La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

とうとう踏み込んでしまいましたよ

松もとれて今更ですが、本年も宜しくお願い申し上げます。
仕事始めが月曜って、一週間が長かった…。子どもたちは、木曜始業式、金曜授業でまた3連休だというのにねぇ。ま、それもけっこう嫌なものかも。なかなか学校へ行く気分になれそうにないというか。

それはともかく、連休初日の今日、とうとう、スーツのパターンオーダーをしてしまいました。
オーダー、といえば、私、ウエディングドレスは、デザインを選んで、採寸してもらって、仮縫いして、仕上げてもらったのですが、ああいうのはなんて言うんだろう。
そんなことはともかく、スーツのオーダーは、もちろん、初めてでございます。

そもそも、東京や大阪近郊ならともかく、名古屋近辺では女性用のオーダーを取り扱うところもそんなに多くなさそうなのですが、ネットで色々調べまして、出かけてまいりました。

夫は、パターンオーダーでいいの?という反応だったのだけれど、そのお店がたまたま、なのかもしれませんが、女性の場合、イージーオーダーは、男性用スーツの小さいの、みたいな感じになって、上半身が、簡単に言うと寸胴になるんだそうな。
パターンオーダーは、選べる型はそんなに多くはありませんでしたが、ウエストやヒップなどは当然、自分のサイズに合わせられるし、裏地とかボタンも選べます。ボタンの数とかラペルの形もね。あ、袖を本切羽にするかどうか、とかもあったな。
夫の思い描いていたスタイルとはやや違うようで、クラシックじゃないというようなことを多少言ってましたが(ポケットのラインがまっすぐじゃなく斜めなのがどうとか)、やっぱりさあ、女性物の場合、どうやったって、何十年も変わらない(男性物でも、ラペルの幅とか、若干は変わっていくようですが)スタンダードなデザインってのは、結局、ないんだと思うのですよ。ジャケットの長さとかも流行で変わっていくし、例えば昔のすんごい肩パッドが目立つ服とかさ、もう、恥ずかしくて着られないわけですよ、今や。
そうであれば、まぁ、あまり奇をてらわないデザインで作って、着倒すしかないんじゃないかと。
スカート丈は、見本のスカートより3センチほど長くしてもらって、膝頭の半分ぐらいまでにしてもらい、袖を短めにしてもらい(女性用としてはやや短すぎるぐらいでお願いしてしまいましたが、袖丈はまた、旦那が色々言うもんだから、私も男性並みに1.5センチぐらいシャツが出なければいけないような気分に洗脳されかかっている…ははは。)あとは、見本の9号サイズのままで作ることになりました。

生地はそれなりに色々選べたので(バーゲンの生地からだったので、例えば同じゼニアの中でも最高級品!みたいなのは見当たらなかったけど)、生地の方は男性用スーツ生地の中から選びました。
輸入生地のコーナーを見始めたら、「いい生地だから長持ちする、と思われがちなんですが、いい生地はお手入れが大事なので手がかかります」という店員さんのアドバイスが。夫はちゃんと着るたびにブラシかけますが、私はいい加減です。見習わなければなりませんな。

男性のオーダースーツとはやや意味合いが違うのかもしれませんが、女性用の既成のスーツであれだけの生地を使ってるとなると、多分、それなりに名の通ったブランドのものしかなく、当然、価格も跳ね上がるでしょうから、そんなにデザイン性は求めないけど質はいいものがほしい、という場合は、女性にとってはオーダーって案外、お値打ちだと言えるのかもしれません。

・・・って、実際のところ、お買い得だったかどうかは、出来上がってみないと分かんないけどさ!!
[PR]
by mmemiya | 2015-01-10 22:09 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/23537979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。