La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

発表会終わり…

今年もピアノの発表会が終わりました。

まー、このところ、仕事が忙しかったのもあって、「練習しなさい」と言う以上のことは何も出来ず(って、もともとそう何もやってないけど)特に、上の子、ひどい出来。

娘の方は、ストリーボックの「金の星」でしたが、ちらっとミスはあったものの、まぁなんとか弾けたか、というレベル。(ただし、最初から装飾音を省いて取り組んで、最後までそのままでした。)

例年のごとく、練習不足だなー、という子も(うちの息子含めて…)けっこう多いし、小3ぐらいまでの子がほとんどなんで、そんなに聞き応えのある曲は多くないんですが、今回は、ホント、息子の引き際、というか、やめさせ際をしみじみ考えさせられました。

実際のところ、多分、弾く能力自体は娘より息子の方が上だと思うのだけど(これは夫も同意見)娘はそれなりに練習するので、まぁなんとか聞けるレベルには仕上がる、というタイプ。対して息子は、ピアノやめろと何回言っても「やめたくない」という癖に、言われなきゃ練習しない。学童で宿題やってこなくて、家で練習時間が全然取れない日も度々。習い始めた最初の頃はともかく、もうそろそろ、指が回ってないのが明らかになってきた。

発表会を見ててしみじみ思うのは、やっぱ、ピアノで弾く意味があるのはポピュラーソングじゃないなー、ってこと。
毎回、歌謡曲を弾く子とか、ディズニーの曲を弾く子とかいるけれど、ピアノじゃない楽器で弾いた方がいいんじゃないの?って思えちゃうんだよね。最初からピアノ用に作曲された曲(別に、いわゆるクラシックだけじゃなくって現代曲も含む)を聞いた後では、なーんかつまらないなー、と思える。ただ、正直、こういう曲って、<年数だけは多少続けているが、年齢相応のクラシックを弾くのはちょっと出来ない…>っていう層の受け皿になってるんだろうな、と思ってしまうわけよ。

うちの息子も、来年の発表会には小4である。今回も、プログラム貰ったときに、息子の次の子が弾くのがチューリップのラインダンス、と知って、げ、そんなレベル差が際立つプログラム順…と思ったのだが、かといって、もう、幼児に混ぜてもらう年でもないわけで。来年一体、あの子はどの程度の曲が弾けるっていうのか。ギロックとかで、なんとか、そこそこ聞き映えして、かつ弾ける曲があるのかなー、ってな感じですか。申し訳ないけど、私としては発表会にポピュラーソングを持ってくるのは勘弁だわ。それなら、ピアノで弾くなんちゃら、なんて楽譜はいくらでも売ってることだし、それなりのお値段の月謝を払うのなどやめて、独学で弾いてくれればいい、と思う。(というか、本人にはもう何度も、習いに行くのを止めろ、別に家で勝手に好きな曲を弾く分には構わないんだから、と言ってるんですがね…。)

娘は、多分、けっしてピアノの上手な子ってことにはならないと思うのですが、練習し続けるなら、そんで、弾くのが好きなのならば、特に止めさせる理由はないだろう、と思われます。あと一年で、人形の夢と目覚めを弾ける位のところまでいかないかなー、とか、発表会前には勝手に考えてましたが、今日、弾いた子がいて、聞いてみたらやっぱ後半は相当に難しそうでした。娘本人は、人形は人形でも、今回弾きたがっていた曲の中に、ギロックのフランス人形が入っていたが、ペダルが入るけど、あれは一年後なら十分弾けるでしょう。

それにしても、去年は、発表会が終わってから、コンクールのお話があったのですが、今回は発表会の前日、発表会前の最後のレッスンで、もう、コンクールはどうするのか、というお尋ねが。
去年、非常に大変だったコンクールなのですが、娘は今年も出たいという。しかも、今回は小1までコースではない方で。
さすがに息子は出るとは言いませんでした。(そんなこと言ったら、親がどう反応するかはさすがに分かっているようだ。)

その代わり、先生から、9月ぐらいまでに今の教本を終えて、次の本に入って、2月か3月にグレードテストを受けなさい、と言われたので(娘はコンクールとなると、12級はまだお預けですな…。ちょっと前までは、秋にグレード、って話だったのにねぇ。)まー、そこを一区切りとして、そこまでは頑張ってもらうかなー。その頑張り次第では、次の教本終了ぐらいまでは目をつぶってもいいかもしれないが…やっぱそろそろ、引き際考えないとですよ。やれやれ。
[PR]
by mmemiya | 2011-07-24 15:10 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/16319255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-07-27 11:29 x
なるほど・・・。辞め際・・ですねぇ。
うちのムスメもいかんせん練習が嫌いです。
というか鍛錬すべてが嫌いなので現代っ子ならではかもしれませんし
年齢的なものもあるのでしょうが・・。

答えが早く出ないと嫌になる、という感じです。
素敵なピアノ曲を聴くと、それがなんであれ「素敵ー!弾けるようになりたいー!」
っていうか「すぐ弾けるよね」みたいな感覚で言いますが
練習は嫌で仕方が無いのです。
特に「ここはステップアップの練習曲だから難しいね」
という小難しさにぶつかると本当にもう、やりません。
仕方が無いのでスパルタ母さんの登場ですが。
(登場するんか・・・)

もう少しうまくなれば楽しいと思うだろうなーと思いつつも
みやさんのおっしゃる「ポピュラーソングで満足」なのかもしれないです。
うーん。

Commented by mmemiya at 2011-07-28 20:36
夏さま
まぁ、練習好きな子どもなんて、そうそういないとは思うんですが、どの程度うながせば練習するか、ってことですかねー、違いは。(息子は今の娘と同じ小1のときも、今の娘ほどは練習しませんでしたねぇ…。)
練習しなくても弾けると思ってるあたりが子どもだなぁ、と。(娘だって、練習しなきゃ弾けない、ってことが分かってるわけじゃないです。)
私は夏さんと違って、ピアノ弾けない母だから、余計に、「ポピュラーソングで満足なら、そういつまでも習わなくても」って思うのかもしれないですね。どの程度弾けるようになってくると楽しいのか、を伝えることも出来ないし。夏さんは、そのあたりをお嬢さんに伝えて挙げられるのだから羨ましいですよ。
息子に関しては、次の教本を終えるあたりが、いわゆる「バイエル終了程度」なんで、今みたいな状態が続くなら、まーその辺が一区切りかなー、なんて思ったりします。いくら親が勿体ない、と思っても、本人にその気がなくては、ねぇ…(溜息。)今まで、ちょびっとの練習でそこそこ小器用に進んで来れちゃったのが逆にまずかったのかも。