La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

福井へ行ってきました。

日曜から、2泊3日で福井県へ。といっても、海までは行かず。

そもそも、なぜに福井かといえば、今年の夏は、夫が休みを取れないかも…という恐れがあって、「最悪の場合、自分ひとりで運転して行って、1泊2日なり2泊3日なり、子ども二人を一人で面倒見ても疲れない距離にしよう」という思いがあったのですね、私に。
まぁ、結果としては、夫も無事、休みを取ることが出来、全員で2泊3日で出かけることができました。

初日は、親の我々が思いっきり朝寝坊したので(ははは、ちなみに子ども達は先に起きて支度をしていた)いつもながらの、のんびりの出発に。まぁ、そもそも、九頭竜あたりでお昼かな、とは、前から思っていたのだけれど、高速で白鳥まで行って、無料の油坂の道路(正式名称はなんていうんだ?)通って、やっぱり九頭竜に着いたのがちょうどお昼頃。ちょっと車停めて九頭竜湖を眺めて、それから、旧和泉村の方へだいぶ降りていって、道の駅九頭竜でお昼に。かなり混んでたけど、まぁ、麺類の店しかないので回転早いだろ、と待っていたら、ほどなく空いてきました。ここには動いて吼える恐竜があるので、息子なんかそれ見てるだけで満足だし(笑)。
蕎麦は、すっごく少なかったのですが、3日目に他の店でも越前おろし蕎麦を食べて、どうもこれが標準量らしい、と悟りました。ついでに、なんか、浅い鉢に載ってそばが出てきて、「丼洗うのが追いつかないのかしら」と不謹慎なことを考えたのですが、3日目の店でも同じような皿で出てきて、どうもこれが「仕様です」なのですね。道の駅ではお餅も買ったので、それも食べてお腹はまぁ膨れました。

その後、六呂師高原というところまで行って、ホンの少し散策。湿原があるというので歩きに行ったら、駐車場からすぐで、「これが?これでおしまい?」みたいな感じでした。
で、一部では有名らしい勝山城(勝山市出身で事業で成功した人が建てたどでかい城。すぐ傍に、同じ人が作った、奈良の大仏より大きな「越前大仏」もある。)の駐車場で、有名なソフトクリームを食べました。あっという間に融けてくるソフト。ひっきりなしに人が来てましたよ。

宿は、まだ新しいログハウスを借りました。最初の夜は、外でバーベキュー。でも、あまり肉を食わない女組のために、買い込んだ肉が残った…。この時点で2日とも夜は自炊と決定。

翌日、朝、子どもたちがおにぎりを握り、お茶を作って、恐竜博物館へ。見ごたえのある、大きな博物館でしたが、子どもがちょろちょろするんで母は落ち着いて見られず・・・。まぁ、まだちょっとこどもには難しいんでしょうな、実際のところ。「恐竜映画を上映します」というアナウンスで、館内の映画館に行ってみたが、恐竜とは何の関係もない映画で、ありゃりゃ。お昼になったので外へ、ってことで、まぁざっとは館内見たけど、ミュージアムショップに寄れなかった、残念!

福井県立である恐竜博物館の周囲は、勝山市営の恐竜の森公園で、ここで恐竜発掘体験が出来る、というので、あらかじめネットで申し込んでおきました。なんか、参加の注意書きに「貴重な化石が出た場合は博物館に寄贈していただきます」といった文言があって、「逆に、そんな貴重なものが出るかもしれないって、そんなすごい土地を掘るの?」と不思議でしたが、行ってみて分かりました。勝山市内の、恐竜が発掘されている地層で、県の第三次発掘調査と言うのが行われているそうなのですが、どうも、そこで発掘をした時の周囲の石を運んできているのですね。石というか、石の破片。で、「発掘」というか、体験するのは「石割」です。石を探して、それを割ってみて、化石を探すのです。
参加できるのは子どもで、一応、大人がサポートに入れるのですが、実際のところ、大人が割ってやらないと、そう上手くはいきません。あとは、大人が鏨を支えてて、子どもがハンマー振るうとか。けっこう、怪我も多いそうで、「リバテープぐらいあるので言ってください」と説明の方がおっしゃってました。おお、福井県はリバテープ文化圏!?、と、一人感動?する私。(夜、夫に言ってみたら、夫はこの部分を聞いていなかったらしい。で、やはり「リバテープって何」と言ってました。ちなみに、私たちの住む地域は「バンドエイド」です。)

それはともかく、化石発掘、割る作業は夫大活躍、でしたが、「植物の化石」だったら次々出るんですよ。で、そういうのは、一つなら持ち帰ってもいい。かなり化石らしく「おお、こりゃ化石だねぇ」と分かる植物化石が出たので、喜んでもらって帰ってきました。博物館に寄贈するほどの化石は、えー、夏休みの間は一日100人ぐらい掘ってて、年に10数人は出るみたいです。

この公園は、ものすごく広くて遊具なんかも色々あって、子ども達はなかなか帰ろうとしませんでしたが、こっちは暑かった~。ほとんど一日遊んで、宿へ帰って、近くをちょっとだけ散策。夜は、ログハウスのミニキッチンで、残った食材を調理。IH一口コンロしかないのでけっこう大変でしたが。
あと、ログハウスはワンルームなので、子どもが寝ちゃうと、部屋を暗くしておくしかなく、大人も早寝するしかない。で、ぐっすり眠れるかと言えば、最初の晩、セミダブルのベッドに娘と一緒に寝ていた息子が「どすん!」とベッドから落ち、慌てて私のベッドをくっつけたので、夜中、子どもに蹴飛ばされまくった。2日目は、娘が「私は蹴飛ばさないから」と私の隣に寝たが、いや、お前もがんがんあたしを蹴飛ばしたよ(笑)。

最後の朝も、残った食材を必死に食べて、で、越前大野の観光。ちょっとだけ勝山城が見たかったらしい(まぁ、でっかい城で、平地にどーんとあるので、とにかく目立つ)息子に「本物のお城へ行こう」と行って、登ってきました。まぁこれも、再建されたお城ですが。市内の清水とか巡って、おそば食べて、もっと早く帰ってくるつもりが、けっこう遅くなってしまいました。ついでのことに夕飯は外食。ま、宿泊中自炊だったんだからいっかー、みたいな。

さて、次はいよいよ、朝6時過ぎ出発の、義理一族(だってこないだ、うちのお姑さん、七夕の短冊に「一族がみんな健康でありますように」って書いてたんだよ。いつ「一族」なんて名乗りになった?と吃驚した私…)総勢11人のバスツアー、でございます…。息子の宿題(工作)、終わるのかよ~!
[PR]
by mmemiya | 2010-08-24 21:59 | Voyage | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/14461609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nori at 2010-08-25 17:33 x
あら、もしかしてバスツアーって今週末?
うちも今週末バスツアーに初参加です。同じツアーだったりして(笑)
過去の記事をみて、一日目の昼食のためにパンとか準備していったほうがいいかなとか、2日目は夜着なので、どこかで食べるものを買っておいたほうがいいのかなとか参考にさせてもらってます。
他にもバスツアーのアドバイスがあればよろしくです。
ではでは、お互い楽しんできましょう~。
Commented by mmemiya at 2010-08-26 21:52
はい、今週末っていうか、明日からです。
一日目の昼食ねぇ…。ドライブインとか、お昼できるところに停まると思うよ、普通。(夫実家は倹約型家族だから、お弁当を持っていく以外の選択肢はないんだけど。去年なんか、もろドライブインで、弁当広げるスペースなんかなくって、別な意味で大変だった…)
2日目は、夕食の弁当予約が出来る、というツアーもあったなぁ。1日目のバスの中で予約を取るのよ。ただそれが、あまりに小振りなお弁当で悲しかったけど…。
まだまだ暑いので、水分補給は忘れずに(バスの中においていく大きなかばんじゃなくて、手荷物にちゃんとペットボトルぐらい入るスペースを)とかぐらいでしょうか、アドバイスって。
ではでは。どこへ行くか知らないけど、いいお天気だといいね。
Commented by at 2010-08-29 12:11 x
最後の一族に噴出しました(笑)
でも今頃は一族の旅で盛り上がっておられる頃かも・・・。
でもなんで義理の家は子供の配偶者(妻)もかってに括るのだろうか。
自分の実家ではそこまで囲い込みはしないというか遠慮するけれど。
だから夫婦別姓になったらいいのにな!などと余計なことを考えます(笑)


あーそうそう!福井県立恐竜博物館。興味あります~~。
面白そうですねぇ。
うちもGWに発掘体験をしたんですが
どこに?何が?って感じでした・・・(´Д`)

そしてリバテープ。
両親は石川県の出身、ワタシは富山県在住経験で
北陸地方には縁がありますが
初めて聞きました。

リバテープ・・・リバテープ・・・。
Commented by mmemiya at 2010-08-31 22:23
夏様

うわあ、コメントありがとうございます。でも、眠れるときは寝てくださいね!
ねぇ、一族って、「犬神家の一族」みたいですよねぇ?(笑)。名字が一緒だと、やっぱ括りたくなるんでしょーか。

福井県立恐竜博物館は、もう少し子どもが大きくなって、じっくり展示を見られるようになったら、もう一度行きたいです。発掘体験は(も?)大人の方が夢中になりましたよ。行くまで、そんなに化石が出るとは思ってなかったので、化石持って帰れたのは嬉しかったです。

リバテープ、っていうのは、九州(熊本)で主に使われるようです。絆創膏をなんと呼ぶか、という各種調査でも、福井でのメインの言い方はリバテープじゃないようです。でも、ネット検索で「福井+リバテープ」で検索すると、福井でリバテープを使う人は確かにいるようで…商品名の分布って面白いですよね。