La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

娘は娘で手がかかるのよ

ピアノの練習、娘は「練習は?」と聞くとすぐに始めるのだが、だからと言って、手がかからないか、といえば、まるでそうではない。

息子は、間違いを指摘されると不貞腐れる。娘は、間違いを指摘されると泣いて怒る。どっちもどっちだ。

息子はこのところ、初めて弾く曲でも、さすがに一人で楽譜を読んである程度の形にしていけるようになった。が、ただ、間違っているところの指摘の仕方が難しい。どうかすると、間違いを指摘すると拗ねて弾くのを拒否する。先生の指摘ですらこれをやる。やれやれ。

娘は、まだかなり感覚で弾いている。あと、やっぱ、前に兄ちゃんが弾いてたのをなんとなく覚えていて、なんとなくで弾いている感じも。「楽譜見なさい!」と言うと、「見てるもん!」と、やっぱり怒る(苦笑)。

初めて弾く曲をいきなり両手でやっていこうとするから、「片手ずつ弾いたら?」とか、あまりに左手がずれているので「右手のメロディを歌いながら左手を弾いたら?」とか、「右手のメロディを歌いながら、左手の入るところで手を叩く練習をしたら?」とか、色々こっちも口を出すのですが、そういうアドバイスも気に入らないらしく、ほとんど拒否される。親としたら、こっちの方が効率的じゃん、と思うんだけどねぇ。

娘はようやくサウンドツリー2(教本)の最後の曲。息子の方は、発表会終わって教本に戻った先生が吃驚。「あれ?サウンドツリー3って、まだこんだけしかやってなかったっけ?」
そうなのです、3の一番最初の曲が、たまたま今年、グレードテストの課題曲だったので、一番最初の曲の次は、数曲飛ばしてもう一つの課題曲をやって、そんでもって、発表会の曲を2曲、サウンドツリーの後ろの方から選んで弾いただけ。計4曲しかまだやってないのに、もうじき、3終了レベルのグレードテストを受けようなんて…。

ちなみに、サウンドツリー4終了でバイエル終了程度、なのだそうですが、ネット上でカワイで習ってる人の親御さんのブログとか見てたら、「バイエルは110曲ぐらいしかないのに、サウンドツリーは曲数が多すぎて終了までに時間がかかりすぎる」みたいな意見の人がいた。ははあ、なるほどぉ。
ま、確かに、1あたりは最初のうち、曲と呼べるほど弾くところはないかもしれんが、確か一応30曲ぐらいだっけ?2で30曲、3が34曲+ピース(ピースの方はどの程度弾くのか、まだ私には見当が付きません)16曲。4が3と同じぐらいだとしたら、ちょっと多い…ってことになるのかなぁ。よく分かりません。子どもも知ってる楽しい歌が多いのでいいんじゃないかと思うけど。
うちの場合は、土曜日に習いに行けるところという譲れない条件の下に探したらたまたまカワイになっただけで、サウンドツリーがいい教材なのかどうなのかも素人の私にはよく分かりませぬ。まぁ、二人とも、ピアノはまだまだ続けたいそうなので、それでいいんじゃないかとは思うが、しかし、もーちょっと親のアドバイスにも耳を傾けて練習しろよな・・・。(所詮、きっと4になったら私にはもう弾けないわ…って状態の母ですけどね。)
[PR]
by mmemiya | 2010-07-21 22:21 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/14239434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rico at 2010-07-21 23:25 x
そうなのよね…。
うちの子もふて腐れたり、泣いて怒ったり。
こっちが下手に出て、うま〜くリードする形を取らないと、言う通りにさせるのは難しい…。

「こうやったらもっと格好いいかもね〜」とか「片手づつも聞きたいな〜♡」とあの手この手でナントカこっちの思惑通りに練習させようとするけれど、「やらなくていい!」と返されたらおしまいです(涙)
ご機嫌とってまでやらせなくていいよ、と思う気持ちと、やるからにはもうちょっと頑張ってもらわきゃ、と思う時と…(苦笑)
やれやれ。
Commented by mmemiya at 2010-07-22 22:16
Ricoちゃん
そうそう、なんで親がご機嫌取りしてやらせなあかんねん…ってのはありますね。でも、あまりにも練習していかないのも先生にも失礼だし月謝の無駄…。なにしろ、「じゃあピアノ辞めたら?」って言っても、辞めるのはイヤだって言うんだもんねぇ。じゃあもうちょっと練習しろと…って、全然練習しなかった私が言っても説得力ゼロなんだけど、実は(笑)。

でも、なんか、発表会で他のお兄さんお姉さんの演奏を聞いて、新たな目標が出来たらしいよ、一応。息子は、いつか久石譲の「Summer」を弾く(これは実は夫が楽譜まで買い込んだ曲。最近全然練習してないけど。)、娘は「JAZZ弾きたい」。
…夢のためには地道な練習が必要です。と、大人になれば分かるんだけど、子どもに本当に理解させるのって、土台無理なのかも。