La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

先週末は、3連休とはいえ、まぁいつものごとく野球だのピアノだので終わっていったということもあり、まぁ、チョコレートケーキは来週末ね、と、先延ばしにしてしまった。
2月14日は、職場の女子職員でチョコ交換会みたいになってしまった(笑)。男性陣は…一応、管理職には連名で差し上げました。夫がチロルチョコ20個もらって帰ってきましたが、私のほうが豪華(笑)でしたわ。
ま、一日遅れで、夫は(うちの息子と娘も)私の母と妹から、立派なチョコをもらったんですけどね。

ところで、今週末は、土曜が授業参観で、日曜は野球の月に一回の休みなので、よし、ケーキ焼くか、と思っていたら、夫の実家に集合がかかってしまった。ひな祭りのお祝いって・・・早すぎ、ってか、うちまだ、お雛様出してないし(汗)。まぁね、土日が孫みんなそれぞれ忙しい・・・ってことからそうなったんだけど、ちょーっとお雛様気分は出ないよね。というか、そろそろ、各種イベントを全員で集まってやろうというのは無理になってきてるんじゃないかな。

授業参観、息子は「10歳の誓い」とかで将来の夢を発表。「パン屋になりたいです」はともかく、義母も見に来るのに「高校へは行かず」は義母が卒倒するのではないかと(笑)思ってましたが、あれ?高校行かない発言聞こえなかったぞ、と思ったら、本人、アドリブでそこだけ飛ばしたそうな。お利口(笑)。けっこう大きい声ではきはき発表していましたよ。

娘のクラスは・・・英語活動。どのクラスも同じ英語活動だったんだけど、娘のクラスが一番やっぱ、なんというか・・・。知り合いのお母さんが「これは授業なのか休み時間なのか・・・」と呟いてましたが、ホント、自由奔放というか、先生の声が相変わらずクラスの後ろまで届いていないというか・・・。お店屋さんごっこだったので、席から離れて動き回る授業ではあったんだけど。

英語といえば、先日、むかーし子どもが小さかった頃、よく聞いていた「むしまるQ」(NHK教育テレビでやっていた、虫や動物のクイズと歌の短い番組。有名な洋楽のパロディソングがたくさん。「ホテル・カリフォルニア」→「ホタル・カリフォルニア」とか。)の「ゾウガメ」を久々に聞いていて、流れで、続けてVowwowの「Don't leave me now」など聞いてたら、夫に「なぜそうなる」と言われてしまった。しばらく意味がわからなかったのだが(歌ってる人がどっちも一緒なのです)夫は、後者をデーモン閣下の歌声と勘違いしていたらしい。
・・・閣下と人見先生(元Vowwowのボーカルである人見元基は、現在、高校の先生)、別に声、似てないと思うけどなぁ。閣下の声はもうちょっと細い感じ。

ただ、そういえば、この二人が一緒に歌ってる歌があるんだよね。Deep Purpleのトリビュートアルバム。何人かのヴォーカリストが、ディープ・パープルのいろんな曲をカバーしてるわけですが、当然、英語の歌です。で、中には「歌は上手なんだけど、ただ、英語には聞こえてこない・・・」と私には思えてしまう曲があります。
なんだろう、歌っている(しかもよく通る声で)ってことは、声量(呼吸?)が足りないはずはないはずで、やっぱ、一つ一つの音を作る「息」なんですかねぇ、こういうのって。摩擦とか破裂とかが足りないから、日本語ではないのは確かだけど、何語だろう、みたいな不思議な音に聞こえてくるのかな。
そういう曲を聴いていて、中津燎子さんの「なんで英語やるの」の冒頭を思い出しました。著者がアメリカから日本へ帰国してまもない頃、アメリカに留学する予定の子の発音をみてやってほしいと頼まれ、気軽に引き受けて、その子にスピーチをしてもらったところ、彼女の言っていることがただの一語も聞き取れなかった・・・というシーンです。何回か繰り返してもらって、最後に勇気を振り絞って「その、最初のところ、アウスクウと聞こえるのだけれど、アウスクウって何かしら?」と尋ねる。彼女の返事がないのでスピーチ原稿を見て、「ああ、Our school だったのねぇ!」と叫ぶ・・・。(記憶で書いてるので、大体こんな感じだった、ってことでご容赦を。)
初めてこれを読んだ中学生の頃は、ただ、そうなんだー、私たちの発音って聞き取れないのかー、という程度の感想だったのですが、このトリビュートアルバム聞いてたら、その場面って、こんな感じだったのかな、という気が、少ししました。
一方で、元基先生(東京外国語大学英語学科卒で、英語の先生)が歌ってるのは、自分が知らない単語が聞き取れない、ということはあっても、英語だなぁ、とは思うのですね。英語に聞こえてこない人との違いとして、CD聞かずに歌詞カード見たときに、ああ、こういう歌詞だったのか、と、ちゃんと歌えます、元基先生が歌ってる歌は。要所要所で自分が聞き取れる音だけ拾ってたのを、歌詞カード見て、間を補完できる感じというか。

日本語の柔らかい響きというのはいいものですが、外国語をやるときには、息、唇、舌の使い方が全然違うのだ、ということを意識してかからないと、なかなか違う音に近づいていけませんね。で、本日の子どもたちの英語活動といえば、ねぇ・・・。先生の発音以外の音を聞く場面は作られているのだろうか・・・。
[PR]
by mmemiya | 2013-02-16 21:59 | 日々雑感 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/18624883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2013-02-20 15:48 x
みけです。お久しぶりです。お元気でしょうか。
最近は、英語も「音」もすっかりご無沙汰なんですが、栗○類っていうお父さんが英国人の男の子のモデルさんがいるんですけど、日本語をしゃべってるのを見て、ちょっと違和感があったのです。ところがTVでティム・バートン監督に英語でインタビューを見たんですが、そっちはまるっきり普通で。あー、この人、英語の発声のまま日本語をしゃべってるんだ、と。普通の日本人は「音」なんて関心ないから、彼は変人扱いみたいですけど、誰も気付かないものなんですね。

さて、昨春から武術太極拳を始めました。身体があまりに固く筋力もなく、思うように動けないので、10月からストレッチと少し筋トレを始めたら、心の状態まで変わってしまって驚いています。長年悩まされてきた、絶対治らないと思っていたコリや痛み、冷え性からも、あっけないほど簡単に開放されつつあります。今まで、いかに頭でっかちだったのか・・・さっさと身体に訊けばヨカッタ(笑)。

ところで武術って、教わることが1だと9は自分で研究するしかないのですが、結局のところ、昔の出会った竹内敏晴さんとか野口体操に戻ってきている感じですね。
Commented by みけ at 2013-02-21 16:14 x
(連続ですみません)歌でいつも惜しいなあ!と思うのは、山下達郎ですね。息のつなぎもうまいし、子音の粘りもあるんだけど、アタックがない。なのに彼はある意味、日本語で歌うよりはるかに説得力があるので、実に不思議です。

昔に比べたら、ペラペラ~英語(笑)は減っているのでしょうけど、母音の中に母語(日本語)がちゃんと残ってて、かつアタックがあり子音も粘るという、非英語圏人の英語音の日本人がいたら、やはり今でも珍しいかもしれません。

英語の子音には意志が出ると聞いたことがありますが、意志なきところに道はないのかも(笑)。
Commented by mmemiya at 2013-02-26 20:46
みけさま、大変ご無沙汰しています。しばらくブログを見ておらず、コメント承認遅くなってすみません;                   
相変わらず、我が家のテレビは映らないので(苦笑・この間、室内アンテナ買ってみたのですが、電波がそこまで強くなくて室内アンテナではダメみたいでした…)残念ながら教えていただいた方の話すところを見たことがないのですが、ちょっと興味が湧きました。                                   
Commented by mmemiya at 2013-02-26 20:50
頭でっかちって、私、まさにそうなので、耳が痛いです。体動かすことすら、参考書を探してみたり(苦笑)。私も、コリや痛みからはおさらばしたいのですが…。もう少し、子どもの手が離れたら、自分自身のために体動かしに行く時間も作れるでしょうか。とりあえず、家でたまーにエアロバイクを漕ぐぐらいじゃ…やっぱダメですよねぇ。
Commented by みけ at 2013-02-27 14:23 x
まずは『歩く』のが一番いいみたいですよ。大きい筋肉を動かすと血が巡るので、身体が軽くなりました。ストレッチはお風呂上りに伸ばす程度でもかなり楽になりますよ。

そうそう、身体を動かすようになって、まず驚いたのは、朝起きて体調が毎日違う!と気付いたことです。暑さ寒ささえ、自分の感じ方ではなく【温度計の数値!】で判断してましたわ(大笑)。

でも頭でっかちは、そうそう簡単に直るわけもなく、いろいろ資料に当たったり(そういうのが好きですし)、たまには自分の身体に訊いたりして、やっております。

太極拳は手取り足取り教わるわけではないので、自分でDVDなどを参考にやってみて、先生に直してもらうつもりで通っています。身体のことはやればどんどん変わるので、面白いものです。