La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

ぼくの、わたしの、ジェンダー

さて、兄ちゃんは新しい機関車を2台買ってもらい、クリスマスにサンタさんにもらった「ゴードン」とあわせて3台になった。これを並べたり、客車や貨車を付け替えたり、と、夢中になって遊んでいる。
もちろん、娘も新しいおもちゃに興味しんしんで手を出そうとする。で、そのたびに「これは僕の!」と怒られるものだから、何かというと娘も「ボクノ!」と言うようになってきた。で、私が一度、「僕の、じゃなくて、私の、よ」と言ったもんだから、その後は「ボクノー!」が出るたび、兄ちゃんに「ちびは<ぼくの>じゃない、<わたしの>」と、言葉遣いを直されている。

ジェンダーというのは、簡単に言えば「文化的、社会的に(つまり後天的に)身につけられた性差」といったことになるのだろうが、男の子も女の子も1人しか育てていない(しかもまだまだ育て始めたばかり)乏しい経験からも、上の子と下の子は、けっこう違うよなぁ、と思う。
ま、かといってそれが男女差なのか個人差なのか、というのは、繰り返すがどっちも1人しかいないので、断言は難しいのだが、すぐ近所にいる甥2人、姪1人(いずれも年はうちの子達と近い)も含めて考えると、なんとなく、男女差というのは、例えそれが文化的・社会的な場面において現れるものであっても、後天的に身についたわけではなく、先天的な差異も多分にあるような気がする。

娘は最近、着る服にこだわりが強く、くまちゃんだのお花だのがついている服ばかり選ぶ。それはかまわないのだが、上着などでちょっとくまちゃんが隠れたりすると絶叫して大騒ぎで上着を脱ぎにかかるので、これが厄介ったらない。息子は3歳過ぎから、自分の着る服は毎日自分で取り出してきて着替えているが、「今日はこれ」などと選んでこそいるものの、そこに何かのこだわりがさほどあるようには見えないし、今の娘と同じ年頃のときは、ただ着せられるままになっていただけだった。
対して、息子が2歳前と言えば、遊ぶものはとにかくミニカーで、トミカのミニカーをひたすら並べ、信号待ちをさせ、とやっていたものだが、娘はこのところバスがお気に入りではあるものの(車に乗っていて、バスとすれ違うと、かならず「バシュ!」と叫ぶ。ミニバンも娘にかかれば「バシュ」である程度だが。)ミニカー遊びはそう長くは続かないし、1歳代後半のときの息子のように「どうしても信号のある道を通ってくれ」と駄々をこねることもない。今の娘のお気に入りはあんぱんまんやらクマのプーさんやらキティちゃんやらで、既に保育園では、お気に入りのキティちゃんのおもちゃがあり、それをぶら下げていないと不機嫌らしい。(この間、そのお気に入りがなくて別のキティちゃんを差し出されたが「イヤ」ときかなかったそうだ。)そうそう、1歳半ばごろから、娘はいつも首からポシェットのようなものをさげて歩き回っていたが、あれも息子はやらなかったことだ。

とはいえ、息子も人形遊びは大のお気に入りだったし、2歳の誕生日にぽぽちゃん人形を欲しがったのに続き、3歳のクリスマスに欲しがったのは「包丁(ままごとセット)」だった。1~2歳代はやたら赤色が好きだったが、最近、娘もしょっちゅう「あか、あか」と言い始め(まだきちんと色と名前が結びついているかは怪しいが)、赤色というのは、子どもが最初に認識する色なのかもな、と思ったりもする。
(最近の息子は「赤やピンクは女の子の色」と言い始めたが、自分が赤色のトレーナーを着ることに抵抗を感じているわけでもなさそうだ。)

子どもが好きなこと、やりたがることを「女の子だから、男の子だから」で制限する親にはならないようにしたいと思うし、「女の子のくせに、男の子のくせに」も言いたくはない。かといって、「女の子が人形遊びが好き、というのは刷り込まれたジェンダーなんだから、人形遊びなんかやめなさい!」と、過剰に性差を逆意識することもしたくはない。

結局は、子どものありのままをなるべく受け入れること、というのはたやすいが、子どもが大きくなっていくにつれ、親自身の中にある「おしつけ」を見直していく必要に迫られる場面というのは、きっとどんどん増えてくるのでしょうね。偏見のない人間なんて、しょせんありえないわけですから、あとは自分の偏見をどこまで自覚することができるか。
本当に、言うのは簡単だけれど、実行は大変だ。
[PR]
by mmemiya | 2006-04-17 00:00 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/1794991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。