La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

娘、結婚を語る。

まもなく6歳になるうちの娘は、やたらと私に「ほっぺにちゅ」を要求する。これは、こんな癖をつけてしまった私がまずかったかなあ、と思わなくもないんだけど、ま、まだ当分は、可愛いもんだ、ということに(無理やり)しておこう。

今日、私がぽろっと、あんまりこういうことやる人はいないかもなぁ、と言ったら、娘、「ジョアン君(仮名)のお母さんは毎日してるよ」。うん、それは、文化の違いって奴だ。

「でも、他の子はあんまり、ちゅなんて知らないかもね、あ、でも、Hちゃん(最近の娘の一番の仲良し)のお母さんは知ってると思う。だって結婚してるから」とのたまった娘、ふと、
「おとうさんとおかあさんはちゅってしたことあるの?」と聞く。

「お父さんとお母さんの結婚の写真(注)に、お母さんのほっぺにお父さんがちゅってしてる奴あるじゃん」と答えたら、

「え、なんか、きもー」などと言う娘。どこで覚えてくるんだか知らないが、私は「きもー」という言葉が大嫌いなもので、「きもーなんて言うんじゃない」と叱る。すると娘、

「だって、知らない人とちゅするなんて、ちょっとやだなーと思って。」結婚相手が「知らない人」かよ!と思いつつ、

「だからさ、ちゅ、ってしてもいいと思う相手と結婚するんだよ」と答えたら
「じゃあ、あたしは兄ちゃんと結婚する」ですと。喧嘩ばかりしていても、やはり兄ちゃんは好きらしい。

「きょうだいは結婚できないよ」と教えたら
「え、違うよ、双子は結婚できないけど、きょうだいはいいんだよ」と自信を持って答える娘。いったい、その発想はどこから??


注)結婚の写真、とは、パリで、タキシードとウェディングドレスを着て撮った写真。夫婦では「コスプレ写真」と呼んでいたが、衣装レンタル、メイクの上、ベンツのリムジンで、パリ市内をまわり、3箇所であれこれ撮影した。(そういや、結婚するより1年近く前だな、撮ったの。)本来、パリ市内の教会で結婚式をする日本人カップル向けのオプションサービスとして、日本の海外ウェディング会社がやっていたのだが、電話して「オプションだけ申し込んでもいいですか?」と聞いたらオッケーだったので、写真撮影だけやったのです。それだけついて、10何万円だったかなぁ。
ちなみに、バックにエッフェル塔とか映ってて、見栄えはいいですが、パリのことですので、足元はゴミだらけ。カメラマンさん(日本人)が、ゴミを足で蹴散らしながら、アシスタントの人に「今度から、ほうき持ってこないとダメだよ」とぶつぶつ言ってたのが忘れられない。「ほっぺにちゅー」写真は、カメラマンさんが「僕のお願いを一つだけ聞いてください」とか言って要求してきたポーズです。まぁそんなことも、ああいう時ぐらいしかしないので、いい思い出といえばいい思い出ですね。
[PR]
by mmemiya | 2010-06-17 22:53 | 子育て、子育ち