La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

入学式・始業式

無事に娘の入学式終了。

裏門に桜の木はあったけど、裏門でねぇ…とか考えているうち、またも(息子のときもそうだったのだ)入学式の写真を撮りそびれた。ま、第一、ランドセルも背負ってないしな。(一応、カメラは持っていったんだけど。)
この週末にでもランドセル背負わせて写真撮るかな、と思ってたけど、思っただけでやらずじまい。ははは。

なんと、娘の担任は、息子の1年生のときの担任で、ついでに義父の昔の教え子でうちの旦那の大学の同級生、という先生にまたも!あたってしまった。(あー、あと、先生の旦那さんが私の中学の同級生だ。)息子の時に散々お世話をかけたので、ちょーっとやらしいんですが、先生としては非常に信頼している方なので、そういう意味ではありがたい。
でもねー、上のお子さんが小2、下のお子さんはまだ幼稚園、でありながら、いっつも遅くまで残っていらっしゃる姿を見ると、同じ働く母として、色々と複雑な気持ちにもなります。うーん。

式の後、教室に戻って、「さっき、校長先生が一度だけ、先生の名前を言いました。なんだったでしょう」と言われ、手を挙げて、「はい!○○××せんせいです!」と先生のフルネームを叫んだ我が娘。夜になって、同じクラスの子のお母さんから、すごいね、とメールが来たけど、覚えたんじゃなく、知ってただけですから。

実は式の前々日にも先生とは顔を合わせていて、先生の方はその時から知ってたんだねぇ、思えば。
そぶりも見せなかったけど。(当然か。)
入学式の日は、息子も始業式だったんだけど、3日前になって「宿題の紙がない」などと言い出した。春休みに宿題って?と首を捻ったところ、「たからもの発表の紙だよ!」と怒られる。なんのことやらさっぱり分からんが、式の前日に(2年の時の)担任に見せなきゃならんというので、その翌日、学童へ迎えに行ってから職員室を覗いたところ、担任の先生は不在だったが、同じ2年生を担任する○○先生がいらっしゃったのだった。先生に聞くと、息子は始業式で、学年を代表して新年度の抱負を述べねばならんらしい。内容は決まってるの?と聞かれた息子、「怒った言葉を使わないことと、忘れ物を1つにするということだって、▲▲先生と話してある」だと。忘れ物をしない、って抱負で、それ書く紙をなくしちゃいかんだろー!(ちなみにその紙は、私が別のもの探してたら、始業式の夜に出てきました。やれやれ。)ちなみに息子が代表してしゃべることに決まった理由は、息子によれば「学童に来ているので先生と打ち合わせしやすいから」だそうな。なるほど。

で、先に始業式が終わり、続いて入学式で、クラス発表を見て、受付を済ませて、親だけ体育館に移動したとき、○○先生と目が合って会釈したら、わざわざ立ってらして「お母さん!Kくん、すごく上手に発表してましたよ~!」と言われたりもしてたので、その後の式の中で、「担任は○○先生です」と発表されたときは、思わず「え!」と声が出てしまいましたよ。
娘は勿論、知っている先生(学童に兄ちゃんを迎えに行った後、よく、職員室へ忘れ物を取りに行くのについてきてたので顔なじみなのだ…)なのでご機嫌である。


今日、行きつけの魚屋にいって、魚を捌いてもらいながら雑談していたところ、東北の魚がないか、と聞いてくるお客さんがちょくちょくあるそうだ。(一方で、何の関係もない地元産のほうれん草が、ほうれん草というだけで売り上げが落ちたりもしてたらしいが。)
「でも、キロ30円とかね、かわいそうな値段しかついてなくて、そのうち市場で見なくなった」との魚屋の談。輸送費だって馬鹿にならないだろうからなぁ…。
米が切れたので買い出しに行った。その店では、東北のお米は宮城のお米しか売ってなかったので、それを買って帰ってきた。
魚屋でまるごとのあんこうを買ったら、そうとう立派な肝がついてきたので、酒蒸しにして、久々に家で晩酌した。暮れに買った酒が残っていたので、これは石川の酒なんだけど、次は東北のお酒を探そう。昔、仙台で飲んだ一の蔵の美味しさは、忘れがたいものがあった。

もう、明日は、4月11日だ。

ハナサケニッポン

ハナサケ!ニッポン!とは?
〜東北の食と酒を、みんなで〜
[PR]
by mmemiya | 2011-04-10 20:22 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/15792252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。