La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

にんじん50本

相変わらず、息子は夫の実家へ下校、が続いているため、今は毎日、学童へ娘を迎えに行って、その足で夫の実家へ寄ります。
義母が毎日のようにおかずを持たせてくれるので、とてもありがたい・・・のですが、700mlぐらい入る容器にぎっしりのひじきとか、実はなかなか減らないのですなぁ・・・ははは。持たせてもらうのは一日一品でも、それが翌日にも(大抵は翌々日にも)残り、積み重なると、自分が購入した素材の消費が進まない。先週、それは学習したので、今週はけっこう野菜とか、買い控えたつもりだったんだけど、でもやっぱ残ってる・・・と、贅沢なことを言ってみたり。

今日は義母は、義母の実家へ出かけていて不在で、おかずは何もなかった・・・のですが、生のにんじんを30本ほどいただきました。もう、畑に次のものを植えるために、全部掘り出した、らしい。
「冷蔵庫に入れておくように」との義父の話でしたが、1週間前にもにんじん20本ぐらい貰ってましてですね、1日1、2本使うぐらいではなかなか減らず、うちの冷蔵庫の野菜室に、これ以上、にんじんが入る余地が・・・。

息子は「にんじんスティックにしてくれればいっぱい食べる」と言ってますし(まぁ事実、以前からにんじんスティックの売れ行きは良い。)、あとは4面グレーター(でかいチーズおろし。チーズおろす以外にも色々な面がある。)使ってのフランス風のにんじんサラダなども、売れ行きはいいので、とにかくにんじん食べないと・・・。

ということで、しばらく、家族総出でうさぎになることになりそうです。

やっと、円城塔の「オブ・ザ・ベースボール」手に入れた。これは読みやすいです。円城入門編としても、多分、いい感じ。読みやすいっつっても「空から年に1回ぐらい、人間が降ってくる町で、いつ降ってくるか分からない人間を待ち受けてバット持ってるのが主人公の仕事」と聞いただけで、うちの夫なんか読もうともしませんがね。純文学系の雑誌に載った、円城塔の、純文学分野でのデビュー作?みたいなもんだけど、やはりSF系のノリがある方がこういう設定は受け付けやすいのか。(そういや、芥川賞とった「道化師の蝶」の中にも、なんかSFネタまじってなかったっけ?アシモフのファウンデーションかなんか。ちゃうか、その前の芥川賞候補作だった「これはペンです」の中か。芥川賞の候補作の中にこういうネタが入ってていいんだー、などと思った記憶だけはあるんだけど。)
で、「オブ・ザ・ベースボール」同時収録の「つぎの著者につづく」こっちは打って変わって読むの大変らしい。まだ読んでないけど。
どう考えたって「つぎの岩につづく」が元ネタでは、と思わせるこのタイトルは、しかし、著者インタビューによると「ラファティ(というのは、「つぎの岩につづく」の作者名)読んだことないんです」ということを書いたものなんだそうだ。
ま、「どう考えたって」と書きつつ、ラファティなんて読んだの高校生の時なんで、「九百人のおばあさん」も読んだと記憶はあるが、全部忘れてるけど、私。

もういっこ、そういや、酒井順子のエッセイを何冊か読んだら、前に「女同士でシモネタって何話すんだ?」と疑問に思ったことの一部が氷解した。けっこうあけすけな話をするので、友達の旦那さんとか彼氏に会ったときに「この人ってこんなまじめそうだけど、実はあんなことやこんなことをしちゃうんだよねー」と、心の中で考えてしまうらしい。ひょえー。そんなあけっぴろげな話、私は酒の勢いを借りても、人とはできません。やっぱり、人間って、ホント、色々なのよ、などと、40過ぎて思う今日この頃だったりする。これだから読書は止められない。(ちょっと違うか。)
[PR]
by mmemiya | 2012-04-18 22:11 | 日々雑感