La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

「原作」って…

息子の強い要望により(夏のポケモン映画は諦めるんだと)、仮面ライダーの映画を見てまいりました。

タイトルは余りにも長ったらしすぎて、書く気にもなれん。
よってコピペにて。

「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)」

・・・なんじゃこりゃ。

3つのパートからなってまして、最初がダブルの話(っつーかスカルの話だよ、こりゃ)、次がオーズの話で、バラバラなのかと思いきや、最後に両者が出て、協力して仮面ライダーコアってのを倒す、という話。

わたくし、「さいくろん」「じょーかー」(前作仮面ライダーWの変身時の掛け声?みたいなもん)は、1回か2回はテレビで見まして、後は、テレビ絵本&Wikipediaで大体の設定は知っておるんですが、「たっとっば!たとばたとば」(現行仮面ライダー オーズの変身時の以下略)の方は、まーったく知りませんでしたので、見ててもイマイチ話が飲み込めず、帰ってきてネットで復習して、やっと大体の設定が分かった。

Wの方、サイクロンジョーカーがエクストリームとかになっただけで、他のバージョン出たっけ?と息子に言ったら、「ヒートジョーカーとヒートメタルがあった」とのこと。Wikipedia様にもそう書いてあるのでそーなんですね。どーも出てくる仮面ライダーが一種類じゃないんだけど(変身のためのパーツを入れ替えると仮面ライダーのバージョンが変わるんですな。恐らくは、おもちゃをたくさん買わせたいおもちゃ屋さんの都合で。)ぼーっと見てるとそんなこと全然分からん。(いや、Wの場合、体の色が変わるので、ちゃんと見てりゃ分かる筈なのだが。)
オーズの方は、メダルを3枚、腰のベルトに装着すると変身するものらしい。「タトバ」というのは、「タカ」「トラ」「バッタ」のメダルで変身する基本コンボ、だそうな。Wは左半身と右半身があれこれ変わるだけだったけど(しかも、二人の人間でひとりのライダーになる、という設定が一応あったので、体半分ずつ色が違う理由にもなってはいた。)今度は一人で3種類かよ。

映画を見る前に、息子が「どる、って言葉のつく鳥って何?」と聞くので「コンドル」と即答した私だが、「ジャのつく鳥って?」には全然答えられなかった。結局、「タカ」「コンドル」「ク<ジャ>ク」の三枚のメダルで変身する「タジャドルコンボ」が、この映画での初お披露目バージョンだそうで。なんというか、ついていけません。

そんでもって、基本、話が難しすぎて(いやー、ダブルのフィリップ君がらみの親子きょうだい愛憎話は今回、一切出てこないんだけど)娘は多分、ほとんど理解できなかったと思う。(実際、突然時間が過去に遡ってることが理解できていなかった、と、後でわかった。)息子だってどこまで分かったやら。映画館にいたのは、4歳前後の男の子&お父さん、の組み合わせが多かったのだが、こんなん、子ども、絶対分かってねーよ!と叫びたくなるような複雑な話である。オーズの方なんか、織田信長と明智光秀ってのが何か知らないとワケ分からんのでは。(知ってたって、織田信長のミイラが発見されるなんて設定、なんだよそれ、ではあるんだけどね。あと、私、武将の家紋を全然知らないので、ノブナガが、殺しては家紋にバツをつけていた相手がそれぞれ誰なのか、さっぱり分かんない。)

それでも、最後に、亜樹子(って字だっけ)が、まぼろしの?スカルに腕を取られてバージンロードを歩くシーンで、なぜか涙がこぼれる私。生まれつき緩すぎるこの涙腺(どんだけ馬鹿馬鹿しいと思っていても勝手に泣ける)、ホントなんとかしたい。

それにつけても驚いたのは、今の仮面ライダーも、「原作 石ノ森章太郎」なんですね。ダブルだのオーズだのに、改造人間の悲哀みたいなものは微塵も感じられないが。(っていうかあれ、ライダーベルト着けてるだけの人間と違うの??むしろ、敵の方がみんな、可哀想な改造人間なのでは・・・)
意味もなく若いにーちゃん二人がぱんついっちょになってみたり、変身前のライダー達がみんな美形らしかったり(「らしい」というのは、どういうのが「美形」なのか、私にはあんまり分かんないからです)するのは、おかーさま方へのさーびすなのでしょうか。若い男は全部おんなじように見えるゆえ、ダブルの変身前の二人を演じてるのが一人だと思ってたり、今回新登場の仮面ライダーバースの変身前が2部と3部では別人だったと気づかなかった私には意味のないさーびすですが。

あと、次の映画は仮面ライダー40周年記念だそうで、私、仮面ライダーと同い年なのね。知らなかったわ。「かめーんらいだー、かめーんらいだー、らいだー らいだー」という部分しか歌えないんだけど。

話全く変わって、本日帰宅途中、頼まれていた金魚の餌やりのため、夫の実家に立ち寄ったところ、義母宛の不在配達票を二つも発見。イマドキ、郵便局も宅配も、本人確認書類がないと、代わりに受け取りに行くこともできないんだが、10日も留守にしてる間に、荷物、差し戻されちゃうよ。どーします。かといって、明日から掃除で忙しいので、いつ来るかわからない配達のために、あちらの家で留守番してるわけにもいかん。

さて、父の百か日法要と納骨も、無事済ませました。思えば、今年の正月の頃には予想もしなかったような一年となりましたが(来年の春、父のふるさとの7年に一度の祭りを見に行くつもりだったのにね、そういえば。)、来年はいったい、どんな年になりますのやら。
[PR]
by mmemiya | 2010-12-28 23:56 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/15238334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。