La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

なんといいましょうか…。

なんと、娘の担任が、2年連続で、講師さんであることが分かりました。
前任校として書いてあったところが他県で、ちょっと引っかかってはいたのです。
まぁ、他県で講師や正教員をしておられて、こちらの県に新規採用になる方ももちろんお見えですが、そういや、教員は新規採用者が新聞に載るのよね、みたいな。

今時、小学校は、おそらく全国どこでも、講師に担任もたせないとまわってないんじゃないかと思います。わざわざ学校基本調査のデータとか見に行ったわけじゃないですけど(っていうか学校基本調査にそんな項目があるかどうかも知らんけど)友達の話を聞いたりした感触として。

別に、講師の先生が悪い、と言いたいわけではありません。正規教員でも、困った人もいるでしょう。しかしながら、去年の、新卒で講師さんというのは、さすがに親としては、ちょっといかがなものかとは思っていました。新卒ってことは、教育実習の経験はあり、教員免許を持っているとはいえ、もちろん、教壇に担任として立った経験はなく、おまけに、教員採用試験には受からなかった、ということですから…。

そもそも、採用試験に通った人も、落ちた人も、同じように担任がもてるのであれば、採用試験って何、って言いたくもなります。もちろん、身分の安定度は比べるべくもありませんが、子どもたちにとっては、身分がどうであれ、その一年間、「先生」と呼ぶ重みは一緒なわけで。じゃあ、採用試験ってなんのためにやってるの、とも思っちゃうわけですよ。ちなみに、娘の昨年度の担任は1年で退職されました。離任式で「先生になるための勉強に集中するため」とおっしゃったそうですから(娘談)、おそらく、去年、娘たちを担任しながら受けたであろう採用試験も不合格だった、と。(うちの県では、講師さんの場合、1次試験免除だったような気がしますが…。)
しかし、離任式で「先生になるため」と言われて、いったい子どもたちはどう思ったのか。「え?じゃあ今まで先生じゃなかったの??」と混乱しそうなもんですよな。

今年の担任の先生は、少なくとも、担任を持った経験はお有りのようですので、いい先生であることを親としては願うばかり。去年の娘のクラスにいた、授業中立ち歩く子達は、それぞれバラバラのクラスになったようで、娘のクラスを除くあとの2クラスは、ベテランががっちり固めています。さて、今年はどんな一年になることやら…。
[PR]
by mmemiya | 2013-04-10 22:47 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/19191501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-04-11 23:14 x
確かにそれはちょっと・・・ですね。
講師が教員採用試験に不合格の人、というのは実は
今初めて知りました!!!
そういうことだったのかー!!

以前、講師の先生が担任を持たれたときに
家庭訪問でクラスの親の内部事情をあれこれ
暴露したらしく
またそれを聞き出したのがスピーカーママだったので
あっという間に私たちの耳にも入り
「あの先生、要注意・・」と思った事があります。
(1年で転籍されましたが)

講師は授業補助とかそういう立場にしたらどうなんでしょう?
担任を持つのはおかしいですよね。
他の先生もどう思っておられるのか・・・。

ちなみに、うちの学校には大学生のスクールサポーター
という先生がいらっしゃいます。
多分、職場研修?なんでしょうねぇ。
担任補助、の先生もいらっしゃるし、色々あって
良く分からないー!!(笑)
Commented by mmemiya at 2013-04-12 20:39
夏さま
講師の先生にも色々あって、一度は正規教員だったけど、家庭の事情等で離職されて、また講師として働いていらっしゃるとかいうパターンもあると思います。
ただ、若い方はほとんど、採用試験浪人じゃないのかな…。うちの県は近年、採用人数がホントに少ないので、余計に、という感じですが。
今の学級数をすべて正規教員で担当するのは理想なのですが、それをすると、将来、子どもがもっと減った時に、余剰教員が増えすぎる…という理屈は分かるんです。分かるんですが、親の立場としては、せめて新卒の講師さんの担任は勘弁して欲しい(笑)。エゴですけどね。