La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

餅拾い

毎年、他地区の餅まき(厄年の男性がやる厄払い)に厚かましく出かけて餅を拾ってくるのですが、今年もちょうど、少年野球は午前中だったので、昼から出かけました。

片道40分ちょいかけて歩いていくので、息子と、とりとめもないことをいろいろ喋っていたのですが(娘は夫と先発していた)息子が今度の授業参観で発表する将来の夢はやっぱりパン屋で、そんでもって、高校へは行かず、中学を卒業したら、パンの美味しい国をまわってパンを研究するんだそうな。
・・・まぁなんだ、別に大学とか行かなくてもいいとは思うが、それじゃ少なくとも、英語の勉強はちゃんとやっておいた方がいいかもねぇ。っていうか、外国へ行く金はいつ貯めるんだ?中卒でしばらく働いて貯めるんだというが、それもなかなか大変だとは思うが・・・まぁ、夢があるのはいいことではあります。ドイツでパンのマイスターになろうと、フランス国立製パン学校へ行こうと、行けるものなら頑張ればいいわけですが。
ただ、息子の場合、あまりにも具体的なヴィジョンを描きすぎて自分自身がそれに縛られすぎるタイプのような気もして、軌道修正が難しそうなところがやや気になる。ピアノとか野球とか、好きで好きでやってるようには全然見えないんだけど、一度決めたことだから、と言って頑なに辞めようとしない。結果として、本を読むだのゲームするだのという、自分のやりたいことの時間にしわ寄せが来るのにねぇ。(息子が一番好きな時間は、日向ぼっこしてぼーっとしている時間だそうです。それなのになぜ、自分で自分を忙しくするのか。)そして、やめないという割に、練習だの努力だのはしないんで、ホントよく分からん。

餅まきの方は、やぐらの後ろに陣取って「落として~!」と叫び続けていた娘が9個と家族で一番荒稼ぎ(違)。あとは、夫4個、息子3個、私2個、ということで、娘は「やったー、しばらくもち三昧だー!」とはしゃいでいた。

しかし、3連休も野球やらなにやらであっという間に終わってしまいました。今日なんか、耐え切れずに夕方1時間弱寝ましたが、なーんか、疲れが取れないなぁ・・・と呟いているのも毎度のこと。さきほど、急に入り用なものがあってコンビニへ走ったついでに、つい、ハーゲンダッツの新製品など買ってしまった・・・。この間買った、西原理恵子の「スナックさいばら おんなのけものみち」に「女の大反省会! 私はこれで太りました」ってのがあって、そうそうそうそう、と頷きっぱなしでした。「これぐらいなら、ま、いっか」を20年積み重ねた結果が今。「明日からダイエットするから」の明日は永遠に来ない。いや全く、そのとおり。その通りなんだけど、つい間食してしまう・・・やっぱ、ストレスなんでしょうか、これは。
それにしても、「おんなのけものみち」、全部、ネットで読めるんじゃん。(ここ)わざわざ本で買う必要は・・・なかったな。
[PR]
by mmemiya | 2013-02-11 21:59 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/18590190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-02-12 12:19 x
おんなのけものみち、今検索かけて読んで爆笑しました!!(子供に見せられない・・(笑))

それにしても息子君、将来の夢が素敵。
パンか~。美味しそう~(そこか!!(笑))
どんな道でも頑張って欲しいですよね。
ワタシは自分が短大だったので行きたければ是非大学に行け!(自分が行きたかった)と話しているのですが、
本人はあまり興味がないようです。

まあ専門学校でもなんでも「これをやりたい」が見つかれば何よりとは思うのですが、
やりたいことが「福祉の店」という微妙に難しい夢らしいので
親としてもどの辺りを応援していいのか悩みます・・・。


まあそれでもおっしゃるとおり、自分で自分を苦しめてしまうのは親として望みませんよね。
軌道修正ありの人生で良いからゆっくりと考えて欲しいものです・・・
Commented by mmemiya at 2013-02-14 23:01
夏さま
「あるあるある!」ですよね、おんなのけものみち。やっぱみんなおんなじようなもんよねー、みたいな。

息子の「パン屋」は保育所の頃から言い続けてます。まぁ確かに、どんな道でもやりたいことを頑張って欲しいのですが、高校行ってないと軌道修正は大変かもよ、とは言っておきました。

お嬢さんは「福祉の店」ですか。どんな店だろう。なぜその夢が、とかいろいろ気になります。

でもホント、ゆっくりでいいから、着実に、自分の道を歩んでいってほしいものですよね。