La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

それが「公器」のやることか

今日、毎日新聞を読んでいたところ、「東日本大震災:どうなる、食の安全/下 「放射線に効く」本当?」なる記事に行き当たった。(リンクがいつまで生きているかは分かりません)


「どの程度信頼できるのだろうか」という前置きで、放射線が人体に与える影響を減らすとネット上などで言われているものを検証していく…というようなスタイルになってはいるのだけれど、これが、煮え切らないことおびただしい。まず最初、「マクロビ」という言葉はないものの、マクロビについて取り上げ、科学的根拠はない、としながら、識者?による、一定の評価はできるようなコメントを載せる。以下、そのパターンの繰り返し。

・みそ→「人に当てはまるかは分からない」が、『広島大原爆放射能医学研究所元教授』が、「個人的には勧めたい」。

・ビタミンC→「確実なことを言えるデータはない」が、『東京都健康長寿医療センター老化制御研究チーム副部長』が、「放射線障害の問題とは別に、被災者はビタミンCの摂取を心がけた方がよい」

・ペクチン→「この結果(注:チェルノブイリ原発事故で被ばくした子ども達のうち、ペクチンを摂取した子ども達は対照群よりも体内のセシウム量が減少した)を疑問視する専門家もいる」が、『富山大名誉教授』は「人の試験なので貴重なデータだ。水溶性ペクチンは加熱すると増えるので、電子レンジでリンゴを温め、1日1~2個食べれば効果的ではないか」。

なーんというか、両論併記しておいて、科学的根拠はないという一方で、効くかもしれない、みたいなほのめかし。しかしこんなの、何か言われた時のために「自分達はそんなことを断言したわけじゃない」と、逃げを打ってるだけにしか思えないんだけど。
不確かな情報に人々が振り回されている時に、根拠があるのかないのかを伝える記事ならばともかく、こんな、「で、結局、効果あるの?ないの?」と、更に人を混乱させるような(もっといえば、そんな話を知らなかった人にまであやふやな情報を広げるような)記事を載せるなんざ、報道機関としての見識を疑うわ、まったく。

ちなみに、味噌の話など、私は全く初耳だったんですが(ペクチンはどっかで見たな)、こちらで色々と詳しいことを読ませていただきました。

とらねこ日誌
「1986年の原子力発電所事故後に味噌の輸出は急増したのか」

マウスの結果を、即、人間には当てはめられないだろー(そのマウスの話自体、学術誌に載ったものではなく、更に、味噌を食べたマウスの「小腸粘膜幹細胞」生存率が高かっただけで、味噌を食べたマウスそのものが長生きしたというデータは得られていない)というのをさておいても、毎日150グラムの味噌を食べるって…どう考えたって健康にはものすごく悪そうです。

ところで、毎日の記事、同じ記事の頭の方で、マクロビ、別の言い方をすれば玄米正食が評価できるようなことを書いておきながら、最後のほうで「玄米より白米」という見出しを載せることに躊躇はなかったのだろうか。まーそりゃ、「汚染されていない玄米を食べることで効果がある」とか言いたいんだろうけどさ。

この記事の何に腹が立つって、特に子どもを持つ親御さんとかは、藁にもすがる思いで、真剣にこういう情報を吟味しておられるのだろうに、そういう人をただ単に振り回してるだけとしか思えないってことだよな。みそだのペクチンだのの当否は新聞社では判断できないって言うのなら、後半部分(水洗いするとか玄米より白米とか)だけ記事にしときゃ良かったんでないの。
[PR]
by mmemiya | 2011-09-13 22:41 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/16550858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。