La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

とりあえず、動くようになった。ので、夏の旅行記。

そろそろ、パソコンも秋の新製品が出て、旧型が安くなるのでは、と、この際、買い替えも覚悟したPC不調でしたが、とりあえず、いったんキーボード外したりなんかしたりしたら、また、動くようになりました。

買って5年にもなりますと、動画見てると時々止まる、とか、まぁ、問題は色々ありますが、ひとまず買い替えは先延ばし…かな。

この夏は、夏休みの終わり頃に旅行したので、「はみがきカレンダー」だの、細かいものを全部塗ったか確認したり、親のコメントを書いたり、が日曜日にできず、8月31日の晩は、結局、バタバタでした。一応、息子の2足歩行ロボットとかは、旅行前に仕上がって、ほっとしましたが。

恒例の、夫両親と夫兄一家との旅行は、島根・鳥取へ一泊。境港とか、松江とかを周ったのですが、さすがに遠くて、バスに乗ってる時間が半端ない。スムーズに行っても7時間くらい?帰りは宝塚のあたりで事故があったために北陸の方へ迂回し、20時~21時解散予定が、結局、21時30分過ぎの解散になりました。名古屋駅でその時間なんで、我が家へはそっから更に1時間はかかる訳でして…。平日、半ば無理やり(お盆は休んでいないとはいえ)2日も休んだので(旅行中も同僚から何度か携帯にメールが…)さすがに次の日は出勤で、例年のこととはいえ、やっぱ疲れました。「来年はもう行かない」と夫は言ってますが、あなた、毎年、この恒例バス旅行が終わるとそう言ってるんだってば。

そして、家族4人だけの旅行は今年は諦めていたのですが、土壇場で安い宿を見つけたこともあり、2泊3日で伊豆へ行きました。といっても、土曜日、ピアノのレッスンが15時に終わり、その後出かけたもんですから、初日はちょびっと移動しただけ。前に、「ファミリーロッジ旅籠屋」というところのパンフレットを見て、なかなかいいな、と思ってたので、最初の日は、静岡の焼津に程近いところにある、その「旅籠屋」に泊まりました。幅150センチのベッドが二つということで、家族4人で1部屋に泊まれて安上がり、ということだったんだけど、確かに、私ら夫婦が普段寝てる布団が幅140センチですから余裕はあるんですが、もともとそうなのか、それとも子連ればっかり泊まってる宿だけに、子どもがベッドの上で飛び跳ねまくったせいなのか、スプリングが伸びちゃってる感じで、一緒のベッドに寝てる一人が寝返り打つと、ものすごく響くんですよ。その度に目が覚めてしまうほど。これは、申し訳ないけど次の利用はないな、というのが感想。コンセプトは良かったんだけどなー。惜しい。(更に言うと、お風呂は普通のホテル仕様で、当然洗い場などないので、誰かが入るたびに流してまたお湯ためて…というのは、子どもがちょっと大きくなってくると、全員が入浴するのにかなり時間かかっちゃいますね。)
この初日は、着いてちらっと海を見に行って(サーファーがたくさんいました)夜は焼津港の傍の店ででかいエビフライの丼など食べて。

翌朝は大井川を歩いて渡ってみました。歩行者専用の橋があるのです。かなり長いので、実は高所恐怖症の私にはあんまり嬉しくなかったのですが(笑)この川を、橋無しで渡った昔の人たちは、さぞかし大変だったでしょうね。
そして再度高速に乗って、一路、伊豆へ。沼津で海鮮丼を食べ(海のないところに住んでるので、海辺へ旅行するとひたすら海鮮を求めてしまいます)大音量で「天城越え」が響く中を浄蓮の滝を見て、天城トンネルへ行って。このトンネルはホント真っ暗で、行く手に、トンネル出た後の光だけが見えて、自分の足元なんかなーんも見えないので、けっこう怖かったです。その後、息子が河津七滝を見たいというので、夫は途中で車へ引き返して、車を大滝の近くの駐車場まで移動させ、私たち3人は、川上の方から順に滝を見て行きました。下りだったので楽だった。初景滝まで来て、「ああ、ここ、前に来たよ!」と記憶が甦りました。大学卒業直後ってことは、えーと、18年ぐらい前ですか。はは。
これでけっこう時間を使ったので、下田へ行くのは諦めて、須崎の方へ。御用邸のすぐ横を通りましたよ。で、爪木崎というところへ。水仙の名所だそうですが、花がなくても眺めはなかなか綺麗でした。
ここから、今夜の宿のエクシブ伊豆へ。途中で日が暮れたので無事にたどり着けるかやや不安でしたが(この辺は私が運転していた)ふと見上げた電柱の看板に「次で左折」みたいな表示があり、ちゃんと着くことができました。

エクシブはラストサマーバイキングプラン、なる、1泊2食付一人9,800円のプラン。おまけにこれ、大人1人につき子ども1人無料、ということで、うちは子ども二人とも無料となりまして。しかし、当然このプランの利用者が多かったのでしょう、予約を入れた段階で、夕食は20時30分からしか空いていなかった。さすがに遅い時間で、ちょっと躊躇しましたが、ダメ元で、予約時に「空きが出たらなるべく早い時間にしてほしい」とリクエスト。そうしたら、到着して娘と私が大浴場にいる間に「席ができた」と電話が入りまして、20時ちょっと前には食事をスタートできました。やっぱり子連ればっかりでしたわ。
バイキング、特に期待していなかったけど、けっこう食べ物の種類も飲み物もありました。私は思わず、アルコールの飲み放題をつけてしまい、2杯飲めば元が取れるところ、4杯も飲んだので(ははは。でも、カクテルが2杯とグラスワインとウィスキーちょびっとだ。)ちょっとほろ酔い。
和食系とイタリアン系。息子はミラノ風カツレツとか、相変わらず肉ばっかり食べてましたよ。娘と料理を取りに行って、漢字の読めない娘がこれは何だと聞いてくるのに答えていたらトリッパがありまして、「これは牛の胃袋」と説明したら、すぐ横に立っていた、生ハム切ってくださる方が「トリッパが何か分かるお客さんは珍しいです」と言われました。そういうもん?イタリアンならけっこうメジャーな食材なのでは。私はトリッパの横にあった羊の煮込みを喜んで食べてましたが、つまり、そういう食材もあったりしたので、それなりに手が込んでる印象でしたよ。静岡おでんもあったんだけど、ちょっとまだ暑い日で、さすがに食指が…。あ、鮎の塩焼きもいただきました。あとは、巨大なチーズ(パルミジャーノ?)を、その場で削って、茹で上げたパスタにかけてくれる、とかもありました。私はチーズだけで食べてみたけど、けっこう美味でしたよ。子ども達にはチョコレートファウンテンが受けていた。
部屋は和洋室で、子どもは畳に布団をひいて寝かせ、親達はベッドで寝ました。そういや、息子、一泊目はベッドから落ちまくっていた。あれで起きないのが凄いけど。
各部屋のバルコニーなんですが、鳥羽のエクシブは蚊が気になったけど、伊豆は海風が強いのか?蚊がいるとは感じませんでした。だからバルコニーで、けっこう寛いだ気分になれましたよ。お風呂は鳥羽のほうが良かったけどなー。鳥羽がエクシブの中では一番古くて、次が伊豆、ってことで、雰囲気は似てました。(あとエクシブは琵琶湖しか知らないが、あれはけっこう違う感じだった。)

最終日は午前中、海水浴をして、また沼津で遅めのお昼食べて、さあ一路帰宅…!は良かったのですが、やっぱり平日でも東名は渋滞が…。浜名湖が近づいたあたりから「岡崎インター付近17キロ渋滞」の情報。ああ、やれやれ。朝からここまで、この日は私の運転で、高速乗ってしばらくしてから夫は後部座席で寝てたので、助手席の娘が渋滞情報を聞いて、がんばって地図を広げてくれましたが、さすがに娘では地図を見るのは無理でした(漢字読めないし、当たり前。)浜名湖SAで休憩し、夫と打ち合わせ。渋滞の大嫌いなうちの夫、いったん高速を降りて、豊川から豊田へ山越えて、東海環状に乗る、と決める。ただし、車に積んであるのは10万分の1地図で、しかも10年前の地図。(おいおい。)東海環状乗ってないし。サービスエリアで高速道路地図を貰ってきて、インターの位置を確かめて。
初めて走る道を、しかも山道を、日没近くに走るというのはけっこう大変でしたが、なんとか完全に暗くなる前に、目指していた国道303号(だっけ)に乗れてほっとしました。浜名湖で運転を夫に代わったのだけど、我が家では、助手席に座るってことはナビをするってことですから、地図とにらめっこで「ここから2.5キロぐらい道なり、で、右折で」と、碌な目印も載ってない10万分の1地図でナビするのはけっこう大変でした。道路には県道番号の標識あるけど、手元の地図には県道の番号までは出ていないからねー。私は地図を読むのがそう得意じゃなく、とりわけ等高線が読めないので、え、こんな急坂かよ、みたいな感じでびっくりしてました。くねってれば峠道なのは分かるけどさあ。そんなに悪い道ではなかったですが、豊川から結局、一般道を1時間。高速に乗ってても、多分結局、所要時間は同じぐらいだったのでは(笑)。
帰宅がずいぶん遅くなってしまい、そんでもって、昼が遅かったので浜名湖ではさすがにまだお腹は減ってなくて、かといって、東海環状には食事ができそうなところも見つからず、結局、内津峠PAで夕食。ここはPAといいつつ、それなりに食事ができるところなのですが、ここまでくると、ホントはあと1キロで高速降りるのよね(笑)。まぁ、またそこからしばらく、食堂らしきものもないのでPAできしめんとかで正解だったと思うけど、結局、帰宅は20時30分ぐらいでした。岡崎―音羽蒲郡あたりの渋滞って、ホント、なんとかして欲しいわ。おととし浜名湖へ行ったときも、遠い!(地図上の距離以上に渋滞で遠く感じる)と思ったけど、やっぱ伊豆は遠かった…。いいところだよなぁ、とは思うんですけどねー。首都圏の人にとってはいいだろうなぁ。我々にとっては、帰宅日、12時過ぎまでいてはいけないところでしたが(笑)。伊豆って、思えば、夫と初めての遠出で出かけて以来、でしたね。うーん、第二東名って、岡崎付近はいつ開業するんだ??
[PR]
by mmemiya | 2011-09-04 22:57 | Voyage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/16510500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。