La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

勇気がないという決めつけと上から目線

美味しんぼ最終話、プラス、編集部の見解と識者の意見だっけ、まぁ、世の中をひと通り騒がせつつも、結局、小学館としてはアレを撤回する意向はさらさらないようで、あれが被災地差別だと思う人と思わない人の断絶は深い。なにしろ第二話あたりの小学館広報室談話は、「単行本化するときには注釈をつけるかも」とかいう内容で、あれを単行本化するつもりなんだ!とこっちは衝撃を受けた。離乳食に蜂蜜の回みたいに、単行本未収録にするかと思ったよ。

各種の「根拠を示せ」の声に全く応答しないまま、この騒動は収束できる、というのが発行者の見解なのかね。実在の登場人物、実在の地名を出しておいてそれはひどいだろ、と思うけど。

「除染して住めるようになんてできない」発言も問題だが、作中、海原雄山に言わせている「福島の人たちには危ないところから逃げる勇気を持ってほしい」という台詞は、本当に腹立たしい。190万福島県人が、勇気がないからそこにいるとでも?いや、危なければ逃げなければならないのはもちろんなんだけれど、逃げなければならないほど危ないというのは作者の主観であって、客観的に証明された事実ではない。

というか、この台詞、「あなたたちは愚かで、自分たちの危険性を知らないんだよ」と、福島に住む人をどう考えたって見下しているのがなにより厭だ。そもそも、タイトルの「福島の真実」からして、「真実」って、限られた人だけが知っている本当のこと、みたいなニュアンスを含んでますわな。

福島在住者の「どうしたら普通に福島に住むことを尊重してもらえるのか」というつぶやきが胸に痛かった。

リスクがゼロじゃない以上は危険だ、と思う人もいるのかもしれないが、うちの県なんか自然放射線量がもともと全国一高いとかいう話だし(花崗岩が多いせいだそうです)、そもそもリスクって言えば、車(他人が運転するバスとかも含む。電車だって同じか)に乗ると自動車事故に遭うリスクがゼロじゃないから通勤通学買い物やめるのか、いやそもそも自転車や徒歩だって危険運転の車に轢かれる可能性がゼロじゃないから家から出ないようにすべきなのか、家は地震で壊れるかもしれないし寝てる間に火災に遭う可能性だってゼロじゃないし、って話で、我々の人生、どこにもリスクゼロなんてものはない。(まぁそもそも誰もがいつかは死ぬ、ということはここではさておいて。)毎日、「出かけるリスクと収入を失うリスクのどっちが高いかな」なんてことを意識するわけではないけれども、結局、我々は自分のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)とリスクを天秤にかけて、何かを選び取ってるわけでしょ?(地震のない国の人から見れば、日本に住んでる事自体が信じられないことかもしれない。)福島に住んでいる人だけがリスクを無視して生活しているわけでは、全くないわけで。

いつまでリンクが残るか分かりませんが、福島県内の反応を伝えるNHK福島のページ。これが多くの人の反応なのだろうな、と思う。
http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054396761.html
[PR]
by mmemiya | 2014-05-19 23:58 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/22082765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。