807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by RICO at 2010-03-29 01:42 x
うちもコレだったのかしら?
ちょっと前の一時期、うなされて大声をあげたり、ムクッと起き上がって「あれ、目が覚めたの?」と思うとバタンと寝たり…。
そんなことが頻繁にありました。
ちょうどその時期と重なっていたのが、トイレの失敗。
久しぶりに寒い季節を味わって、トイレも自分の自覚以上に近くなっていたのかしら?なんて思うのだけど。
それがストレスになっていたというのもありそう。
子どものことって、自分のときのことは全く覚えていないし、日々こっちも勉強ですね〜。
Commented by mmemiya at 2010-03-29 20:10
ricoさま
そうそう、自分が子どもだったときのことなんてねー、少なくとも幼児期のことは覚えてないし、親も忘れてたりする(笑)。
ちなみに、うちの娘の夜泣きは、寝るときの読み聞かせを止めてから、ほんっとーにぴたり、と止まりました。
グリム童話とかアンデルセン童話とか、やっぱちょっと怖い話かも。