La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

あー、明日もお弁当…

子どもたちの通う保育園。27日に卒園式があり、それ以降、入園式まで、希望者は保育するけれど、お弁当・水筒・おやつ持参が必要。
日頃やりつけないもので、なんかいつもにまして、朝がどたばたになっています。もうちょっと早く起きればいいだけのこと…なんだけどねぇ。
そうして今朝は、バタバタした挙句、保育園に着いて、娘のかばんをまるっと一式忘れてきたことに気がついた…。嗚呼…。

初日のお弁当がどうだったか、昨日の帰りに子どもに聞いてみたらば「白菜はちょっと残しちゃった」。いえ、それはね、白菜じゃなくてキャベツよ。(白菜とウィンナーの炒めというのはちょっと斬新でありすぎるのではないか。)
「おにぎりにのりがついていなくて、みんなに笑われた」。ホントか?それ、本当なのか??いや確かに、海苔まくの忘れちゃったことに、後から気づいたんだけどさ。ノリ巻いてなくてもおにぎりはおにぎりでしょうが。それって笑われることなのか?
まぁ息子の話なので、どこまで正確かは分かりません。でも、私に気をつかってか、「みんなに笑われたけど、僕は全然気にならなかったよ」と付け加える息子。いや、そんなこと言われると、ますます複雑な気分ですが…。

「さめててお弁当は美味しくなかった」とものたまう息子。うーん、なかなか厳しい。
「A君のお弁当は全部おいしそうだった。明日はA君みたいに、丸いおにぎりがいい」。まぁそりゃ、丸い方が三角より握るの簡単だからいいんですが。
A君のおうちの事情は知らないが、送迎でも保護者出席行事でも、お父さんしかお見かけしたことはない。お弁当も、息子いわく、A君のお父さん製らしい。どこがおいしそうだったのか聞いても、「おにぎりが丸くてふりかけがふってあった」とのコメントのみで、おかずについてがよくわかんないのですが。

それはともかく、実は、息子が残したというキャベツは、私も昼に食べながら「しまった、味付けがイマイチ」とは思っていたのですね。小林カツ代さんのお弁当の本に、自分は出かける予定がなくても、お弁当はちゃんと自分の分も作って、昼に食べなさい。そうしたら、どのおかずが今一つだったかがちゃんと分かるから。というようなコメントが載っていたのを思い出しました。いやぁ、おっしゃるとおりですねぇ。

今日は息子のリクエスト通り、丸いふりかけおにぎり。鳥の唐揚げと、一緒にさつまいもを揚げたもの、ほうれん草のおひたし、にんじんのグラッセ、といった弁当メニューでした。
さてさて、明日は何を作るべきか…。それと、量にも悩みます。ちょうど、ちょっと前に買った「きょうの料理」テキストに、3~5才のお弁当はこれぐらい、みたいな記事があったのですが、うちの子たち(特に娘)は、あんなんじゃあ絶対に足りない気が。だって、この間の遠足の時持たせたお弁当(子ども用の弁当箱と、別にホイルに包んだおにぎり)について、担任の先生から「普段、園で食べている量より少ないので、今度の希望保育の時は、もう少し多めに持たせてください」って言われちゃったんだものー!いったい、どれだけ食べてるの、うちの娘は。そんなに食べさせて、ほんとに大丈夫なんだろうか…?とか、悩みはなかなか尽きませぬ。ううむ。

うちの母は自他共に許す弁当上手(普段の食事より、弁当の評価が高い)だったのだけれど、さて、何が入っていたかというと、今になってみると具体的に思い出せるものは少ないんだよなぁ…。
[PR]
by mmemiya | 2007-03-29 22:42 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/5005104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。