La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

我が家の子育て必需品

子どもが生まれることになると、雑誌やらネットやらで情報収集して、色んな育児グッズを用意するわけですが、その中でも、特に我が家で役に立ったものたちをご紹介。

◆ベビービョルン だっこ紐
 生後一週間から両手を空けた抱っこができる、というのが最大のポイント。
 大抵、そんな首も据わらない新生児は、抱っこ紐を使ったって手を添えなきゃなりませんが、このだっこ紐は、子どもを抱きつつ荷物も持てるし、上の子と手をつなぐこともできる。
 一人目の一ヶ月健診もこれで行きましたし(母子手帳出したり支払いしたり、と、手が空いてないと何かと大変。もちろん、クーハンで来てる人も大勢いましたが。)二人目もベビーカーが使いにくい所へ行くときは重宝しました。
 難点は、1歳前には使えなくなる、というところ。でも、使える期間が短くても、その間は本当に必需品でした。

◆ベビービョルン スタイ
 こういう、布ではないスタイ(ポケットのようになっていて、落とした食べ物をキャッチする形)、最近は色々出ているようですが、上の子の離乳食を始めた頃は、あまり見つけられませんでした。というわけで、ベビービョルンがいいのか、こういうものならなんでもおんなじかは分からないんですが、布の場合、ポケット式になっていてもあんまり立体的じゃないので食べこぼしをキャッチできません。その点、このスタイは優れもの。おまけに、ささっと洗ってまた次に使えばいいので、洗い替えを用意する必要もなし。
 お出かけ時に、たためる布と違ってかさばるのがやや難点ではありますが、上の子のお古を、まもなく2歳の娘がまだまだ愛用中。

◆トリップトラップ(ベビーチェア)
 子どもイスにも色々あって、最近はトリップトラップのような「子どもの成長に合わせて座板などを調整できるイス」が、国産でも出ていますね。
 それらと比べてどこが優れてるか、とかいうことは、使い比べたことがないので分かりませんが、テーブルなんかがついているイスよりは、トリップトラップはシンプルで長く使えていいです。安定感もあるので、子どもが自分でよじ登っていても、イスごと倒れるというのはまだ経験していません。
 今、うちには2つこのイスがあって、上の子が使っていたベビーガードを、下の子のイスにはめ込んであります。(そこだけ色が違いますが、ま、気にしない、気にしない。)
ベビーガードのある間は、自分ではイスから下りられないので大人しく食べてますし(逆に、ここから自分で抜けられるようになれば、そろそろベビーガードは卒業かな?)それぞれの家庭のテーブルの高さと子どもの体格に合わせて調整し、長く使えるありがたいイスです。
 難点はなんといっても高いことですが…(定価だと28,000円ぐらいするみたいですね、今。)
[PR]
by mmemiya | 2006-05-02 06:22 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/2006558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2006-05-03 01:20 x
スタイとトリップトラップは我が家も同じですっ!
抱っこ紐は全然使う機会も無かったので買ってないのですが
二人目がもし生まれたら必需品ですよねぇ。
やっぱりお母さんのお奨め品はみな同じですね^^

Commented by mmemiya at 2006-05-04 16:52
おんなじですかぁ。やっぱり、有名な品って、いいと言われるだけのことはありますよね。
抱っこ紐は最近、スリングも人気がありますが、私はあれはどうもコツがよく分かりませんでした。赤ちゃんはあれ、安心するらしいですけど。