La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

二度目の蜂刺され

昨日もいつものように、学童へお迎えに行って帰宅し、私は夕飯作り、子どもたちは翌日の準備やピアノの練習をしていた。
先日、庭のモチの木にヤブカラシが絡み付いているのを見つけた夫が、息子に取っておいてくれ、と頼んでいたので、娘がピアノを弾いている間、息子は庭にいた。

7時ちょうどぐらいに、息子が家の中に入ってきて、「痛い、何かに刺された」と言う。ええっと、痛いと言う脇の下あたりを見ると、丘疹というのか、なにやら、いくつもボコボコと、蕁麻疹のように皮膚が盛り上がってきている。
とにかく痛いと言うので、流水で流せ、と、風呂でシャワーをあてさせ、その後は冷やす。本人は、何に刺されたか分からない、チャドクガかも、などと言っている。チャドクガ?じゃあ、洗い流すよりガムテープが先?などと思っても後の祭り。ともかく痛みがひかないと言うし腫れ上がっているしで、病院へ行ったほうがいいと思うのだが、なにしろ時間は19時を回ったところ。診療時間終わってるよなー、と、救急医療情報センターへ電話する。住所と症状等を伝えると、しばらくして、「診療時間が19時30分までという皮膚科がお住まいの地区にあります。念のため、電話してから行ってみて下さい。もし、そこで診ていただけないようならまたお電話ください」と言われ、慌てて、教えてもらった電話番号に電話すると、19時30分までに来てくれればいい、と言われる。車で10分ぐらいの皮膚科なので、無事、診療時間内にたどり着けた。
で、結局、蜂に刺されたものらしい。診察の番が来たときには、実は腫れもほとんどひいていた。そこの医師の話では、唇が真っ青になるとかの激しい全身症状が出るのでなければ、蜂に刺されるのが何回目だろうと心配は要らない、という。しかしねぇ、今回はおそらくアシナガだけど、前はスズメバチに刺されてるからねぇ・・・。大事にならなくて良かったよ。

実は先日から、車庫の、ちょうど私が乗り降りするドアの真横にあたる辺りに、アシナガバチが巣を作っていたのだが、日曜、私も夫もちょっとだけ不在だった(車庫が空っぽだった)隙に、息子が水鉄砲で蜂を追い払い、巣を叩き落していた。ありがたいといえばありがたいが、帰宅して吃驚。おまけにそれで、蜂の気が立っていた・・・というのもあるかもしれない。息子本人は、昨日は蜂を攻撃した覚えはないと言っているが・・・。ちなみに、今日現在、まだ蜂は、巣のあった辺りで8匹ほどじっとしている。車の乗り降りが怖いのは相変わらずです・・・。

そんなこんなで夕飯も食べずに病院へ行っての騒ぎとなり(娘も、一人で留守番は出来ない、とついてきた)味噌を溶かす前の味噌汁などが台所に取り残されていたので、帰宅した夫が首をひねりながら夕飯を仕上げた、という感じで、実は予定外のおかずになったものもあったり。まぁ、仕方ないですわね。
(魚が焼いてあることに、夫が気づかなかった、というのが敗?因。)

気を取り直して?今日の夕食は、イサキのムニエル、ラタトゥイユ、モロヘイヤのスープ、そしてきゅうりのヨーグルトサラダ。きゅうりのサラダは、前はトルコ風だかギリシャ風だかのレシピでやってみたのだけど、私にとってはきゅうりのヨーグルトサラダと言うと、どうしてもディルの香りが欲しくなるのですね。その時参考にしたレシピにはディルは入ってなかったな。(今、手持ちの「家庭で作れるトルコ料理」という本を見たら、ここに出てくるきゅうりとヨーグルトのスープには、ディルがしっかり入ってますが。)
で、週末の買いだし時に、スーパーで久しぶりにディルを見つけたので喜んで買い込み、サラダにしたのですが、夫受けはまぁまぁだったけど、どうも子どもには受けが・・・。まぁね、子どもは香りの強いものって苦手かも。私自身、ハーブティーってのを初めて飲んだのは、確か中学生頃だったけど、何このまずいもの、と思った覚えがあるもんなぁ・・・。

というわけで?まだけっこうディルが残っているのですが、あと、なんにしようかなぁ。スモークサーモンなんて高いものは買う予定がないし・・・。クックパッドをちょっと検索したら、「ディルのレシピ 1357品」と出たので、これからちょっと、新レシピでも仕入れてみることにします・・・。
[PR]
by mmemiya | 2012-07-31 20:39 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/17819094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。