La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

夏らしくなったといえばその通りだけど・・・

いよいよ、本格的に夏になってきたようで、今日は、セミも鳴いてました。先週は、庭で初みょうがも取れました。
蒸し蒸しするし、昨日、とうとう、扇風機を出しましたが、、居間のエアコンが寿命らしく、ほとんど冷えないのが困った・・・。そんなに使わないんだけど、夏中一度も使わない、とは、さすがに言えません・・・。

今日は午前中、子どもに宿題やらせて、昼食べさせて、オトコ二人を野球へ送り出して、娘と私はピアノ。昼は、また茗荷とってきて、そうめんでした。めんつゆ作る(何の分量も量らず、いつも超テキトー。)時に、いつも、その中に茄子を入れて一緒に煮てしまい、おかずを一品作るというものぐさな私。

夜も、夕方家の中で、蒸し暑いよ~、と、食事を作る気力をなくしかけ、あやうく、男どもを迎えに行ったついでに刺身でも買ってきてすませるか、などと思いかけたのだが、冷蔵庫は相変わらず、義父の作った夏野菜でいっぱいだし(うちはあまり食べないから、と、茄子をたくさん貰うんだけど、いや、うちの子らも茄子は好きじゃないです。食べさせるけど。)やっぱりそれじゃ駄目ね、と、心を入れ替えて、イカのトマト炒めなど作ってみました。美味しいと思うのに、息子は、はらわたも使ってるのが苦手とかであまり食べず。やれやれ。あとは、モロヘイヤのスープと、「やみつきキュウリ」にわかめを混ぜてみた。あと、昼の残りの茄子。何か、食の進むものを考えないとなー、この季節。

娘のピアノは、発表会前、最後のレッスンでした。(息子は金曜なのでもう一回ある。来週の土曜日が発表会だ!)未だに「ロンド」がノーミスで弾けたことがないんだけど(涙)、今日のレッスンで、先生は「なんとかなりそうだね!どうなるかと思ったよ~」とおっしゃってました。そうでしょうか。残り一週間で仕上がるでしょうか(汗)。一曲目とかなりテンポが違うので、本番、一曲目の早さに引きずられて二曲目ががたがたにならないか、やや心配。
先週あたりから、息子も「毎日1時間弾いてる」と主張してますが、なにぶん、娘も息子も私がいないときに練習してるんで、ほんとに1時間やってるのか、あるいはどんなにダラダラやってるのか、分かったもんじゃありません。結果がついてこないんじゃ、どれだけ「やった」と言っても仕方ないしね。息子の骸骨たち・・・も、中間部とかかなりあやしい。大丈夫なのか。

発表会時の紹介を考えさせたら、娘は「ピアノを始めてもうすぐ4年です」と書いた。(何年になるか、私に質問して書いたので、自分で4年と覚えてるわけじゃない。)もう、4年にもなりますかー。その割に遅々として進まない・・・などと言っては可愛そうですかね、やっぱ。でも、タラタラ弾いてると、もうやめたら?と言いたくなることはしょっちゅう(笑)。自分も十分、そういう子どもだったんだけど。(で、私は4年も持たずに止めさせられてます。ははは。)

そして、発表会では二人とも、ポップス系の曲は厭だと言うので、いや、それ自体は私も望むところなんだけど、前後の子達がすごい曲を弾いたりすると、ちょーっとレベル差が目立って、ねぇ・・・ってのもありますねー。発表会って難しい。今回、娘の次の子はクレメンティのソナチネ 36-1(第一楽章)だそうだ。まぁ、「次の子」なだけマシですか。
ちなみに、去年、息子の次に演奏した子が「チューリップのラインダンス」で、うわぁ、そんなレベル差の目立つ・・・と思ったのですが、その子は今年は「雨の日のふんすい」です。いいねぇ。あと、うちの息子と同じ小4の子が、同じくギロックのワルツ・エチュード。相変わらずかっこいいなぁ。今年はほかにも、ラ・カンパネラとか、ドビュッシーの月の光とか、華麗なる大円舞曲とか、エリーゼのためにとか、楽しみな曲名が並んでます。自分の子がもう一週間後に発表会かよ、と思うと気は重いですが(笑)。

どうでもいい話なのですが、発表会が、同じ会場で、5回に分けて行われるんですね。同じ日の午前と午後、とか。で、いただくパンフには全日程の曲が乗っているわけですが、「人形の夢と目覚め」(うちの娘がちょっとあこがれていた曲)、見事に、作曲者名が全部違いますな。「T.エースティン」「T.オースティン」「「T.エステン」。さあ、どれが一番ポピュラーな表記なんだ(笑)。「人形の」か「お人形の」か、ってのもありますね。

ま、泣いても笑っても、あと一週間・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-07-14 20:58 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/17761068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。