La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

人はみな、いつかは、とは言うものの

至極、当たり前のことですが、人はみな、いずれ死んでいく存在です。

8月というのは、広島、長崎原爆の日、終戦記念日など、色々と、生と死について、考えさせられる日が多い気がします。いや、本当は、いつだって考えるべき問題なんでしょうけれど。
この夏は、もうあの事故からそんなに経ったのか、と思いつつ、今さらながらに日航機123便についての本などを読んだりもしました。そして、ぼんやりと考えていました。

突然の事故で、不意に命を絶たれたら、死んでゆく当人は無論のこと、残された人たちも、みな、心残りなことばかりなのは当然のことでしょう。
しかし、遅かれ早かれ、いつか、我々は誰しもが死ぬ存在です。そんなこと、理屈では誰だって分かっている筈だけれど、じゃあ、本当に「もう、今死んでも、悔いは特にない」なんて思える瞬間が、来ることって、あるのでしょうか。あるいは、家族の死を、死の直後から、「これが寿命だったんだね」と淡々と受け止めることが出来る、ということはあるのでしょうか。

いつかは、と分かってはいても、日常、「明日死ぬかも」なんてことを毎日考えていたら、生活は中々まわっていきません。まして、平均寿命の数字もまだ遠いもの、と思う年頃ならば、どっちかといえば「縁起でもない、考えたくもない」という事柄かもしれません。
それでも、この平凡な日々の積み重ねの先に待つものが「死」である以上、では、その平凡な毎日をどう送っていれば、自分の死と正面から向き合えるようになるのでしょう。

一昨日、急に、父が入院しました。(定期通院している検査に、自分で車運転して行って、その場で入院になっちゃったので、車を家に戻すとかが面倒なことに。)今回の入院自体は、おそらく1ヶ月程度で済むらしいのですが、同時に、おそらくガンである、それも、数箇所に転移している、という可能性が高くなってきました。
まぁ、今は色々結果待ちですが、本人もけっこう気弱になって「もう駄目かもしれん」と言ってみたり、「まだ後、5,6年は生きたい」と言ってみたりしているようです。
72歳(注:父の現在の年齢)と77歳では、当人にとってどこがどう違うのでしょうね。あるいは、別の言い方をすれば、あと5,6年でやりたいことはなんなのでしょうかねぇ。
[PR]
by mmemiya | 2010-09-09 21:42 | 日々雑感