La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

一周忌

早いもので、この連休に、父の一周忌をすませました。前日が雨だっただけに心配したけれど、暑すぎるような天気でした。しかしまぁ、ひとまず無事に済んでほっとしました。(ちなみに前日の夜は、職場の向かいの席の人のお母様が亡くなられたので、お通夜に出かけてました。そうしたら、駐車場が空いてなくって土の上に停めたもんで、靴どろどろ…。)

施主は母なので、当然、家計が別の私たち家族は、ご仏前を包んでいって引き物いただいて…という意味ではお客扱いなんだけど(四十九日に5万円包んだら、そんなに要らん、と言われて今回は3万にしたとか、引き物何にするかの相談に乗ったりとか、まぁ遠慮のない関係なので楽と言えば楽だけど)、遠方からのもっと遠い親戚に対しては、私は故人の子であるため、来てくださったお礼を述べたり、駅まで伯母を迎えに行ったり、食事のときも飲み物追加注文したりとか、まぁ、多少は働きました。

まー、これが、母と同居してるのが、私自身の兄夫婦だとか弟夫婦だとか、あるいは婿を取った姉だとかいうのなら、もうちょっと私もお客然としてたのかもしれないけど、なにしろ、母と一緒に住んでいるのは未婚の妹一人ゆえ、なんというか、立場的に中途半端なのですね、私。
しかし、今回の一周忌について、位牌をどうやって持っていく、とか、実務的なことをあれこれネット検索していた妹は、肉親間の骨肉の争いみたいな話をいっぱい読んだそうで、「おねーちゃん、これからも仲良くしようね」と言われました(笑)。
まー、それは、嫁同士の対立とか、うちみたいにシンプルな関係ではない(実務を取り仕切るのは往々にして女だが、その女が血族ではないって言うとめんどくさいことになるのかな、と)話だったりするんじゃないの?と言ってたのだが、妹が読んだ例では実の姉妹がそれぞれ一周忌を行うとか、凄い話があったらしい。しかし、よくよく考えればそれは多分、親の遺産があるからもめるのであって、うちみたいな、遺産がそもそもない家では起こりようがないのでは、という結論に達しました(笑)。

しかしそーいう話も、実際、他人事じゃなく、今回、一周忌に来てくれたいとこの様子がちょっと変、と思っていたら、父の姉がちょっと認知症になっていて、そんで、その伯母を息子と娘のどっちが引き取るか、で、いとこ間が揉めているらしい。どうもそこに、伯母のもらってる遺族年金が絡んでるとか絡んでないとか…。母子家庭で苦労して、中卒で社会に出て、おまけに配偶者も割と早くに亡くしてしまって、内職などしながら爪の先に灯をともすようにして貯めた小金と遺族年金が揉め事を引き起こすなんて、人生のなんと因果なことよ。

父の葬儀の時にはまだ元気だった伯母が認知症になり(今回、一言も言葉がありませんでした。元気な時はしゃべれるらしいんだけど)、一方、葬儀の時には退院直後で来られなかった父の亡次兄の奥さんが元気になって来てくださったり、一年の間にも、色々なことがありました。そうそう、5月に行った御柱祭の際、信濃毎日新聞が「御柱新聞」なる速報?を出していたそうで、そこに、柱を曳く私が写った写真が載っていたので、伯母が持って来てくれました。なんかすごいみっともない写真写りだけど。

我が家に集まっていただき、料理屋のバスで移動して、お寺へ行って読経していただき、お焼香をあげ、料理屋へ行って食事して、また我が家へ送ってもらって…でしたが、この料理屋、お寺から徒歩圏内にあるのはいいんだけど、もんのすごい品数が出てきて参りました。みんな、料理お持ち帰りしてました。味はそう悪くはない、とは思ったけど…。そして、前日が雨だったせいで、お寺のお嬢さんの小学校、運動会が延期されて、まさに我が家の一周忌の日になっていた。お寺へ移動している最中、「あれー、小学校、運動会やってるよー。」と気づいたのですが、申し訳ないことでした。

こんで、一年経ったら三回忌、それが終わったら、ちょっと一息…かな。まぁ、そこから先は、信州の親戚なども呼ばず、内々だけでやればいい、ということで。
[PR]
by mmemiya | 2011-09-20 22:21 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/16581301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。