La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

ムスメとおっぱい

冷凍庫を整理していたら、使わなかった冷凍母乳の袋がいくつか出てきた。
あらら、もったいない。

私は、上の時は子が9ヶ月、下の時は子が10ヶ月になったときに職場復帰している。
上の子は、私の不在時に2回ぐらい粉ミルクを飲んだと思うのだが、下はもう、哺乳瓶からして受け付けずじまいで、上の子は、職場復帰後の日中はフォローアップミルク(のち牛乳)だったが、下は、白湯だのお茶だので水分補給をしていた。(1歳以降は牛乳大好きで、コップで牛乳を飲んでいるが。)

復帰後すぐは、日中はおっぱいが張って苦しく、搾乳をしたりもしていたが、絞ると、そうそう飲ませられるほどには取れなかったりして、そのうちに、張って苦しい思いをすることもなくなり、結局、搾乳して冷凍して飲ませる、なんてことはほとんどやらなかった。冷凍庫に残っていたのは(しかしなんという整頓の悪さ…)その最初の頃に僅かに取れた、ある意味貴重な搾乳分(せいぜい40ミリリットルぐらいの)だった。

体が復職後のリズムに慣れていき、日中、張って苦しいということがなくなっても、朝、帰宅後、就寝前、夜中、と授乳は続き、ちゃんとそういう時には母乳が出る、という便利な体になった。
それで息子は復帰後6ヶ月、娘に至っては、復帰後1年間、朝な夕なに母乳を飲み続けた。

ところが、である。息子よりも長い期間、おっぱいを飲んでいた娘なのに、未だに、何かというと「おっぱい、おっぱい~!」なのである。いっちょまえの口を利くようになり(昨日、某自動車販売店のキティちゃん広告を見て、「キティちゃん、んー(言葉を捜している)、どうしてはってあるの?」などと発言し、私を驚かせた)赤ちゃんぽさがすっかり抜けてきても、ちょっと機嫌が悪かったり、不安になったりすると、おっぱい、おっぱい。
さすがに飲もうとするわけではないのだが、ひたすらハハの胸元に手を入れ、まさぐり続ける。すとん、と寝る日もあるが、これをやらないと、未だに寝付けない日もある。

やっぱり、ある日突然「はい、今日までよ」で、断乳しちゃったからかなぁ。
断乳後、4ヶ月たってもこの有様ゆえ、やっぱり、自然卒乳を待つべきだったか、と、今更ながらにちょびっと後悔してみたりするハハなのです。
じゃあ、もし、卒乳を待ってたらどうなってたか?なんてことは、今更永久に分かることではないので、後悔したってせんのないこと、なのですけどね、こんなこと。

触るぐらいで安心するなら、どうぞご自由に、と言いたいところではあるんだけれど、外でもお構いなしにこれをされると、ちょいと困る場面もあるのです、はい。

やれやれ、子育ては、迷いと後悔の連続ですねぇ…。
[PR]
by mmemiya | 2006-07-22 17:13 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/2871135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。