La Lune Lunatique

mmemiya.exblog.jp
ブログトップ

水疱瘡補遺

4年前に、息子が水疱瘡をやっておりますが、娘が水疱瘡になって驚いたこと。
水疱って外陰部に出来やすいんですね。粘膜とか、考えてみたら当然のような気もするけど、男の子と違って、こすれたり、乾かなかったりするところだから、相当痛そうで可哀想でした。本人も、そこの痛みをしきりに訴えてました。
最初、かかりつけ(というのも微妙だな…予約とかもろもろの状況次第で2軒の小児科のどちらかに行っているのですが、今回は片方が休診日だったので選択の余地なし)では抗ウィルス薬(息子の時はゾビラックス、今回はジェネリック)とカチリを貰ったのですが(でも、カチリは痒がらなければ塗らなくて良いと言われた)、その後、とにかく外陰部がイタイイタイと娘が言い、カチリをここに塗るのはまずそうだな~と思って、翌朝の病児保育で経過説明するときにそう話したら、陰部用には別のお薬を処方していただけました。

ところが。金曜日、夫が飲み会で不在、夕食後、私がトイレに入っている時に事件は起こりました。
息子の叫びでトイレから出てみると、なんと、娘、その「亜鉛華軟膏」を、両腕に塗りたくって、ひじから下が真っ白!
びっくりしてあわてて洗うも、水をはじくので、結局、ペーパーで拭き取って、とりあえず、これ以上できることはない、という状態になってからあわててパソコンにかじりつく。
中毒情報センター?と思ったが、あそこに医薬品関係の情報はなく、薬名で検索すると、まぁ、副作用が怖いタイプのものではないらしく、とりあえず一安心。
でも、あまりに心配で(相談できる相手が家の中にいないし)すみません、某病院の夜間急病電話相談(小児科の看護師さんが電話で相談に応じてくださる)に電話しちゃいました。
あの~、急病じゃないんですけど~、って。とりあえず取れるだけ取ったつもりですけど、あと、何か、するといいことはあるでしょうか、と。
そうしたら「お風呂で洗い流してください、と言っても水をはじきますけどね」といったような回答で、やっとほっといたしました。

このごろね~、高いところへ物を片付けておいても、椅子(トリップトラップ)引きずっていって、それをはしご代わりに、なんでも取っちゃうんですよ。はぁ。
薬はもう、私でも踏み台に乗らないと届かないぐらいのところへしまわなきゃだめだなぁ…。
娘は「だって治りたかったんだもん」だったか「治ると思ったんだもん」だか、興奮してわめく私に返事しておりました。そーだよなぁ、治りたかったんだよねぇ。
たまたま、そう怖くない薬だったからよかったものの、ホント、心臓が止まるかと思った出来事でした・・・。
[PR]
by mmemiya | 2007-05-29 00:58 | 子育て、子育ち | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmemiya.exblog.jp/tb/5486849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2007-05-29 18:18 x
こんにちは。「亜鉛華軟膏」は、古くから皮膚科の薬として使われているものです。皮膚から吸収されるようなものではなかったと思うのですが、お嬢さんはその後いかがですか。私は中学生の頃から皮膚炎を起こしやすく、今でもアトピーっぽいので、ステロイドの上に亜鉛華軟膏の重ね塗りをし、ガーゼで巻いて寝ています。乾燥を抑える効果があり、ジュクジュクした傷口を覆うのにむいています。
ところで、調剤薬局の薬剤師さんはあまり説明してくれなかったんですね。私の利用している調剤薬局では、効果と副作用などの情報を書いた紙をくれるので、それを見ながらいろいろ追加で質問することがあります。納得できないとその場で担当医に電話で確認してくれたり、なかなか親切で助かってます。
Commented by mmemiya at 2007-05-30 03:41
みけさま、おかげさまで娘は元気に飛び跳ねております。そうですね、なんというかコーティング剤みたいなものなんですね、亜鉛華軟膏。
このお薬は、病児保育に預けた時に出していただいたので、直接、薬の説明は聞いてないんですよ~。(病児のスタッフが代わりに受け取って置いてくださる。)薬の説明書きには特に副作用は何も書いてなかったので、大丈夫かな、とは思ったんですけど、どーも不安で…。
調剤薬局については、人に聞かれたくない病名を大声で言う、とか、あれこれ不満をネット上で読んだことがあります。私も「可もなく不可もなく」みたいな薬局にしか出会ってないので、いい薬局と出会われたみけさんが羨ましいですね。
Commented by Fujika at 2007-08-01 22:59 x
小学校3年よりは小さかった時ですが、両親がいなくて留守番していて大変空腹になって、でも何もみつからず(ここらへん記憶が曖昧)、なんと薬箱を出してきて色々な錠剤の外側の糖衣をなめたことがあります。
なめすぎると中の苦いのが出てきてうえっとなったのでした。
そうこうするうちに親が帰ってきたような気がします。
その場面で怒られたのだったかしら。それともその場はこっそり隠したのかな。
怖いですよね。(我ながら)子供は何するかわからないですね。
Commented by mmemiya at 2007-08-02 00:35
あー、糖衣錠って以前は多かったですものね。
子ども用の粉薬ってなんでも甘いので、勝手に封を破って飲んだりしたら困るわ!と思っていたのですが、最近、息子は薬を飲むのを嫌がるようになって来ました。薬自体は別に変わっていないのですが、どうも、あの人工的な味が嫌だと思うようになったのでしょうか。
それにしても本当に、子どもは突拍子もないことをやらかしますよね…。