La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

ピアノコンクール、終了・・・

疲れた・・・。

とりあえず、感想はそれしかないかも。

なにしろ、朝の9時30分に家を出て、帰宅したの、夜8時30分ですぜ。
予定では、息子の出る午後の部は、6時30分から講評&結果発表だった筈なのですが、もんのすごい遅れまくって・・・大変でした。

娘の出る方の、小さい子のコースは、先生との連弾の子が9時45分から、ソロの子は10時45分から、で、講評・表彰式が12時15分(予定)とあったのですが、こっちが、どうかな、20分ぐらい遅くなったでしょうか。

で、どこか近くでご飯食べて、近場の公園でも行って、などと思っていたのだけれど、終わったときが1時近かったこともあり、会場内のレストランで食事。この時点で2時ぐらいだっけ。
駐車料金が、3時間までは安いんだけど、そこから急に高くなるシステムなので、いったん車を出して、でも、結局、息子の受付は3時40分だから、時間も半端だし、そんなに遠くへ行ってもなぁ、と、結局、すぐに戻って、会場のそばにある運動公園を散歩。子どもの遊具があるスペースが、工事で使えなくなってて残念。なぜか、うちの子等、弓道場で高校生の弓道に見入っていました。

で、会場へ戻ってみたら、1時45分開始の大きい子コースの連弾の部が遅れまくっていて、受付3時40分とあったけど、受付始まったのが既に4時過ぎ、スタート4時の筈が、始まったのは5時直前(!)。
息子の次の次の子が終わったところで5分休憩が入り、出演者席の入れ替えもあったので、この時点で6時近かったし(予定の40分遅れぐらいになってたかな)、帰りに食べるつもりだった夕食を、先に食べに行くことにしました。
会場近くで食事して、7時ちょっと前に戻って、実際に講評が始まったのが…7時10分ぐらいだっけ。

まぁ、予想通り、うちの子たちはなんの賞にもひっかかりはしませんでしたが、とりあえず、大崩れはなく(息子はこれまでで一番良かった、と、先生に言われたぐらいで、本人も「自分のベスト」と言っていた)、まぁなんとか、「なんでこんな子がコンクールに出てるわけ?」というほど場違いではなかったんじゃないか・・・と、親としては思っています。

でも、上手い子はほんとに上手でね、聞いてるの自体はなかなか楽しかったです。正直言って「なんだこれ、練習してきたの?」みたいな子も混じっている発表会とは、やっぱレベルが違いました。
素人にも「お、この子はうまいなぁ」と分かる子は、やっぱりちゃんと賞に入ってて、こんなに小さくても(小3までのコンクールなので)ちゃんと自分の世界を作ってるなぁ、と、感心させられました。
娘の方は小1まで、息子の方は小3までのコースだったわけですが、小3までのほうでも、上位の子って小1とかそれぐらいらしい(演奏順が年齢順だったので、息子の出場位置からの予測。)のがちょっと驚き。でももしかして、小3あたりの上手な子は、もう一つ上の年齢向けのコンクールに行っちゃうのかも?

まぁ、とりあえず、親の心境としては、まぁ来年は勘弁してくれ、なのですが、子ども達は内心、一番下の賞ぐらいならもらえるかも、とか自惚れてたらしく(笑)、娘はちょっと悔し泣きするし、息子も「(ステージに)呼ばれるかも」とか言ってたし(他の子の演奏も聴いていた親としては「ありえねー」って感じだったのですが)、来年も出るとか言われたらどうしましょう。
来年は、今年と出場資格が同じだとしたら、うちの娘は多分、どっちのコースでも出場可能になるので(多分、近いうちにグレード13級は取れるはず…)、ま、せめて、来年は二人ともおんなじコースで出てくれ、と言いたい・・・。
[PR]
by mmemiya | 2010-12-23 22:49 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/15209468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。