La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

だいぶマシになってきました。

去年のことを思うと、今年の繁忙期はだいぶ楽です。ありがたいことに。
先週まではちょっとがんばってましたが、今週は、3日も、子どもの顔が見られる時間に帰宅しました。
というか、私のお迎えの日もあったし。今週末は、休日出勤もしないですむな。
9月半ばあたりから、多分、また一山ありますが、とりあえず、この週末で、子どもの宿題に目処をつけないと・・・。

ところで、例年、夫の両親、夫の兄一家と我が家で、どこかの旅行会社の1泊2日のバスツアーに参加するのですが、今年は、私はとても無理!とパスしたわけです。
その旅行中に、なんの話の流れでか、夫が、息子が今、通級に通っている、という話を、夫の両親にしたのだそうで。私は、わざわざ聞かせることもないかなー、と、黙ってたんですけどね。

そしたら、残業中に、突然義母から電話かかってきて(思い立つといても立ってもいられない人なのですね)「出世なんかせんでもいいやないか」(義母の頭の中では、残業して働く=出世しようとする、らしい。普通に働いてても、忙しくてどうしても残業しないと駄目なときもある、というのは理解されない模様)「子どもが寂しがっている、なんたら教室に行かなきゃならなかったりするのもそのせい」みたいな、私が仕事をしているのが悪い、みたいな電話がかかってきて、やれやれと思っていたら、今日は、昨日の夕方、学童を出るときに「明日は朝からこっちへ子どもたちを越させればいい」(息子と娘の習い事の関係で、夏休み中の金曜は15時ごろ、学童へ迎えに行ってもらっている。最初はうちの妹がやる、と言ってたんだけど、そんなん悪いで、と義母が言い張るのでお願いすることに。)と電話があり、あわてて、先生が戸締りしていた学童に引き返して上靴やら昼寝布団やら持ち帰り、ああ、この弁当用の食材どうするよ、土日に何とか使わなきゃ、みたいな、ありがたいはありがたいけど、それにしてももうちょっと早く言ってほしい、みたいな出来事があって子ども達は夫の実家にいたのですが、迎えにいったら「その、なんたら教室にはもう行かんでいいと、K(息子)と約束したで。」とおっしゃる。

いやそのー、教育委員会の決定を受けて通ってるわけで、突然、もう行きません、とかそういうことが言える話ではないんですが。後で息子が語ったところでは、義父、義母が揃って、ちょっと話があるから来い、と息子を呼び、なんか色々おっしゃったらしい。らしい、というのは、息子、何言われたかほとんど覚えてないんですな。かなり長くて、早く終わって欲しい、と思ってただけで半分以上、上の空だったらしい。最初どうも、知的障害の方の学級と間違えられていた、というのと、その教室に行ってることで、何か友達に厭なことを言われたりしないか、と聞かれて、別にそんなことない、と答えた、というのは言ってたな。あと、お父さん(うちの夫)もその教室にはあまり気が進まないと言ってたし、おじいちゃんおばあちゃんもそうなので、行かなくていい、始めと終わりをちゃんとやればいい、と言われたと。(授業の準備とか、そういうことらしい。)

義母は私には、もうちょっとなんだっけ、授業の準備をするとか、話を聞く姿勢をちゃんとするとか、なにやら息子には色々ちゃんと言って聞かせたから大丈夫だ、もう、そんなところへは行かなくていい、と言ってたのだが、ちゃんと行って聞かせられたはずの息子、言われたこと覚えてない(笑)。一度や二度、言って聞かせてできるようになるぐらいなら、誰も苦労はしませんわなぁ。

で、あとはひたすら「親も生活をちゃんとしないかん、朝はそんな、いつまでも寝とってはいかんよ」と6回ぐらい言われて帰ってきたのですが、そこで、最近、土日はスポ少のせいで朝寝どころか6時おきだ、などと反論しても始まらないので、はいそうですね、と繰り返して帰ってきたわけです。
ちなみに、夫いわく、夫は小学生の頃、週末いつも、腹減ったから早く朝ごはんにしてくれ、と親を起こしていたそうだ。人間、年をとると、だんだん早起きになりますね、やはり。(そして自分が昔やっていたことも忘れる。)私も最近は、昔ほど長くは寝ていられなくなりました。今日はスポ少が午後からだ、朝寝できる!と思ったのに7時に目が覚めてがっくり、とかね。

まぁ私の生活がだらしないのは事実なんだけど、うちの息子の問題は、別にそこだけにあるわけではなく。知的な問題でないというのは、多少は理解されたようだが(でも、この子は本当は頭はええんだで、と繰り返してらしたので、やっぱり、そこから完全には離れられないらしい。)忘れ物とかが多いから、そんななんとか学級に行かないといけないのだ、というのが、義母の理解になったようで。
視覚的情報の処理に問題がある、というのは簡単に話してみたものの、まぁ、分かれという方が無理かなぁ、やはり。

発達障害というのは、まぁ自閉症なども含め、子育てに問題がある、と言われるのはありがちなことですが、やはり自分が言われると、気分のいいものではありません。
かといってねぇ・・・仮に知的障害とでもなったら、そんなのはうちの家系にいなかった、と言われるであろうことは火を見るより明らかで、それもきついわなぁ・・・。子育てのせい、と言われるほうが、お説ごもっとも、なにもかも私がいたりませんで、と流せるだけマシかもしれん。

しかしなぁ・・・まさか学校に抗議とかはされない、と思うけど、行動力のある人なので、うーむ・・・。通級の先生にお手紙書かなきゃかなぁ。やれやれ。(だから黙っときゃ良かったのに、と、夫に言いたくもなるのだが、夫は夫で、旅行中、子育てやらしつけやらについてあれこれ言われた挙句に黙っていられなくてそんな話をした、という感じらしいので、旅行をパスした身としては、まぁお疲れ様でした、と言うしかないわなぁ・・・。)
[PR]
by mmemiya | 2012-08-24 22:06 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/17898169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 板谷 at 2012-10-07 19:08 x
初めまして。
突然のコメント、すみません。近く子供が発達検査に行くので、wiscの検索をしていたらこちらに来てしまいました。
いろいろとうちと通じる所も多く、楽しませていただきました。
しかし・・・結局、ADHDと一言で言っても、注意欠陥がよく出ている子もいれば、衝動性が強く出ている子もいます。その特性が強すぎると困るだけで、どの人にも特性自体はありますしね・・・
おばあさんにも、この記事を読むと、衝動性があるのではないかと思わされました。邪魔をされないといいですね。
どんな子も、高校卒業くらいになれば落ち着いてきます。それまでに、SSTをしてあげて、周りが理解することで2次障碍をおこさないことが一番大事です。(特別支援学校の校長先生やスクールカウンセラーの先生の受け売りですけど)
あなたの周りに、あなたとお子さんのの状況を理解し、力になってくれる人がたくさんいることを祈ります。
Commented by mmemiya at 2012-10-09 22:12
板谷さま、初めまして。コメントありがとうございました。        どの人にも特性があるのはおっしゃる通りだと思います。そして、子どもがこういう風ですので、その親、親族には、特性が一般より濃厚、と思われる人が複数いたりするのもまた自然なことで。うちの息子に関して言えば、私の遺伝が濃厚だと思ってますが、私は完全にADD寄りです。ついでに私の母もですが。(父は父で別の発達障害系の匂いがします。ははは。)まぁ、夫側に何も傾向がないわけではなく、特に義母は確かに衝動性は高いです。義父はあまりこれといった特性は感じられないですが。最近の私の悩みは、夫の息子に対する態度がちょっと・・・ということなんですけれど(それもまた、息子が可愛いからこそ、ではあるのでしょうが)高校卒業までですか・・・まだまだ遠い先のように思えますが、ぼちぼち頑張ります。ありがとうございます。