La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

石井桃子さん100歳

下の記事を書いてからちょっと調べたら、なんと、今月、石井桃子さんが100歳を迎えられたのだそうだ。

日本では、クマのプーさんはもちろん、ドリトル先生も石井桃子さんなくしてはありえなかっただろうし、もちろん、今は「ミッフィー」と呼ばれることが多い「うさこちゃん」シリーズも石井さんの翻訳だ。(我が家の子どもたちは、私が読んでいた「うさこちゃん」シリーズを私の実家から持ってきて読んでます。うちの絵本は半分ぐらい私のお古。)

更に、翻訳者だっただけではなく、石井さんは編集者として様々な本を世に送り出してきた。石井桃子さん100歳、というのを見つけたと同時に、YomYomという新潮社の新しい雑誌が石井桃子特集と言うのも見つけ、思わず買ってしまったのだけれど、「ぐりとぐら」で有名な中川李枝子さんの第一作「いやいやえん」(これも持ってたはずだ、私…)の編集者も石井さんだったのだそうだ。

アマゾンで、クマのプーさん関連本(大人向けの哲学書風な本?)について、「ティガーがトラーなどと訳してある、ひどいミスだ」みたいな書評を見つけて複雑な気分になったのだけれど、翻訳には毀誉褒貶がつきものとはいえ、やっぱり子ども向けには「トラー」は名訳だったんじゃないかと思う。まぁ、ディズニーキャラクターは、登場人物(人じゃないけど)の性格もずいぶん違うらしく、全く別物と考えたほうがいいんだろうけど。

そして、翻訳といえば、ジャバーウォッキーの訳にも、ずいぶん色々あるのだと、改めて知った。
これとかこれとか
言葉遊びの訳というのは翻訳者泣かせだろうなぁ。
古くは、北原白秋が「Rain, Rain, go to Spain」を「雨、雨、阿波へ」と訳した、なんてのがあったように思うけれど。
しかし、私はこれだけの翻訳が一堂に並んだのを見ても、一番しっくり来るのはやっぱり生野幸吉訳なのだから、刷り込みと言うのはげに恐ろしい。
[PR]
by mmemiya | 2007-03-16 19:29 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/4873207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。