La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

男性にとっての結婚ってなんなんだろうな。

最近、とりとめもなく色々考えてたことなんだけど(どーも、布団入ってもすぐ寝れないしねー)言い尽くされてることかもしれんが、ホント、女って、世間様に『オンナとしての価値』を認めてもらえないと一人前扱いしてもらえないですねえー。少しずつは良くなってきてる、と信じたいけれども。

仕事人としての評価とか、なんでもいいけど、男女関係ないはずの評価に、オンナだと『でも、ブスでしょ』とか、全く関係ないことがリンクされちゃうんだよねー。『可愛くない』とかさ。
言われた方がいくら気にしなくたって、それを言った方は、それで相手を一刀両断したつもりになってる、ってのは非常に不快な話ではある。

じゃ、『女としての価値』って何か、と言えば、まぁ結局は、身も蓋もないけど、男が欲情するかどうか、ってなことでしょう、結局。
同等のキャリアを積んだ女性が二人いて、片方が未婚で片方が既婚なら、既婚の方が勝ち、って扱いを世間からされるのは、要は女にとっての結婚って、『私に欲情した男がいる』の証明だからなのかなー、とか。(私含めて、一人ひとりがそんなこと考えて結婚を選んでる、って意味では全くないんだけどね。)

私は、現在は既婚の身の上ですが、ずーっと結婚願望なくって、どっちかというとそれを公言してきた方なんだけど、それって要するに『私はオンナを降りてるので、私を勝手に値踏みしないで』って言いたかったのかなぁ、という気が、今になって、する。

結婚すればそれで上がりってもんじゃなく、いかに結婚してても、そのうち、否応なく世間からオンナではなくオバサン扱いされるようになっていくわけだけれど、そこで今度は自分の『母としての価値』を世間様に認めさせようとすると、教育ママ化せざるをえないのかなー、なんて気もする。

若いうちってのは、若いというそれ一点だけで、なんとか相手してくれる男を見つけやすいのでいいけど、いざ、この年になってきてみると、一人身でいたとしても相手してくれる男を探すのは年々難しくなってきてただろうし、よほど、自分自身で自分の価値をきちんと認めてないと、世間の中で生きてく上で、傷つけられることが多かったんじゃないかなー、と思えてしまう。職場のオトコどもが声高に若い女の子の容姿を云々してると、苦笑しつつも薄ら寒いものがあるんだけど、薄ら寒い程度で済んでるだけマシというか。
しかしねー、若いうちは若いだけでちやほやされて、あるところで突然オバハン扱いされて貶められるようになるので、女が一人の職業人としてそれなりのポジションを確保してくのって、ホント、楽じゃないわさ、と、オバサンになってまた一段としみじみ。私は元々、子どもがいわゆるオベンキョーができるかどうかってことにあまり関心はないのだが、娘については特に、どーせ女の子が勉強できたってさー、などという屈折した思いをときに抱いてしまうのも、やっぱりまだまだ、オンナの職業人生が、未婚既婚に関わらず、色々きついものだからなのかもしれん。(かといって私、主婦科目は更にニガテなので、主婦で生きてく道を選びたいとは思えず、結局、今のように悪あがきするしかない、ってことになるんだが。)

もちろん、結婚には、自分より先に死んでいく可能性が高い親ではなく、別の、もっと長い時間を自分と生きていってくれる筈の新しい家族を作る、という大きな側面もあるんだけど、それは恐らく男女共通の結婚による恩恵?であって、ここで考えてたのは、女に特有の、結婚の意味っつーか、機能というか、そういうことね。(「結婚する目的」じゃなく、「結婚してるという状態がはらむ意味」っつーか。)

そうすると、男性にとって固有の結婚の意味ってナンだろうなー、とちらっと考えてもみたが、これは、私オンナだし、よく分からん。強いて言うなら経済力の証明、ってあたりだろうか?妻子を養える、っていうかさ。
となると、この低成長時代、胸張って一生妻子を養える、と言える男性は少なかろうし、男は男できっと、色々なコンプレックスに苛まれているのではあろう。

生きてくのって、楽じゃないわよね、全く。
[PR]
by mmemiya | 2011-10-23 21:54 | 日々雑感