La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

悲しみに浸る時間って、ホント、ないんですねぇ。

お悔やみのコメントを下さった方、通夜・葬儀に参列くださった方、本当に、ありがとうございます。

父の容態が危なくなってきてから、あるいは「これはもう駄目だ」と覚悟した時から、あれやこれやと忙しくなることだけは、充分、予想できていました。
急に仕事休む段取りも要る。葬儀の諸々を決めなきゃいかん。どこかの寺の檀家でもない。世帯主が亡くなれば、ホントあちこちに届け出だの変更だの…。
とはいえ、漠然と、あれがあってこれがあって、後、何を決めなきゃいけないの…?という程度でしたが。

母は、この何年かの間に、自分の父と母を送ったので、多少はこういうことに慣れているだろう、と思ってましたが、そんでも、親と夫じゃ違うし…。

最期には、間に合うことはできました。計器の数値がどんどん下がっていって、とうとう全部ゼロになって、次第に指先から冷たくなっていっても、医師が来るまでは「ご臨終です」にはならない、というのは、知識として分かってはいても、なんとも言えない時間でした。看護師さんと家族で、10分ぐらい、医師を待ったでしょうか。日曜日でしたから。

それから、しばらく病室を出されて、死後の処置が行われる間に、病院にあった電話帳で、葬儀屋を探す。日曜のことで、主治医が来るまで1時間半ぐらいかかるので、病院を出られるのは2時間後ぐらい、という話で、それまでに葬儀屋を決めて、自宅まで遺体を運ぶ手配をしてもらうわけです。妹が先に帰宅して、父を寝かせる布団を敷いたりの準備。
葬儀屋をどこにするかはすんなり決まりましたが、いざ、自宅へ着いてみると、運転手さん一人じゃ父を運び込めない、男手はないか、と言われやや困惑。この頃、私の夫は、うちの子ども達を寝かしつけていました。義理の姉から、預かってもいい、という申し出もあったのですが、子どもたちが眠れないと困るので、翌朝までは何も伝えない、と夫と決めたので、いつもどおりで、ただ、私がちょっとまだ病院から帰らない、という設定で子どもは就寝。

結局、父は、運転手さんと、その後に駆けつけた葬儀屋の事務の方、妹、私で運ぶことができました。

父は、かねがね、散骨にしてくれだの、骨は川に流してくれだのいい、墓も要らない、という主張でしたので、家族葬、ということも母は考えたようですが、まぁ、その後、バラバラと弔問客を相手にするよりは、世間並みにやっておこう、という結論になりました。結果として、既に仕事は退いていましたが、通夜には100人余り、葬儀には200人ほどの方が来てくださったので、やはり、やっておいて良かったのでは、と思います。

近所の方々が本当に色々手伝ってくださって、ありがたいことでした。私など、もう10年以上お目にかかってない小父さん小母さんたちですが、子どもの頃からのお付き合いなので、ちゃんと顔と名前はお互い分かっている、というのは、こううときにはやっぱり心強いものです。22時近いというのに、皆さんが続々と集まってくださいました。

この段階で、頼むお寺は一応決まり、翌朝までに家紋とかをはっきりさせておけ、とのこと。え、家紋って言われても…という家なので(というか、母なんか、宗派も「禅宗だけじゃダメなんだよね」というレベル。「確か曹洞宗だって」と言ってたのは娘二人。)父の亡長兄の長男に電話して家紋などを確認。(そして本家の長男も、即答できない家紋。庶民ですから…。)

もう夜遅かったので、この段階では、連絡は親族のみ。信州の父方の親族のために、ホテル手配。ホテル側の対応が非常にスムーズで、これは簡単にすみました。

翌朝一番で枕経に来ていただき、葬儀社の人が来て、祭壇をどれにするの、通夜や香典のお返しはいくらのをいくつの、供花や供物をどうするのこうするの…。この数がねぇ、悩みどころなんですが、ま、返品可、っつーことで、多めに見込むに越したことはないようです。(結果的に、通夜は80ぐらい、香典返しは200ぐらい返品した。)

並行して、関係方面への連絡。これも、悩むところです。いやね、故人の知人はいいの。最後のお別れにきてやってください、と申し上げられるのですが、自分の知人はねぇ…。連絡=来いと言ってるみたいじゃないですか。でも、まぁ私自身の場合は、ほとんど、知らせる先が職場内だけなので、悩んで、古い友人ひとりだけ、連絡しました。

どたばたの話はまだまだこれからが本番なのですが、とりあえず、今日現在、あと行かなきゃならないのは法務局かな…。市役所関係は全て終わり、公共料金の連絡も済み、年金事務所と税務署と各金融機関からは様式は貰ってきました。
あとは、本人が最後まで信州に本籍を置いておきたがったので、まだ死亡届が届いていないらしい。死亡の証明が取れるのが最短であと一週間先とか。そんでもって、一部金融機関と、法務局(相続登記)からは、当人の出生から死亡までの一連の戸籍を求められているのですが、信州に電話で確認したところ、現本籍地にある戸籍は3つ、でもって「お電話なので細かいことは申し上げられませんが、当市だけではないです」と言われちゃったので、信州から戸籍が届いたら、また別のを取り寄せないと(多分、新潟から)いけない…。はああ。
[PR]
by mmemiya | 2010-09-30 22:52 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/14700871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。