La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

女=美女=若い

そういえば、娘が学校の生活科の授業だったかで掘ってきた紫芋がずっと残ってて、あんまり甘くないしなー、お菓子かなー、どうしよー、などと思っていたのだが、本日、スープにしてみたら好評でした。見た目、紫色ってのは、必ずしも食欲をそそる色じゃないけどね。
本日のメニューは、そのスープに、鶏肉の狩人風、小松菜のオイル煮、コールスローサラダ。娘が何かやらせろ、と煩かった(失礼)ので、サラダの味付けを全部任せました。(おっと、最初に塩をするところは私がやった。その後、宿題と明日の準備を追えた娘が寄ってきたのだった。)なんか、いっちょまえに味見しながら「もうちょっと」などと言ってやってましたよ。

昨日、抽選に落ちてしまった市民プール水泳教室ですが、同じ曜日の別教室になんとか空きがあって、もぐりこめることになりました。もっとも、小学生のほかに幼児も入る教室(娘が保育園児のときは、兄弟一緒の教室で助かる教室だった)のため、最終目標はクロール25メートルと、息子には多分、物足りない教室なのですが(平泳ぎも教えてくれないし)、まぁ、背泳ぎ未だにイマイチっぽいので、今期は背泳ぎをがんばってくれ、ということで。あ、今期は、というか、本人の予定では、来年度からは野球のスポーツ少年団に入るので水泳は今期で終わりにすることになってた筈ですが。

で、表題は、この間うち読んでた橋本治の「美男へのレッスン」です。橋本さんの本って、読んだ端から何が書いてあったかわすれてっちゃうのですが(私だけ?)美「男」の本であるにも関わらず、私としては一番印象に残ったのは、<美しくない女は「女」じゃなく、かといって当然「男」でもないので、すなわち人間じゃないということになっている>みたいな話のあたり。
まぁ、未来のことは分かんないけど、少なくとも、これまでって、多分、その通りだよなー、やっぱそうだったんだー、と、改まって文字で見せられると妙に納得。
そんでもって「美しい」とは「若い」であるそうなので、ああ、だから、年取ると女って女扱いされなくなるのか、と、これまた納得。少なくとも私の年齢は、もはや、世間からは「女」ではなく「オバサン」という、女とは別種の生き物(橋本論に従えば人間ではない)に分類されているのは前々から自覚はしてたんだけどね。

世間様に人間扱いされない(特定の、ある人は人間扱いしてくれる、とか、そういうのは別の話ね)というのは、自覚はあっても、そうはいっても傷つくことが多々あるものです。ちょっとやそっとで傷つかないためには図太くなるしかないわけで、だからおばちゃんは厚かましくなるしかないわけよ、とか、おばちゃんの自己弁護をしてみたり。
[PR]
by mmemiya | 2011-12-05 22:30 | 読んだ本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/16913675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。