La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

連休も、あっというまに終わってく

ずーっと晴天に恵まれた連休だったけれど、庭仕事は結局、さぼりまくってしまった。

土曜は、ピアノは休みだったが水泳教室はあり(なぜか次の週は休みだ)欠席だらけかな~と思って行ってみたら、そうでもなかった。というか、人数、いつもと変わらず。娘、やっと、息継ぎを習い始め、はじめてビート板無しで息継ぎらしきものをしていたが、後から聞いてみたら「口が水の上に出なかった」とか言っていた。
息子は背泳ぎが始まっているが、まだ全然。同じグループの中には、数メートル泳げるようになった子もちらほら。

日曜。私の従弟のところに生まれた女の子が、ちょうど1歳になるので、その誕生祝をするから来い、と叔母に誘われていたのだが、肝心の主役がお熱。まぁ、無理もないよね。4月から保育所に入ったばかり。というか、これまでまだ一度も発熱してなかったなんて凄いじゃないの。うちも、保育所に入れた最初の年は、ゴールデンウィークどころじゃなかった気がするなぁ。大体、水疱瘡とか流行るのよね、この時期って。そしてご他聞に洩れず、従弟の子のクラスも、子ども達が次々水疱瘡で倒れており、潜伏期間であっても不思議はないらしい。そんなこんなで、新幹線で横浜から来るはずだった従弟一家は、当然、やって来れなくなったのだが、私と子ども達と、私の母とで、叔母の家に遊びに行った。なんということもなく、近所の公園で遊んだだけなんだけどね。

3日。義母の趣味である所のウォーキングに、義父母、義兄一家と総勢10名で参加。今回は、開催地も比較的近く、距離も11キロちょっとと、今までの中では短い方だったのだけれど、それでも相変わらず、娘一人が遅れる遅れる。まぁ、立ち止まるわけではなく、でも、あれこれ眺めて楽しみながら、だったので、別にこのペースで歩けばいいじゃん、と、私自身は思うのだけれど、なにしろあんまり差がつくとね~。別に、歩くこと自体は厭とは思わないけど、なんつーか、もうちょっと、一番小さいもののペースにあわせてくれたっていいんじゃないか、と思うのは、私の我侭なのか?昼食後の休憩を早めに切り上げ、娘と先発したので、午後は余り差がつかずに済んだけど・・・。そういや、前に出かけたときも、みんなが某記念館見学してる間に、娘と先発したんだよなぁ。「Cちゃんも見たい!」と怒る娘を宥めながら。ちなみに、今回は、お祭りで子どもの演じる地歌舞伎をやってまして、ゴール近くだったので、みんなでしばらく眺めたのですが、うちの娘、どんどん前へ進んでいってかぶりつきで見ていた。衣装に惹かれたのか、化粧に惹かれたのか、「もっと見たい!」と主張していた。歌舞伎かぁ…ちょーっと、もう少し、いえ、もうだいぶ大きくなるまで、劇場に連れて行ってやるのは難しそうですがねぇ。

4日。連休明けると家庭訪問があるので、大掃除!と思いながら、なかなか前日の疲れが取れず。なんつーか、昔は昼過ぎまでだろうが何時までだろうが寝ていられたのに、最近、目が覚めるしなぁ。やっぱ年でしょうか。なーんか、寝てもイマイチ疲れが取れないわ。ちょこっと買い出しと掃除をしたのみ。庭にまで手がまわらず。

そして本日。こどもの日なので、夫の実家に集合して、いつものように昼食と夕食を食べて帰って来た。昼過ぎ、ちょっと時間があったので、家へ戻って掃除の続きをしたりしたけど、まぁとにかく、あっという間に終わったなぁ、今年の連休も。

それでも、本を読む気力だけは?多少戻ってきました。「双調 平家物語」の文庫13巻が出ているはずなのに、ちょっと遅れをとったせいか、書店2軒まわったけど入手できず。代わりに「競売ナンバー49の叫び」なんか買ってしまった。っていうか、なぜ、こんなものが、今頃文庫になるんだろう??私がこれを読んでみたいな、とちらっと思ったのって、かれこれ20年近く前なんじゃ?と見てみたら日本では1992年に単行本が出ているそうで、20年は言い過ぎだとしても、やっぱ、けっこう前よね。(そもそも、原著の刊行は1966年、つまり私が生まれる前なんである。)というか、これって単行本、国書刊行会じゃなかったんだ?あれ?「重力の虹」とごっちゃにしてる??この年になって今さらピンチョンを初めて読むってのもどんなもんだ、とは思いつつも(というか、やっぱ私って、本あんまり読んでないんだよなぁ。本読むこと自体は、別にただの趣味なので、読んでない名作がどれだけあろうと個人の勝手だとは思いますが、少なくとも、これで作家志望だったなどとはちょいと恥ずかしくて言えないよね。)買ってしまったものはしゃーない、ぼちぼち読むとします。

※ちゃんとぐぐってみたら、やっぱ、というか、1985年にサンリオで出てるんじゃん、ちくまの単行本より前に。んじゃ、私が読んでみたいと(各種書評?本を見て)思ってたのは、やっぱ20年以上前だよ、軽く。


そういや、もうずいぶん前に、ドナルド・バーセルミの「口に出せない習慣、奇妙な行為」を、そこそこのお金出して古本で買って(どーして私は絶版になる前にサンリオSF文庫を色々買っておかなかったのだろう、と、大きくなってから思ったものですが、廃刊時に高校1年生かな、2年生かな、私。ちょーっと無理だったよなぁ、やっぱ。)そうして読んでない、などということに今頃気づいたり。

ああ、蕗をもう収穫してもいいよなぁ…。今日、夫の実家へ持っていこうかと、昨日は思っていたのに。ホント、この頃、忘れっぽくて困る。
[PR]
by mmemiya | 2010-05-05 22:25 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/13624792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。