La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

便利さと恐ろしさと。

関東大震災の際の悲劇を引き起こしたデマは余りにも名高いが、携帯のメール、Twitterといった手段のある今は、ネット上を、あるいは携帯間を、あっという間に未確認情報が広まるのだな、と再認識。

孤立した場所から、携帯のお陰で救助して欲しい、という声を届けることができた、ということもあるだろう。これらの手段に感謝すべき場面もある一方で、恐らくは善意に支えられた誤報が広がるのもあっという間だ。

今日の地元新聞には「県庁では救援物資を受け付けていない。問い合わせが業務の支障になることもある」という趣旨の記事が掲載されていた。多分、阪神淡路大震災の時には、こんな風に誤情報が広まるなんて、考えられなかった。

茨城県庁のホームページに、「茨城県は3月11日、自衛隊に災害派遣要請をしております。ご心配ありがとうございます」といった記載があるのを見つけた。防衛省のホームページにミスがあり、一時的に茨城県のことが抜けていたらしい。

Twitterを「茨城 災害派遣」で検索してみると、今これを書いている数分前にも、「もう誰でも良いです。お願いです。茨城県知事に災害派遣要請の手続きをとるよう訴えて下さい。」という書き込みが続いているのが分かる。膨大なTwitterのつぶやきの中の、ほんの一部ではあるのだろうが、こんな調子では、多分、茨城県庁には、災害派遣要請をするべき、という電話が続いていくのだろう。
被災地の一つである茨城を思っての行動が、本来の業務を妨げるかもしれないという本末転倒。出発点が善意であると思われるだけに、なんともいえない気分になる。

全ての被災地に、一刻も早く、必要な物資が行き渡りますように。一人でも多くの方が救助されますように。みな、きっと、同じことを祈っている筈。
[PR]
by mmemiya | 2011-03-14 23:44 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/15661698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。