La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

辛抱、辛抱

ある雑誌に、5人の子どもを育てたという保健師さんが出ていた。そして、<一人しか子どもがいないのに「大変だ、辛い」という母親たち>に対して「なんでたった一人なのに」と言いたくなる自分の気持ちを調節するのが大変だった、というようなことを語っていた。

確かに、5人の子を育てた人からすれば、一人ぐらい、ってな感想を持ちたくもなるのだろう。
だがしかし、手のかかる子の場合、一人だろうと大変なものは大変だろう。

うちの子ども達は、ありがたいことに、2人とも、どちらかといえば手のかからない部類だと思う。まずまずよく食べ、夜泣きもさほどせず、病気もさほどせず(下の子は一度、一週間入院したが)育っている。

とはいえ、子育てには、なにかしら我慢、辛抱がつきまとう。毎日毎日、同じような小言を辛抱強く言い続けなければならないし(これは言わなきゃいいだけか(笑))、自分のやりたいことが色々あっても、まずは子どもに本を読み、一緒に遊び、と時間を割かねばならない。放っておいて自分で食事が作れるわけもなし、食べるのも、排泄も、まだまだ手助けがいる。

4月から共働き生活を再開し、予想通り、ネットにかけられる時間は極端に減った。ここへの投稿はもちろんのこと、ブログめぐりも思うにまかせない。
とはいえ、子どもを寝かせる時間は変わっていないのだが、起床時間が早くなったので、どんな欲求より睡眠欲が第一の私としては早く寝るようになった、ということと、これまでは日中にネットを見ることができていた夫が、夜にPCに張り付くようになったので、パソコンを使える私の時間が減った、というのがネット時間減少の主な理由であろう。
後者はパソコンをもう一台買えばすむ問題なのかもしれないが、子どもを寝かしつけて、それぞれ無言でPCに向かっている夫婦、というのも、それはそれでなんだかねぇ…

ま、家族が健康で毎日過ごせているだけでありがたいとすべきなのだろうが、子どもを持って改めて思うのは、自分って、恵まれて育ってきたんだよな、ということだ。親の世代と比べ、明らかに我慢やら辛抱やらが足りないんだろうな、と思う。それだけ、豊かに育った証なのだろう。豊かになれば人間、我儘になる。ところで子どもというのは、それに輪をかけて我儘なものだ。少子化が進むのって、当たり前という気がする。
なにはともあれ、もうしばらく、自分のことはちょっと我慢。辛抱、辛抱、だ。
[PR]
by mmemiya | 2006-04-06 21:37 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/1647082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。