La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

2歳差の体重差

毎月一度、保育園で身長と体重の測定がある。
お帳面(毎日、出席シールを貼ってもらう)の最後の方のページに、毎回記入されているので、そういえば10月分はどうかな、と見てみて、ううっ。

息子の体重が4月以降ずっと横ばい(0.2キロぐらい増えたり減ったり…)なのが、このごろ気にかかって、先生にも、昼ごはんをどの程度食べているか聞いてみたりしていたのだけれど、なんと、今回、息子の体重と娘の体重に、0.5キロしか差がない!

多分、同じ体重計で、同じような条件で測定しているのだろうから、この差はけっこう信頼できる数値だろうと思うのだけれど、2歳2ヶ月違うというのに、この間まで「1キロしか違わない」と気になっていたのに、0.5キロ!

息子の横ばい状態もだけれど、これでついに乳幼児発育曲線の97パーセンタイルをはみ出してしまった娘の肥満?も気にかかり、カウプ指数を計算してみたり、肥満度を計算してみたり。
まぁ、娘の場合、身長も97パーセンタイルの上ぎりぎりで、肥満…というところまではかろうじていっていないかな。どちらもカウプ指数はなんとか正常範囲、ただし息子は下限ギリギリ、娘は上限ギリギリ、ってところである。
同じように育てているのになぁ…。でも、最近、どうかすると息子より娘の方がよく食べていたりもする。ま、生まれからして、上は2750g、下は3500gと差があるわけで、元気ならそう心配することもないのだろうけれど…。


昨日は久々に、普段行かないスーパーで買い物して、ついつい、普段のスーパーでは見かけないラム肉など買ってしまった。いつも行くところでは、あったとしても薄切り焼肉用のラムしかないのだけれど、骨付きやら、ステーキ用肉やらがあったので、素通りできなかった。
(あと、ここでは鴨肉にも誘惑されてしまうのだけれど、鴨を、それなりに食べた!と思える量買うと、た、高い…)
それで今日の夕食はアイリッシュシチュー。というと、すごいものを作ったようだけど(笑)、肉と野菜を鍋に入れ、ひたひたに水を入れ、塩コショウして(ハーブもあればなおよし)ただ煮るだけの簡単料理。その単純な料理が、美味しくって、幸せ~。
次第に寒くなってきて、鍋料理の季節ですなぁ。
[PR]
by mmemiya | 2006-11-01 22:04 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/3683217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kinue at 2006-11-06 21:58 x
今の日本の母子手帳は、ミルクで育てた場合を想定しての
乳幼児発育曲線なので、母乳の子とは明らかに差が出ます。
だからそんなに気にすることはないと思いますよ。
大きくても、小さくても。
うちも夏以来、すっかり体重がストップしています。
身長は保育園に行っていないので、測れませんが。
ごはん以外、何も食べないので、そんなもんかと
思ってますが、元気に食事ができているようなら、
心配は無用だと思いますよ!
Commented by mmemiya at 2006-11-07 21:57
ありがとうございます。
うーん、そうですねぇ、母乳っ子は小さめ、という風に考えると、娘の場合の、
同年齢の97パーセントの子より大きい、というのは謎なんですが(笑)
まぁ、あまり気にしないことにします。
乳幼児発育曲線上では、息子の方は、やや小さめ、という感じで、標準内には
おさまっています。
あれは、10年おきに行われる乳幼児身体調査(だったっけ?)の結果から
作られているんですが、次の平成22年の時には、母乳栄養だったかミルク栄養
だったかで、それぞれ違う発育曲線を作ってくれるといいですね。まだ5年も
先の話ですが…。