La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

季節が変わるたびごと

…といえば山口百恵ですが(って、これ、何の歌の歌いだしだっけ)、このところ通勤途中にキャンディーズ・ゴールデン・ベスト、なんてのを聞いてます。

ミキちゃんの「私たちは永遠にキャンディーズだからね」の台詞に、眼科のテレビ見ながらもらい泣きしていた私、思わず衝動的にそんなCDを買っちゃったわけですが、このCDを聞きながら発見したことがあります。

タイトル見て、知らない歌だとばかり思っていた歌が、流れ出したら自然と歌えている…!というのが、これまで聞いた中で2曲もあった。もちろん、歌詞カード見ずにフルコーラス歌う自信のある歌は元々たくさんあったわけですが(2番は無理で1番しか歌えない、って歌もあるけどね)思い出そうと無理するわけでもなく、自然にCDにあわせて歌いながら、私、この曲、知ってるんだ、と驚くってのは、なかなか妙な感覚です。

いやー、前にYoutubeで「危い土曜日」見たときにも、あれ、これ、歌えるじゃん、って驚いたことがあったのですが、今回、新たに、記憶に残っていることが分かったのは「ハート泥棒」と「恋のあやつり人形」でした。どっちも2番の歌詞は怪しかったけど。それにしたって、これを覚えたの、何年前なんだ。わざわざ大きくなってからキャンディーズの歌を覚えなおしたということはないんで(山口百恵は成人してからCDで新しく覚えた曲がけっこうある)、30年以上前の記憶だ。そして、自分では記憶していることも忘れていた、という。

こんなん(というのはなんだけど)で脳みそ占拠されてたから、後になって、モル計算だの微分積分だの、自分としては一生懸命覚えようとしていたのに、ちっとも頭に入らなかったんだな(←違う。)
まぁあの頃は、親が音楽なんて聞かないから、洋楽だのなんだのの存在も知らず、キャンディーズ・ベスト、みたいなカセットばっかり、そうとう繰り返し聞いてたんだろうなぁ、私。(「恋のあやつり人形」はシングルカットされていない、B面曲ですらない曲なので、そのカセットで聞いてたのは間違いないところだと思う。)40歳になった今頃驚くのは、そこここに「作曲:吉田拓郎」って書いてあったりすることだったりしますが。

ところで、季節が変わるたびに、毎回言ってるような気がしますが、着る物がないなぁ…。特に今回は、配置換えで、これまでの、ジャージ姿の人に囲まれた環境から一変したこともあり、近年になく切実に思う。
しかし、長い間、ユニクロかイオンの婦人服売り場でしか服を買わない生活だったもので、通販でそれらしい服を見ても「高い!高すぎる!なんでカットソー1枚で1万円札がほとんど飛んでいくんだ」と衝撃を受けて、おいそれとそれなりのものを買おうという気も起こらず、なんかこう、歳を弁えない格好になってしまっているような気も…。安物買いの銭失い、って言葉を、知らないわけじゃないんですがねぇ。(この間買ったカットソーが、安かったとはいえ、着てみたらやたらに太って見えてショック…。太ってる…訳ではないと思うんだけど…でも、部分的には太ってるか…。背中の肉がブラからはみ出る日も近いような気がするしな…。やっぱ運動しないと、って口先ばっか…。)

そういえば、ワコールのサイト見てたら、「胸が小さく見えるブラ」と「胸が大きく見えるブラ」というのが並んでて、なんか笑いました。ワコール的にはどこからが「胸が大きい」になるのか見てみたところ、「小さく見えるブラ」は、Dカップからでした。ま、ねぇ…バストのせいで太って見えるってことも、世の中、あるんだろうかねぇ。しかしそれよりも、服のデザインに左右されるところの方が大きい気もするんだけど、じゃあ、どんなデザインが太って見え、どんなんだったら着やせして見えるのか、ってのは、40年生きててもはっきりとは分かんない。困ったものです。
[PR]
by mmemiya | 2011-05-12 22:44 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/15960903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。