La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

WISC終了。

息子が受けることになったWISC、検査をしてくださるのが、通級の先生だそうで(スクールカウンセラーさんとか、心理系の方がされるのかと思ってたら違ってました)、冬休み前に突如、「休み中のほうが授業のやりくり等をしなくていいのでやりやすい」などという話になり、学童保育の日に学童を抜けて、テストを受けることになりました。
9時ぐらいからテストだったようですが、その日はお習字の日でもあったので、私が息子に会ったのは夜7時過ぎ。
どうだった?と聞いたら「面白かった」だそうです。まぁ、パズルだのクイズだの好きな子なので、多分、やらせるとけっこうノるんじゃないか、とは思ってましたが・・・。

本人の談によれば、「<先生がテストした人の中ではまだ誰も解けたことがないというパズル>が解けた」そうです。単語の説明とかはいくつか問題を覚えていて教えてくれましたが、大人でもけっこう、説明に悩んでしまいそうな単語も出てました。
一方で、難しかったのは<数唱>のようです。試験者がいくつかのランダムな数字を言うので、試験者の言うとおりに繰り返すのが「順唱」、反対側から言う(たとえば「5,8,1,6」と言われたら「6,1,8,5」と返す・・・みたいな)のが「逆唱」というものなのですが、逆唱が難しかったと。まぁ、あくまで本人の言うことなので、難しいと言いつつ年齢相応には出来ているのか、実際、点が低いのかは、結果をうかがってみないと分かりませんが、一般的に言って、息子みたいなタイプだと、この数唱が苦手でも不思議ではない筈。あー、あと、迷路でだいぶ壁にぶつかってはやり直した、とか言ってたな・・・。
まぁ、なんにせよ、どういうところが弱いのか、どう対応していくといいのか、ということは、結果をうかがってみないとなんとも言えません。明日は始業式なので、そのうち、いつごろ結果を聞かせていただけるか分かることでしょう。
とりあえず、こういうテストを受けた、ということ自体が本人の中で否定的な印象にはならなかったらしいことは良かった、と思っておきます。
というのも、かつて、エラソーに、自尊感情の低い子に育てないようにしたい・・・などと書いてる私ですが、息子、二言目には「どうせ僕は駄目だから・・・」「どうせ僕は馬鹿だし・・・」の連発なんですよ、このところ。まずいまずい。なんとか早いところ、この辺をフォローしなきゃ、とは思っているのですが、なかなか難しい。

基本的に、息子は私に似たタイプ、と思ってますが、私と大きく違うのは、私が壊滅的に苦手な空間把握とか図形関係が得意であるらしいことで、夫とも、この辺をなんか生かして、たとえば義父の趣味である囲碁とか、まぁ将棋でもいいけど、そんなようなものとかで、得意という意識、というか達成感みたいなものを味わえるようになるといいんじゃないか、などと話しているのですが・・・。(一手先しか読めない私は、もうすでに、オセロなど、息子に負けそう・・・。)

どうせ僕は馬鹿、とか言うけど、人より得意なことは、実のところ、色々あるはずなんですよね。この正月、散歩に出ていて、3年生で分数を習ったって言うけどどこまで習ったのか聞いたら(年に一度ぐらいは子どもの教科書を見たほうがいいかも、と反省。国語は音読を聞いてるんで分かりますが・・・。)分母の同じ分数の足し算は出来る、と。通分とか約分とかはまだらしい。で、散歩しながらの会話で、2分の1と10分の5はどう違うのか考えさせてみたら、割とすぐ、実質が同じだということに気づき、そこから、歩きながらの10分ぐらいで3分の1足す4分の1が答えられるところまで行きました。歩きながらなので、紙とか図とかは何にも使ってない。頭の中で私は丸いケーキを思い浮かべてそれを切ってたので、そのイメージで伝えてみただけ。やっぱ、多分、理解力は悪くないはず。(今になって調べたら、分母の違う足し算って小6の学習範囲である模様。学校の勉強の先取りみたいなのは私は好きじゃないので、これはうかつでした。もうちょっとすぐ習うのかと思ってたわ。まぁいいけどさ。)

昔から割と数字に強い子だと思ってきたし、そう持ち上げても来た(自分でも、保育園年中ぐらいの頃は、僕は数字が得意、と言っていた)のに、どこでどう間違って、こんなに自尊感情が低くなっちゃったのか。ちょっと反省中の母なのでございました。
[PR]
by mmemiya | 2012-01-09 20:40 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/17054201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。